編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

この記事の所要時間: 245




曹操VS孫権R2

 

三国志というと、華々しい武将達の合戦シーン、

ゾッとするような知将達の権謀術数が繰り返される

血沸き肉躍る歴史長編活劇です。




三国志の武将たちにも日常があるのです

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

 

しかし、三国志の武将達にだって日常があるわけで

365日、合戦しているわけではありません、

私達現代人と同様の平凡な日常もあるのです。

 

そんな平日、武将達は、どうしていたのでしょうか?




三国志の武将達の日常イメージ

彭越

 

私達のイメージでは、夕方になったら、城を退出して、

郊外にある自宅に馬車か馬か徒歩で帰っていったのではないか

なーんて思いますよね?

 

妻「あなた、お帰りなさいませ」

 

夫「今、帰ったよ、あー今日も曹操様に仕事の駄目出しをされた

あの人、背が低いせいか、何事もせっかちなんだよな、ぶつぶつ」

 

子供「父上、お帰り~遊んで、遊んで~」

 

妻「これっ!お父様は疲れているのよ!!」

 

こんなアットホームな家庭が浮かびますが、実は、

三国志の武将達は、5日に1日しか家に帰れませんでした。

 

5日に1日しか家に帰れなかった武将たち

三国志 歴史 老いには勝てず

 

それ以外は、城の中に建てられた宿舎、

今でいう社宅のような場所に、多くの同僚と一緒に住んでいたのです。

 

前漢の時代の長安にあった未央宮には、細長い官舎の跡があり、

恐らく、細長い建物を造り、間に仕切りを入れたような

長屋然とした建物だったのでしょう。

 

つまり、三国志の武将達は、仕事が終わっても城からは出られず、

そのまま、それぞれの社宅に戻っていたのです。

 

家に帰れるのは髪の毛を洗う日だけ

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

家に帰れるのは、洗沐(せんもく)と言って、髪を洗う日だけでした。

当時は、儒教の影響で、髪を切るという習慣がなく、

髪や髯は、伸ばしていて、長い髪は頭頂部で纏めていました。

 

髪を切るのはタブー

髪の毛を切るのはタブー

 

中国の刑罰には、頭髪を剃りあげるだけの髠(こん)という

刑罰もあった位なので当時、髪を切るのがいかにタブーだったか分かります。

 

なので一度、洗髪すると髪を乾かすのは大変です。

そこで、一日は仕事にならないのでお休みになっていました。

 

身分の高い人にも城の中で泊まりこむ規則

魏武将 はじめての三国志 ゆるい

また、この城の中に泊まり込むという規則は、身分の高い人にも

適応されていたらしいのです。

 

つまり、郭嘉(かくか)程昱(ていいく)荀彧(じゅんいく)のような文官や、

夏候淵(かこうえん)夏候惇(かこうとん)、許褚(きょちょ)、

張遼(ちょうりょう)のような武官も、宿舎の前に表札を下げて、

わびしい一人住まいをしていたのかも知れません。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

戦争で遠征する際に家族を連れて行くのは禁止

尹夫人 曹操

また、戦争で遠征に向かう武将にも、家族を連れていくのは、

許されていませんでした。

 

どうしてかと言うと、家族を連れる事を許すと、

戦争に負けた時に、家族の生命を助命する事を条件に

敵に寝返る可能性があったからです。

 

逆に言えば、家族を都に残した武将はうっかり降伏してしまうと

家族を報復で殺される可能性もあったのです。

 

しかし、5日置きにしか家族に会えないなんて、、

家族がいる武将達は、中々大変な苦労があったんですね。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

関連記事:なぜ関羽は神様になったのか?……忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説




こちらの記事もよく読まれています

三国志 武器

 

関連記事:三国志時代の軍備・軍事ってどんなのがあるの?

蒟蒻問答 孔明と張飛

 

よく読まれてる記事:まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

 

最弱武将

 

よく読まれてる記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で…
  2. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた…
  3. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  4. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  5. いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾…
  6. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  7. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  8. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話
  2. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  3. 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?
  4. 【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?
  5. 神回『犬伏の別れ』の裏側、真田丸と韓信には深い関係性があった
  6. 世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 衝撃の事実!卑弥呼はアイドル活動をしていた?通説・卑弥呼伝 妻子を人質に取られすぎな劉備

おすすめ記事

  1. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  2. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  3. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  4. これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!
  5. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  6. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  7. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  8. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP