孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

玉璽を見つけた孫堅

 

董卓(とうたく)に荒らされた洛陽の復旧に当たっていた孫堅(そんけん)は、城南の井戸の中から、伝国の玉璽を発見します。伝国の玉璽は、「皇帝の証」です。日本でいえばきっと三種の神器に当たるのではないでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】


日本の三種の神器

三種の神器

・八咫鏡(やたのかがみ)

・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)

・草薙剣(くさなぎのつるぎ)

 

天皇の践祚の際に、この三種の宝物を持っていることで、皇室の正統を証明します。日本神話の中で、天照大神が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けた鏡と勾玉と剣のことです。

 

海賊時代の孫堅

 

こんな重要なものを、孫堅は手に入れたわけです!なぜ、曹操でも劉備でもなく、孫堅の手に渡ったのでしょうか。

 

関連記事:呉・三国志 孫堅のあっけない最期


三国の力が均衡していなくては面白くない

三国志まとめ 董卓

 

言わずもがな、魏の曹操は華北一帯を治めていて、蜀や呉と比べて圧倒的な国力を誇りました。最終的に、三国を統一したのもある意味、魏です。三国と言えば、魏が筆頭に来るのは、誰もが認めることでしょう。

 

献帝

 

魏の王朝としての正統性は「献帝」を手に入れていたことです。董卓が洛陽を占拠したように、皇帝を掌握することは、この時代、天下を取ったも同然なのです。

 

関連記事:洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓

関連記事:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操

関連記事:ひとりしかいない筈なのにたくさんいた? 『皇帝』のお話


三国志演義では蜀が主人公

桃園の誓012

 

そして、『三国志演義』では、蜀の劉備(りゅうび)らが主人公として描かれました。三国の中では小規模でありながらも、優れた人材に恵まれたところも、人々を惹きつける魅力となっています。

 

劉備

 

劉備は中山王の後裔を名乗り、漢室と親戚関係であることを主張しています。また、劉備は一貫して漢王朝の再興を望んでいます。蜀の王朝としての正統性は、「漢の血筋」と言えるかもしれません。では、呉はどうでしょうか。

 

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

関連記事:架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?


呉にも光を!

海賊時代の孫堅と孫策

 

海賊討伐をしていた孫堅がひょっこり現れて、死後は息子たちが継いで大きくなっていった国。……なにか足りない。魏と蜀と並ぶ、劇的な正統性がほしいところです。そんなところに、現れました、「伝国の玉璽」が。こうして、三国とも、正統性を主張するタネができました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:汜水関の戦いの功労者

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

関連記事

  1. 孫権の髭
  2. 楽進
  3. 怪しい巫女のい占いを信じる黄皓
  4. 劉備を警戒する陳羣
  5. 賈詡(賈ク)
  6. 法正が亡くなり悲しむ劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP