よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

この記事の所要時間: 245




曹操VS孫権R2

 

三国志というと、華々しい武将達の合戦シーン、

ゾッとするような知将達の権謀術数が繰り返される

血沸き肉躍る歴史長編活劇です。




三国志の武将たちにも日常があるのです

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

 

しかし、三国志の武将達にだって日常があるわけで

365日、合戦しているわけではありません、

私達現代人と同様の平凡な日常もあるのです。

 

そんな平日、武将達は、どうしていたのでしょうか?




三国志の武将達の日常イメージ

彭越

 

私達のイメージでは、夕方になったら、城を退出して、

郊外にある自宅に馬車か馬か徒歩で帰っていったのではないか

なーんて思いますよね?

 

妻「あなた、お帰りなさいませ」

 

夫「今、帰ったよ、あー今日も曹操様に仕事の駄目出しをされた

あの人、背が低いせいか、何事もせっかちなんだよな、ぶつぶつ」

 

子供「父上、お帰り~遊んで、遊んで~」

 

妻「これっ!お父様は疲れているのよ!!」

 

こんなアットホームな家庭が浮かびますが、実は、

三国志の武将達は、5日に1日しか家に帰れませんでした。

 

5日に1日しか家に帰れなかった武将たち

三国志 歴史 老いには勝てず

 

それ以外は、城の中に建てられた宿舎、

今でいう社宅のような場所に、多くの同僚と一緒に住んでいたのです。

 

前漢の時代の長安にあった未央宮には、細長い官舎の跡があり、

恐らく、細長い建物を造り、間に仕切りを入れたような

長屋然とした建物だったのでしょう。

 

つまり、三国志の武将達は、仕事が終わっても城からは出られず、

そのまま、それぞれの社宅に戻っていたのです。

 

家に帰れるのは髪の毛を洗う日だけ

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

家に帰れるのは、洗沐(せんもく)と言って、髪を洗う日だけでした。

当時は、儒教の影響で、髪を切るという習慣がなく、

髪や髯は、伸ばしていて、長い髪は頭頂部で纏めていました。

 

髪を切るのはタブー

髪の毛を切るのはタブー

 

中国の刑罰には、頭髪を剃りあげるだけの髠(こん)という

刑罰もあった位なので当時、髪を切るのがいかにタブーだったか分かります。

 

なので一度、洗髪すると髪を乾かすのは大変です。

そこで、一日は仕事にならないのでお休みになっていました。

 

身分の高い人にも城の中で泊まりこむ規則

魏武将 はじめての三国志 ゆるい

また、この城の中に泊まり込むという規則は、身分の高い人にも

適応されていたらしいのです。

 

つまり、郭嘉(かくか)程昱(ていいく)荀彧(じゅんいく)のような文官や、

夏候淵(かこうえん)夏候惇(かこうとん)許褚(きょちょ)、

張遼(ちょうりょう)のような武官も、宿舎の前に表札を下げて、

わびしい一人住まいをしていたのかも知れません。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

戦争で遠征する際に家族を連れて行くのは禁止

尹夫人 曹操

また、戦争で遠征に向かう武将にも、家族を連れていくのは、

許されていませんでした。

 

どうしてかと言うと、家族を連れる事を許すと、

戦争に負けた時に、家族の生命を助命する事を条件に

敵に寝返る可能性があったからです。

 

逆に言えば、家族を都に残した武将はうっかり降伏してしまうと

家族を報復で殺される可能性もあったのです。

 

しかし、5日置きにしか家族に会えないなんて、、

家族がいる武将達は、中々大変な苦労があったんですね。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説




こちらの記事もよく読まれています

三国志 武器

 

関連記事:三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

よく読まれてる記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

 

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書
  2. 【元祖】那須与一は呂布だった?弓矢の実力も一流の呂布の逸話
  3. 孫権が暴露!蜀は孔明の国だった
  4. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  5. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その…
  6. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  7. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  8. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの?
  2. びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望
  3. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  4. 海江田信義の性格は直情的?西郷どんで登場する海江田信義について語ろう!
  5. 三国時代のファッションはどんなのだったの?
  6. 公孫瓚は異民族に特別厳しかったのか?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ) 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介! 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件? 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め

おすすめ記事

  1. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる
  2. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  3. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍
  4. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  5. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  6. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官
  7. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP