編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

デザイン担当:kiki

中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗)

この記事の所要時間: 243




貂蝉イラスト0011

 

貂蝉(ちょうせん)は不細工だった説、

その上、西施の生首をすげ替えた説……。

いろいろな面白い話がありますね!

 

とかく美しい人というのは目立つもので、噂の種にはなりやすいものです。

昔の中国の人たちも、西施、王昭君、貂蝉、楊貴妃たち四人の美女について、

ちょっと面白いことを考えていたようです。

 

「美人だけれど、ひとつだけ欠点がある!」

 

三国志からは脱線しますが、我らがヒロイン貂蝉も含まれているので、

ご紹介してしまいます。




「沈魚美人」西施

三国志 海

 

春秋時代の西施は、その美しさに、魚でさえも泳ぎを忘れて沈んでしまう

というので、「沈魚美人」と言われました。

 

しかし、そんな彼女にも唯一の欠点があります。

 

「大脚」すなわち、大足だったのです。

中国史に詳しい方なら、ああ、と納得されるかと思います。

 

中国にはかつて纏足(てんそく)という風習がありまして、

足が小さければ小さいほど美しいという独特の美意識がありました。

西施は美人だけれど、残念なことに足が大きかったという欠点があったのです。

 

しかし、春秋時代にはまだ纏足の風習はなかったのですが……。

要するに、西施の欠点は、のちの人たちの後付です。




「落雁美人」王昭君

e28e289f4ca6c25df4417b06e22f2e88_m

 

後漢の王昭君は、その美しさに、空を飛ぶ雁(がん)でさえ、飛ぶことを忘れて

落ちてしまうというので、「落雁美人」と言われました。

 

そんな彼女の欠点は、「なで肩」です。

彼女はたいへん気にしていたので、いつも肩パットを愛用していたとか。

 

ん?

だめですか、なで肩?

 

かなり違和感を持ったので、後漢時代の女性の絵をたくさん見比べてみたのですが

いかつい人は見つかりませんでした。

 

 

「閉月美人」貂蝉

貂蝉

 

三国志のヒロイン貂蝉は、その美しさに、月でさえかなわないと思って

雲に隠れてしまうというので、「閉月美人」と言われました。

 

そんな彼女の欠点は、「小耳」です。

だからいつも、大きな耳飾りをして隠していたとか。

または、一説では、耳たぶが反り返ってしまう形をしていて、それを押さえるために

大きな耳飾りをしていたとか。

 

どうなのでしょうか……。

仮に漢代、三国時代の女性像を探してみたのですが、耳に飾りをつけている絵って

ないのですよね。

 

小耳をダメだといった人の美的感覚がよくわかりません。

 

関連記事:『連環の計』って、どんな作戦?

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

 

 

「羞花美人」楊貴妃

羞花美人

 

唐代の楊貴妃は、その美しさに、花も恥じらってしまうくらいだというので

「羞花美人」と言われました。

 

そんな彼女の欠点は、「腋臭」です。

 

こ、これは……来ました。本当の欠点らしい欠点が。

 

やはり、時代が新しくなると、資料も確実なものがたくさん残されていますので、

より具体的な姿が想像できるということでしょうか。

 

関連記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

関連記事:歴史の影に女あり!絶世の美女たち

 

 

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

後宮 美女 階級

 

よく読まれてる記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

 

貂蝉

 

よく読まれてる記事:中国四大美女のひとり貂蝉

 

貂蝉イラスト0011 kiki

 

よく読まれてる記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

タイムスリップ出来たら江戸時代の町並みを覗いてみたいものです。

 

関連記事

  1. 周瑜はどうやって時代を超越した軍師・魯粛を手に入れたの?
  2. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  3. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの…
  4. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…
  5. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  6. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…
  7. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?
  2. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!
  3. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  4. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  5. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦
  6. 90話:張任によって龐統討たれる

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か? 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホント? 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは? 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?

おすすめ記事

  1. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  2. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説!
  3. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  4. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法!
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】
  6. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  7. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】
  8. え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP