ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

曹丕

曹丕

 

220年、乱世の奸雄、曹操(そうそう)の死を受けて

息子の曹丕(そうひ)が跡を継ぎ、魏王(ぎおう)に即位しました。

 

疑り深い曹丕は、同母弟の

曹彰(そうしょう)曹植(そうしょく)、曹熊(そうゆう)らの

動向が気になって仕方ありません。

 

曹丕は弟達を誅殺する

曹丕 残忍

 

曹操の葬儀に兵を連れて現れた曹彰と緊張状態に陥ったり、

葬儀を欠席した曹熊を咎めて、死に追いやったりします。

また、曹植をも殺そうとします。

 

このように、曹丕の即位には、最初から不穏な影がつきまとっていました。

 

架空の動物が現れたと報告

 

その年、

鳳凰(ほうおう)が現れた、との報告が上がりました。

すると、申し合せたように各地から、

「うちの村には麒麟(きりん)がやってきただ!」

「黄龍(こうりゅう)が空から降りてきただよ!」

との声が聞こえてきます。

 

鳳凰、麒麟、黄龍はどれも、想像上の動物です。

めでたいことがあると人々の前に現れる、という言い伝えがあるので

 

曹丕はこれをもって、

「俺が魏王についたからだネ。もしかして、皇帝になった方がいいのかも!」

と結論付けます。

 

……言ってしまえば、「やらせ」です。

自分の即位を正当化するために、うその報告をさせたわけです。

 

献帝は帝位を曹丕に譲る事を決意

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

 

曹丕に仕える40人の文官たちが、献帝(けんてい)に詰め寄ります。

「曹丕さまに皇帝位をお譲りなさい!」と。

献帝が抵抗すると、今度は兵士たちがものものしい装いで取り囲みます。

 

献帝はがっくりとうなだれ、

ついには曹丕に帝位を譲ることを承諾しました。

 

とはいえ、曹丕も、無理矢理帝位を簒奪したと思われたくないので、

体裁を整えようとします。

 

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

 

遂に献帝から皇帝位を譲り受ける曹丕

 

受禅台(じゅぜんだい)という儀式の台をつくり、

そこで、人々が見守る中で、献帝から皇帝位を譲り受けるという形をとります。

 

受禅台の上で、

献帝は曹丕に玉璽(ぎょくじ)を渡しました。

玉璽は皇帝の証ですから、これによって、曹丕は皇帝となりました。

 

満面の笑みを浮かべた曹丕は、

天地の神々に拝礼をします。

 

そのときです。

 

一陣の風が台上を吹き抜けました。

台上に赤々と灯されていた火が、突然すべて消えてしまいます。

 

ざっと暗雲が立ち込め、辺りが真っ暗になりました。

真冬のような冷たい空気が曹丕を突き刺し、

全身が氷で覆われたように凍えて、がたがたと体が震えました。

 

受禅台の下で曹丕を見守っていたはずの人々の姿が忽然と消えてしまっています。

目の前にいたはずの、献帝の姿も見えません。

 

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽

関連記事:孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

 

曹丕の黒い影が近寄ってくる

曹丕

 

かわりに、ひたひたと黒い影が近寄ってきます。

 

影はひとつではありませんでした。

イモリのように地を這い、

おぞましい動きでじわりじわりと曹丕を包囲していきます。

 

凍えるほど寒いのに、

曹丕は体中の汗腺から汗が拭き出しました。

 

それは足元に池のようにたまり、

まるで赤黒い血の海でおぼれているような錯覚さえしました。

 

恐怖のあまり、

とうとう曹丕は失神してしまいます。

 

許都(きょと)の宮殿に寝かされた曹丕は、

目覚めても、自分の周りを妖怪たちがうごめいているのを見て、

何度も何度も気を失います。

 

曹丕が遷都した理由

曹丕

 

曹丕の帝位簒奪は、こうして天からの咎めを受けたのです。

 

「こんなところには住んでいられないよ~、ブルブル!」

というわけで、曹丕は遷都を決意します。

 

以降、許都は許昌(きょしょう)と改称されました。

曹丕は洛陽に宮殿を建て、移っていきました。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操死んでもヨメを・・・

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

曹操のムスコ達アイキャッチ

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

よく読まれてる記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 孔明 東南の風 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  2. 釣りをする太公望 びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  3. 後宮にいる美女の階級事情 後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは
  4. 種子島を目指す衛温 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  5. 龐統と的盧 もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?
  6. 兵馬俑 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  7. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものが…
  8. 陸遜と竹中半兵衛の両軍師が一緒に共闘したらどうなる?【if三国志…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  2. 平野国臣
  3. 陸遜
  4. 残忍な曹丕
  5. 劉邦と項羽
  6. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  7. 張遼・楽進・李典
  8. 伊藤博文
  9. 前原一誠
  10. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

  1. 楊端和の性格は男勝りで仲間思いの自信家だった!? キングダム52巻
  2. 【アニメで分かる三国志】劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」を見れば「仁」と「義」の言葉の意味が良く分かるってホント??
  3. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説 泣く子も張遼
  4. 明智光秀も「茶の湯」を学んでいた?光秀の茶道具コレクションとは? お茶を楽しむ明智光秀
  5. 李典と太史慈はここが似ていた!! 太史慈
  6. 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの? 張飛のパワハラに怯える張達と范彊

三國志雑学

  1. 孔明 司馬懿 陸遜
  2. 京劇コスチューム趙雲
  3. 袁術と孫策
  4. 劉禅に気に入られる黄皓


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 不老不死を求める始皇帝
  2. 木牛流馬
  3. 廖化 四龍将
  4. 孫武(ゆるキャラ)
  5. おんな城主 直虎

おすすめ記事

ストイックすぎる仁徳者・顔回 顔回 【9月の見どころ】9/20公開予定:【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人? 孔子が最も愛した弟子 始皇帝 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件 LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム? 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男 『まだ漢王朝で消耗してるの?』の電子書籍出版のお知らせ 島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父 陸遜 陸遜と趙雲は本当に有能だったの?英雄を徹底分析 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第6話「変遷」配信日が決定しました

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP