キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

東方明珠って、何者?

この記事の所要時間: 420

東方 三国志

やぁ、兄弟。

はじめての三国志代表のおとぼけだ!

はじさんではメインコンテンツをkawauso氏が担当しておりメインコンテンツでは取り扱えなかった出来事や、当時の細かな時代背景や

当時の武将たちの考えている事を執筆しメインコンテンツに更に肉付けをしている。

 

東方明珠 三国志

 

東方氏が担当する補足記事はとても読みやすくサクッと読めて更に内容も濃い、また女性目線での執筆は三国志好きな女子からも好評だ!

そんな東方氏のコンテンツはどうやって生まれるのか彼女に会いにいくよ。

 

 

 

おとぼけは今どこに?

東方 お花畑

 

「ウフフ、お花畑を真っ直ぐ進めば、私のお城が見えてくるわ」

東方にそうそそのかされて、やってきた花畑。

 

辺りには春霞が立ち込め、視界がぼんやりとしている。

足元はどうやら、ゆったりとした曲線を描いた丘陵になっていて、

涼やかな風の中、セイジやラベンダー、チューリップが揺れている。

 

おとぼけ:「……いったいここはどこだ?」

 

 

思わずおとぼけがつぶやいた瞬間、

さっと雲間から陽光が差し込み、とたんに周囲が鮮やかな色に包まれた。

 

東方 光

 

細やかな細工を施した金色の大門が目の前に現れ、

密に茂った薔薇の茂みが、さながら燃え盛る炎のように門の縁を彩っていた。

 

地面には絨毯を敷き詰めたように花びらが散らばり、

見知った人が白い衣をはためかせて立っていた。

 

おとぼけは東方明珠に出会った

東方様1

東方:「ようこそ、私のお城へ。おとぼけさん」

 

おとぼけ:(東方だ……!この子は妄想癖が凄まじい……

更にこの妄想が他人の潜在意識にまで感染をしてこの子の妄想世界の中に入った事さえ気づかない……)

 

おとぼけ:「やぁ、アミーガ、元気だったかい」

 

東方:「うふふ、おとぼけさん、お久しぶりですね、今日はおとぼけさんが来るとアルティミスがそう言ってたの」

 

おとぼけ:「アルティミス?」

 

東方:「ほら、アルティミス、おとぼけさんにご挨拶しなさい」

 

三国志 アルティミス

 

アルティミス:「オトボケサン、コンヌチワ」

 

おとぼけ:(や、ヤバイ完全にアルティミスが俺に挨拶をしている….

これは明らかに東方氏が俺の潜在意識の中にまで入り込み、俺は既に東方氏の妄想空間の中にいるかもしれない)

 

おとぼけ:「試してみるか…..」

 

東方:「うふふ、何を試すのですか?」

 

 

ポケットに入ってたコマを回す

コマ

 

おとぼけはとっさにポケットに入ってるコマを回し始める。

そう、おとぼけは知っていたのだ。

妄想癖を究極に極めた人間の「妄想が感染」することを。

 

一般人はそんな事さえ知らない。

いや、知るはずもないし、気付くことさえない。

つまりずっと他人の妄想の世界に入っている事に気付いてないのだ・・・・

 

おとぼけ:「コマが回り続けるが勢いが落ちない…….」

つまり永遠に止まることがない

 

おとぼけ:「ははは、やはりそうか。もう妄想の世界に入ってたのか」

東方:「さすが、はじめての三国志の代表を務めているだけあるわね。

私の妄想世界に気付くどころか、そのような方法さえ編み出している事を!!」

 

おとぼけ:「うん….過去に色々あってな。悪いけど妄想世界から抜けださせてもらうよ」

東方:「……」

 

そう言って、おとぼけはコマを強引に止める

 

一気に景色が変わる

 

現実の世界に戻ったおとぼけ

東方明珠

写真引用元:SHANGHAI NAVI

 

おとぼけ:「やっと、戻ってこれたよ」

 

東方:「ぷんすかぷんすか!」

 

プンスカ言いながら東方氏が斜めに歩いている。

どうやらご機嫌斜めという意味らしい。

 

おとぼけ:「怒るとぷんすかぷんすか!言うのか」

 

東方:「ぷんすかぷんすか!」

 

君の妄想に付き合っている暇はないんだよ。

俺もはじめての三国志の読者も。

 

だから手短に君の事について自己紹介をさせてもらうよ。

東方:「ぷんすかぷんすか!」

 

 

東方明珠って、何者?

東方明珠 三国志

 

はじめての三国志、

通称「はじさん」のはじっこライター東方明珠です。

普段は恋愛系のノベルやシナリオを書いています。

 

行き当たりばったりで中国の遺跡を巡る旅をしていましたが、

次は無錫市にある三国志のテーマパーク「三国城」に行きたいです。

 

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

 

 

Q.東方明珠のはじめての三国志での役割は?

猫

 

はじっこライターです。

スタッフ会議ではおとぼけさんとkawausoさんがすぐに下ネタばかり言うからストップ・セクハラ担当大臣

 

 

東方明珠の好きなこと

本屋

 

本屋さんをはしごすること

 

ちょっと自慢できること

餃子

 

餃子は皮から作ります

 

 

集めているものは?

動物三国志

 

動物のフィギュア

フェイスブックのグループ「はじめての三国志」で

動物三国志を(勝手に)連載中です!

 

出没場所

動物園

 

動物園

 

東方氏が自画自賛している自分が担当した記事:

曹操&袁紹花嫁泥棒

オススメ記事:曹操と袁紹の花嫁略奪!

自分の萌えが一番詰まった記事かもしれません。恥ずかしいけれど。

 

 

東方氏がオススメするはじめての三国志の記事

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

オススメ記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達 (執筆:kawauso)

自分は13人の嫁と仲良く暮らしているくせに、曹操メ!と思いました。

 

三国志地図 州

オススメ記事:三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 (執筆:石川)

解説も非常にわかりやすい上、地図も見やすくて最高だと思いました。

 

 

オススメする書籍の紹介:

新十八史略〈1〉王道・覇道の巻
駒田 信二 稲田 孝 立間 祥介 野口 定男 常石 茂 村松 暎 後藤 基巳
河出書房新社
売り上げランキング: 910,099

 

「新十八史略」駒田信二・常石茂著

何度読んでも面白い。

でも、何度読んでも忘れちゃう。

 

好きな映画・テレビ番組・ドラマなど

LOVERS Blu-ray

LOVERS Blu-ray

posted with amazlet at 15.05.25
TCエンタテインメント (2013-05-24)
売り上げランキング: 77,914

『十面埋伏』(邦題『LOVERS』)チャン・イーモウ監督

幾重にも張り巡らされた「嘘」にギャフン(死語?)となり、

何度も映画館に足を運びました。

 

東方:「おとぼけさん、こんな感じでいいでしょうか?」

 

おとぼけ:「うん、読んでいる書籍や好きな映画でだいたいの嗜好品がわかってくるよね」

 

東方:「ぷんすかぷんすか!」

 

おとぼけ:「な、何で怒るんだ、、あ、ちなにみに東方氏のその名前の由来は?」

 

東方明珠

Photo by wikipedia

 

東方:「中国は上海の雰囲気が好きなの。だからハンドルネームにも上海のテレビ塔の名称を名乗っているの!」

おとぼけ:「そこからハンドルネームを取っていたんか!うん、十分わかったよ!ありがと」

東方:「ぷんすかぷんすか!」

おとぼけ:「それじゃ自宅に戻るよ。『東方は一体何者?』についてこれから執筆するからさ」

東方:「はーい、気をつけて帰ってくださいまし」

 

おとぼけ無事帰宅

おとぼけ:「さーて、今日の内容を執筆するかー」

コマ:(クルクルクルクル)

コマ

 

 

関連記事

  1. 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/12〜12…
  3. もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】
  4. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  5. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の1・字からの考察
  6. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  7. 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/2…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  2. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家
  3. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  4. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  5. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!
  6. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒田レンが発表するよ 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!? 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント? 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

おすすめ記事

  1. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  2. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  3. 三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた
  4. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  5. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者
  6. 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!
  7. 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】
  8. 法正(ほうせい)ってどんな人?蜀を支えた天才軍師

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP