架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

デザイン担当:kiki

中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)

この記事の所要時間: 243




貂蝉イラスト0011

 

貂蝉(ちょうせん)は不細工だった説、

その上、西施の生首をすげ替えた説……。

いろいろな面白い話がありますね!

 

とかく美しい人というのは目立つもので、噂の種にはなりやすいものです。

昔の中国の人たちも、西施、王昭君、貂蝉、楊貴妃たち四人の美女について、

ちょっと面白いことを考えていたようです。

 

「美人だけれど、ひとつだけ欠点がある!」

 

三国志からは脱線しますが、我らがヒロイン貂蝉も含まれているので、

ご紹介してしまいます。




「沈魚美人」西施

三国志 海

 

春秋時代の西施は、その美しさに、魚でさえも泳ぎを忘れて沈んでしまう

というので、「沈魚美人」と言われました。

 

しかし、そんな彼女にも唯一の欠点があります。

 

「大脚」すなわち、大足だったのです。

中国史に詳しい方なら、ああ、と納得されるかと思います。

 

中国にはかつて纏足(てんそく)という風習がありまして、

足が小さければ小さいほど美しいという独特の美意識がありました。

西施は美人だけれど、残念なことに足が大きかったという欠点があったのです。

 

しかし、春秋時代にはまだ纏足の風習はなかったのですが……。

要するに、西施の欠点は、のちの人たちの後付です。




「落雁美人」王昭君

e28e289f4ca6c25df4417b06e22f2e88_m

 

後漢の王昭君は、その美しさに、空を飛ぶ雁(がん)でさえ、飛ぶことを忘れて

落ちてしまうというので、「落雁美人」と言われました。

 

そんな彼女の欠点は、「なで肩」です。

彼女はたいへん気にしていたので、いつも肩パットを愛用していたとか。

 

ん?

だめですか、なで肩?

 

かなり違和感を持ったので、後漢時代の女性の絵をたくさん見比べてみたのですが

いかつい人は見つかりませんでした。

 

 

「閉月美人」貂蝉

貂蝉

 

三国志のヒロイン貂蝉は、その美しさに、月でさえかなわないと思って

雲に隠れてしまうというので、「閉月美人」と言われました。

 

そんな彼女の欠点は、「小耳」です。

だからいつも、大きな耳飾りをして隠していたとか。

または、一説では、耳たぶが反り返ってしまう形をしていて、それを押さえるために

大きな耳飾りをしていたとか。

 

どうなのでしょうか……。

仮に漢代、三国時代の女性像を探してみたのですが、耳に飾りをつけている絵って

ないのですよね。

 

小耳をダメだといった人の美的感覚がよくわかりません。

 

関連記事:『連環の計』って、どんな作戦?

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

 

 

「羞花美人」楊貴妃

羞花美人

 

唐代の楊貴妃は、その美しさに、花も恥じらってしまうくらいだというので

「羞花美人」と言われました。

 

そんな彼女の欠点は、「腋臭」です。

 

こ、これは……来ました。本当の欠点らしい欠点が。

 

やはり、時代が新しくなると、資料も確実なものがたくさん残されていますので、

より具体的な姿が想像できるということでしょうか。

 

関連記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

関連記事:歴史の影に女あり!絶世の美女たち

 

 

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

後宮 美女 階級

 

よく読まれてる記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

 

貂蝉

 

よく読まれてる記事:中国四大美女のひとり貂蝉

 

貂蝉イラスト0011 kiki

 

よく読まれてる記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

タイムスリップ出来たら江戸時代の町並みを覗いてみたいものです。

 

関連記事

  1. 韓当(かんとう)ってどんな人?程普と共に呉を支え続けた呉の勇将
  2. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  3. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  4. 宦官VS外戚の争い 第二ラウンド
  5. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  6. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  7. 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの?
  8. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将
  2. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?
  3. 【秋射】命中率が低ければ降格処分も!厳しい三国志時代の勤務評定
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第8部
  5. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将
  6. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 謎多き登場人物、関索って何者? 【お知らせ】新企画第2弾「はじめての三国志ストア」をリリースします。 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.6 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】 ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されかけた曹洪

おすすめ記事

  1. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  2. 王淩(おうりょう)とはどんな人?魏の忠臣として、司馬家の専横を許さなかった知勇兼備の将
  3. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  4. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  5. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10
  6. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝
  7. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  8. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP