朝まで三国志軍師
北伐




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

この記事の所要時間: 151




孫堅 ゆるキャラ 三国志

 

董卓(とうたく)に荒らされた洛陽の復旧に当たっていた

孫堅(そんけん)は、城南の井戸の中から、伝国の玉璽を発見します。

 

伝国の玉璽は、「皇帝の証」です。

日本でいえばきっと三種の神器に当たるのではないでしょうか。




日本の三種の神器

三種の神器

・八咫鏡(やたのかがみ)

・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

・草薙剣(くさなぎのつるぎ)

 

天皇の践祚の際に、この三種の宝物を持っていることで、皇室の正統を証明します。

日本神話の中で、天照大神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けた鏡と勾玉と剣のことです。

 

こんな重要なものを、孫堅は手に入れたわけです!

なぜ、曹操でも劉備でもなく、孫堅の手に渡ったのでしょうか。

 

関連記事:呉・三国志 孫堅のあっけない最期




三国の力が均衡していなくては面白くない

三国志まとめ 董卓

 

言わずもがな、魏の曹操は華北一帯を治めていて、蜀や呉と比べて

圧倒的な国力を誇りました。

最終的に、三国を統一したのもある意味、魏です。

三国と言えば、魏が筆頭に来るのは、誰もが認めることでしょう。

 

魏の王朝としての正統性は「献帝」を手に入れていたことです。

董卓が洛陽を占拠したように、皇帝を掌握することは、この時代、天下を取ったも同然なのです。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話

 

三国志演義では蜀が主人公

桃園の誓012

 

そして、『三国志演義』では、蜀の劉備(りゅうび)らが主人公として描かれました。

三国の中では小規模でありながらも、優れた人材に恵まれたところも、人々を惹きつける魅力となっています。

 

劉備は中山王の後裔を名乗り、漢室と親戚関係であることを主張しています。

また、劉備は一貫して漢王朝の再興を望んでいます。

 

蜀の王朝としての正統性は、「漢の血筋」と言えるかもしれません。

 

では、呉はどうでしょうか。

 

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

関連記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?

 

呉にも光を!

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

 

海賊討伐をしていた孫堅がひょっこり現れて、

死後は息子たちが継いで大きくなっていった国。

 

……なにか足りない。

 

魏と蜀と並ぶ、劇的な正統性がほしいところです。

そんなところに、現れました、「伝国の玉璽」が。

こうして、三国とも、正統性を主張するタネができました。

 

関連記事:三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:汜水関の戦いの功労者

 

耳で聞いて覚える三國志





こちらの記事もよく読まれています

王政君お怒り!玉磁なげる

 

よく読まれている記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

 

 

玉磁と孫堅

 

よく読まれてる記事:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽

 

孫堅の妻

 

 

よく読まれてる記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  2. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  3. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  4. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る…
  5. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  6. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  7. 恩賜の御衣ってなに?三国志や源氏物語にも出てくるエピソードを紹介…
  8. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧し…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  2. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  3. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  4. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  5. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム
  6. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機! 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始! 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術 田豫(でんよ)とはどんな人?魏の国境付近の平和を勝ち取っていた異民族政策のプロ もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!?
  2. 【はじ三の企画ができるまで〜制作の裏側少しだけ公開】
  3. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  4. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる
  5. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  6. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  7. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  8. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP