はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)

この記事の所要時間: 316




官渡の戦い 曹操 勝利

 

共に反董卓軍として立ち上がり、のちに官渡の戦いでぶつかり合う

曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)ですが、彼らは若者の頃、交流がありました。

 

宋の時代に編纂された、後漢から東晋までの逸話集、『世説新語』には、

二人の面白いエピソードがのっています。

 

関連記事:山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情




花嫁泥棒

曹操&袁紹花嫁泥棒

 

曹操袁紹は、とある結婚式が行われている家に忍び込みました。

夜になると、「泥棒だ!」と叫んで、家の人たちを混乱させ、その隙に

花嫁をさらって逃げるのです。

 

ところが逃亡中、袁紹がいばらの茂みに落ちて、身動きが取れなくなって

しまいました。

すると曹操はこう叫びました。

 

「泥棒はここだ!」

 

袁紹は慌てます。

慌てて、火事場馬鹿力が出たのでしょう。

茂みから抜け出して、無事に逃げおおせることができました。

 

……なんですかこのエピソード。すっごい萌えます!(私が)

 

これは書けということですね!?

書いてしまいますよ。『明珠新語』(造語)

 

以下、妄想小説なので、閲覧注意です。

 

 

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅漢中じゃないの?

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!




〈花嫁は貴公子と奸雄に略奪される〉*閲覧注意

三国志 植物

 

赤いろうそくの炎が、赤銅色の蓮型をした香炉を照らす。

もったりと白い煙が立ちのぼり、青い帳の下ろされたこの部屋に

つややかな香りを充満させている。

 

(もうすぐ、夫となる方がいらっしゃる……)

 

花嫁は静かにためいきをついた。

結婚とは、親が定めるもの。

たとえ心に想う人がいたとしても、それは一生胸に押し込めておく

ことしかできない。

 

(あの方のようにとは言わないわ。けれどせめて、夫となる方が、

優しい人ならいいけれど)

 

もう一度ため息をついたとき、にわかに外が騒がしくなった。

立ち上がり、帳に耳を当てて、外の様子をうかがってみる。

 

「泥棒がいるぞ!」

 

今宵はめでたい婚礼の宴席。

宴の行われている正殿や前庭には、玉石で龍をかたどった置物や、

秘色の陶器など、高価な装飾品が溢れている。

不埒者は、それらの宝物を狙ってこの屋敷へ入り込んだのに違いない。

 

(どうしましょう)

 

このままここに潜んでいるべきなのか、出ていくべきなのか。

答えが出せずにたたずんでいると、何者かの足音が近寄ってくるのが

聞こえた。

 

(まさか、泥棒がこっちへ来るの?)

 

花嫁は恐ろしさのあまり、床にへなへなと座り込んだ。

そこへ、青い帳を波のように揺らめかせて、人影が現れる。

 

「小姐(シャオジエ *お嬢さんの意味)、ここか!?」

 

そこに立っていたのは、まるで花婿のような赤い頭巾を巻いた男だった。

恐ろしさに頭を抱え、石のように身を小さくしていると、

ふっという笑い声が降ってきた。

 

「俺だよ。孟徳(もうとく*曹操の字)。顔を上げて」

 

花嫁は跳ね上がるように顔を上げる。

目の前の男は、目深につけていた赤い頭巾を剥ぎ取った。

見知った精悍な顔が現れ、花嫁は驚愕する。

 

「孟徳? どうしてここに」

「君が他の男の花嫁になるって聞いてね」

「で、でも、さっき泥棒が」

 

孟徳は不敵な笑みを浮かべた。

 

「ああ、あれね。本初(ほんしょ*袁紹の字)も来ているんだ」

「ええっ、本初もここへ!?」

「そ。二人で、大切な宝物をいただきに来たってわけ」

「そんな。あなたたちが、泥棒みたいな真似をするなんて……」

 

孟徳は遠慮のない態度で青蘆に踏み入り、花嫁の真紅の袖を取った。

花嫁は身をよじって抵抗する。

 

「どういうつもり!? 私を人質にするの?」

「人質? 人聞きが悪いなあ。俺をなんだと思っているやら」

「……あなたは〈乱世の奸雄〉、でしょう」

 

花嫁の指摘に、孟徳はその眼差しに鋭い光を宿した。

 

「――そう、俺は乱世の奸雄。欲しいものはすべてこの手に入れる。

手始めに、君を」

「えっ」

 

聞き返す間もなく、孟徳は花嫁を抱き上げた。

まるで伝国の玉璽でも守るように、胸にしかと抱きとめ、青蘆を出る。

 

「孟徳! 無事に小姐を連れ出せたのですね」

「本初か。そっちはどうだ」

「うまく巻いてきました。西側の垣根の低いところから逃げましょう」

 

孟徳に抱えられていた花嫁は、はっとして顔を上げた。

「本初、あなたまで……」

 

常日頃、わずかな隙さえなく整えられている本初の衣装は、

今はあちこち破れて、上質の絹は無残なほどに汚れてしまっている。

それでも、彼のまとう生来の高貴な雰囲気は消えることはなく、

本初は貴公子然とした面持ちで花嫁に向かう。

 

「あなたを救うためなら、たとえ火計の火の中、長江の水の中、

いといませんよ」

 

本初はつややかな笑みを向けると、すっと天を見上げて

真面目な表情に切り替わる。

 

「雲居に隠れた月がもう間もなく現れます。急ぎましょう」

 

 

つづく(嘘です)

 

関連記事:三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!

関連記事:曹操の精鋭部隊、青州黄巾軍って何?

関連記事:根拠のない夢を信じないリアリスト曹操

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

 

耳で聞いて覚える三國志




こちらの記事もよく読まれています

袁紹の十敗、曹操の十勝

 

よく読まれてる記事:郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

 

曹操VS袁紹ありゾウ

 

よく読まれてる記事:象対蟻か?袁紹vs曹操

 

石弓兵強い 袁紹

 

よく読まれてる記事:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破

 

この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が…
  2. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  3. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  4. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  5. 26話:弟を殺された事が袁紹VS公孫瓚の抗争の原因
  6. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  7. 三国志の時代も「人は見た目が100パーセント」だった!?
  8. 【シミルボン】元祖、褒めて伸ばす!曹操のヨイショ作戦が止まらない…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも?
  2. 三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介!
  3. これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる
  4. 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志
  5. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  6. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません! 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!? 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

おすすめ記事

  1. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭
  2. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将軍
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  4. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  5. 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか?
  6. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  7. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家
  8. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP