広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

この記事の所要時間: 320

曹丕

 

220年、乱世の奸雄、曹操(そうそう)の死を受けて

息子の曹丕(そうひ)が跡を継ぎ、魏王(ぎおう)に即位しました。

 

疑り深い曹丕は、同母弟の

曹彰(そうしょう)曹植(そうしょく)、曹熊(そうゆう)らの

動向が気になって仕方ありません。

 

曹丕は弟達を誅殺する

曹丕 残忍

 

父曹操の葬儀に兵を連れて現れた曹彰と緊張状態に陥ったり、

葬儀を欠席した曹熊を咎めて、死に追いやったりします。

また、曹植をも殺そうとします。

 

このように、曹丕の即位には、最初から不穏な影がつきまとっていました。

 

架空の動物が現れたと報告

 

その年、

鳳凰(ほうおう)が現れた、との報告が上がりました。

すると、申し合せたように各地から、

「うちの村には麒麟(きりん)がやってきただ!」

「黄龍(こうりゅう)が空から降りてきただよ!」

との声が聞こえてきます。

 

鳳凰、麒麟、黄龍はどれも、想像上の動物です。

めでたいことがあると人々の前に現れる、という言い伝えがあるので

 

曹丕はこれをもって、

「俺が魏王についたからだネ。もしかして、皇帝になった方がいいのかも!」

と結論付けます。

 

……言ってしまえば、「やらせ」です。

自分の即位を正当化するために、うその報告をさせたわけです。

 

献帝は帝位を曹丕に譲る事を決意

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

 

曹丕に仕える40人の文官たちが、献帝(けんてい)に詰め寄ります。

「曹丕さまに皇帝位をお譲りなさい!」と。

献帝が抵抗すると、今度は兵士たちがものものしい装いで取り囲みます。

 

献帝はがっくりとうなだれ、

ついには曹丕に帝位を譲ることを承諾しました。

 

とはいえ、曹丕も、無理矢理帝位を簒奪したと思われたくないので、

体裁を整えようとします。

 

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期

関連記事:献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期

関連記事:【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由!

 

遂に献帝から皇帝位を譲り受ける曹丕

 

受禅台(じゅぜんだい)という儀式の台をつくり、

そこで、人々が見守る中で、献帝から皇帝位を譲り受けるという形をとります。

 

受禅台の上で、

献帝は曹丕に玉璽(ぎょくじ)を渡しました。

玉璽は皇帝の証ですから、これによって、曹丕は皇帝となりました。

 

満面の笑みを浮かべた曹丕は、

天地の神々に拝礼をします。

 

そのときです。

 

一陣の風が台上を吹き抜けました。

台上に赤々と灯されていた火が、突然すべて消えてしまいます。

 

ざっと暗雲が立ち込め、辺りが真っ暗になりました。

真冬のような冷たい空気が曹丕を突き刺し、

全身が氷で覆われたように凍えて、がたがたと体が震えました。

 

受禅台の下で曹丕を見守っていたはずの人々の姿が忽然と消えてしまっています。

目の前にいたはずの、献帝の姿も見えません。

 

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽

関連記事:孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

 

曹丕の黒い影が近寄ってくる

曹丕

 

かわりに、ひたひたと黒い影が近寄ってきます。

 

影はひとつではありませんでした。

イモリのように地を這い、

おぞましい動きでじわりじわりと曹丕を包囲していきます。

 

凍えるほど寒いのに、

曹丕は体中の汗腺から汗が拭き出しました。

 

それは足元に池のようにたまり、

まるで赤黒い血の海でおぼれているような錯覚さえしました。

 

恐怖のあまり、

とうとう曹丕は失神してしまいます。

 

許都(きょと)の宮殿に寝かされた曹丕は、

目覚めても、自分の周りを妖怪たちがうごめいているのを見て、

何度も何度も気を失います。

 

曹丕が遷都した理由

曹丕

 

曹丕の帝位簒奪は、こうして天からの咎めを受けたのです。

 

「こんなところには住んでいられないよ~、ブルブル!」

というわけで、曹丕は遷都を決意します。

 

以降、許都は許昌(きょしょう)と改称されました。

曹丕は洛陽に宮殿を建て、移っていきました。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操死んでもヨメを・・・

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

曹操のムスコ達アイキャッチ

よく読まれてる記事:集まれ曹操の25人の息子たち・その1

 

曹操 女性の敵? 鄒氏

 

よく読まれてる記事:曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その1

 

この記事を書いた人:東方明珠

東方明珠 三国志

■自己紹介:

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5…
  2. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  3. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  4. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  5. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  6. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/…
  8. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  2. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  3. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  4. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?
  5. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  6. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!! 三国志のダブー・劉禅は本当に劉備の子だったの?

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 好きな武将アンケート
  2. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  3. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  4. 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  5. キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!
  6. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  7. 【キングダム526話】馬南慈の体験した地獄の雁門とは?
  8. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP