編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

この記事の所要時間: 211




現実主義曹操

 

三国志には数多くの人物が登場します。

その中には、メジャーな人物の陰に隠れてあまり表に見えてこないマイナーな人物も当然存在します。

 

そんなちょっとマイナー? な武将を紹介する企画

今回は劉備に仕えた軍師、法正(ほうせい)を紹介します。

 

蜀成立の立役者であり、あの人材収集マニアの曹操をして

 

『自分は多くの人材を集めたが、

なぜ法正を手に入れることができなかったのだろう』

 

と嘆かせたとされる法正ですが、

 

その性格は実は……?

 

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 




劉璋を見限り劉備を招く

法正

 

法正が劉備の配下となったのは、劉備による益州(蜀)攻略の最中でした。

二十歳の時に故郷で飢饉が起きたことをきっかけに、法正は友人であった同郷の孟達と共に益州を治めていた劉璋に身を寄せました。

劉璋は法正を起用はしたものの、あまり重用しようとはしませんでした。

 

法正

 

法正はそんな劉璋を『大きなことを為す器ではない』と考え、友人の張松と共に劉備を益州に迎え入れることを画策しました。

 

劉備の成都攻略の際、補給物資の少ない劉備軍の弱点を見抜き、劉璋に焦土作戦(しょうどさくせん。

防御側が自国内の攻撃側に利用されそうな物資や施設を焼き払い、相手の疲弊を待つ作戦)を進言したものがいました。

 

それを知った劉備は、軍師として同行していた法正に対応策を相談します。

すると法正は

『劉璋には、自国民を虐げる焦土作戦を実行するだけの度量はありません』と進言。

 

彼の思惑通り、劉璋は非情な焦土作戦を実行することはできず、劉備軍に成都が包囲されると降伏しました。

 

関連記事:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する




夏侯淵を打ち破り、劉備の漢中王即位に貢献する

法正と夏侯淵

 

劉備が益州攻略にかかりきりになっている最中、曹操軍は益州の北にあたる漢中を攻略し、支配下においていました。

漢中は益州北方の出入口にあたる土地で、ここを曹操軍に抑えられることは劉備にとって極めてゆゆしい事態でした。

 

法正は曹操軍の内情を観察し、漢中の防衛を任せられたのが夏侯淵と張郃の二人だけだと判明すると、劉備に漢中攻略を進言、自らも軍師として従軍します。

 

初戦こそ配下の武将を討ち取られて苦杯をなめさせられた劉備でしたが、法正の作戦に従い形勢逆転、夏侯淵を討ち取ることに成功します。

 

敗戦の報を聞いた曹操は、その作戦の立案者が法正であったことを知って

『そんなことだろうと思った。劉備にこのような見事な作戦を立案することはできないからなと語ったと言われています。

 

また、人材マニアとして知られる曹操は法正について『私は多くの人材を集めて来たが、なぜ法正を手に入れることができなかったのか?』と感想を述べたとされています。

 

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

関連記事:何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

関連記事:もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

 

建国の功臣、しかしその性格は最悪

法正

 

軍略家として、また政治家としてもその才能を高く評価されている法正ですが、人間的には最悪の人物であったとされています。

 

法正はとにかく執念深く、恨みを抱いた相手にはどんな手を使ってでも報復することで知られていました。

劉備によって益州が奪取されると、法正はその威を借りて、過去に恨みを抱いた相手や上司を次々と捕縛、処刑していきました。

もちろんそれは、法律的根拠のない、文字通りの私刑です。

 

孔明に法正を止めて欲しいと訴えるが…

諸葛孔明019

 

見かねたある人物が法正を処罰すべきであると孔明に訴えますが、

孔明は『法正殿の功績を考えるとそれはできない』と答え、訴えを退けました。

 

孔明は法正が性格的には自分とは真逆であることを知っていましたが、仕事の上では互いに協力しあう関係でした。

それほど、法正は才覚にあふれた人物であったと言えるでしょう。

 

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

孔明 軍師

 

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

よく読まれてる記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

 

 

龐統

 

よく読まれてる記事:『鳳雛』と呼ばれたブサメン軍師、龐統

 

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

関連記事

  1. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  2. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  3. よりぶりんって、何者?
  4. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  5. 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)
  6. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  7. 夏候惇の父親としての評価はどうだったの?
  8. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  2. 眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】
  3. 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説!
  4. 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは!
  5. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?
  6. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの?その驚くべき理由とは? 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの? 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか? 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件

おすすめ記事

  1. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  2. 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』
  3. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  4. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバレ予想!
  5. 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス
  6. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介
  8. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP