朝まで三国志悪
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

この記事の所要時間: 310

春秋戦国時代、列強諸国が時代の覇者たることを求めて争った戦乱の時代です。

それは立身出世のチャンスにあふれた時代でもあったのです。

 

諸子百家(しょしひゃっか)のひとつ、

口先のうまさで乱世をわたった『縦横家』とは、どんな人達だったのでしょうか?

 

 

三寸不爛の舌を武器とした縦横家

孔明VS曹操

 

孔明:「私めがこの三寸不爛の舌を振るい、必ずや孫権して曹操に当たらしめてみせましょう」

 

曹操の大群が荊州へ侵攻してきた時、諸葛孔明は劉備にこう進言し、

自ら外交特使として呉の孫権の元に赴き、曹操と開戦させることに成功します。

 

『三寸不爛の舌』とは中国語の熟語で、口先の達者な者や、よくまわる舌を意味します。

日本語の『舌先三寸』と同じようなニュアンスでも使われる言葉ですね。

 

春秋戦国時代、多くの論客が外交の特使として活躍しました。

 

彼らは『三寸不爛の舌を振るって』諸侯を説得し、しばしば諸国の外交関係を大きく変えるきっかけを作りました。

このような活動をした人たちのことを縦横家と呼びました。

 

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

 

縦横家の目的は、あくまで自分の社会的成功だった

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

 

儒家や法家といった他の諸子百家たちも、しばしば自らの弁舌を以って諸侯を説得しましたが、

基本的にその活動はあくまで自分自身の理念を実現し、理想的な国家を建設することを目的としていました。

 

縦横家が他の諸子百家と大きく異なる点がそこにあります。

 

縦横家には己自身の理念というものはありません。

彼らはその時々の情勢に従って己の意見を替え、説き伏せようとする相手の気に入りそうな政治手法を語って喜ばせようとしました。

 

理念の実現のためではなく、あくまで自分自身の社会的成功のためにその舌鋒を振るう。

ある意味で、彼らは乱世の職人と言えるかもしれません。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

合従連衡

 

縦横家を代表する人物に、蘇秦(そしん)と張儀(ちょうぎ)がいます。

 

蘇秦は戦国時代の後期、強大化した秦に対して各国が連合を組んで対抗する策を諸侯に説いてまわりこれを成立させます。

蘇秦のこの策は『合従』(がっしょう)と呼ばれました。

 

実は蘇秦は合従の策を諸侯に説いて回る以前に秦に赴き、秦が覇者となる方法を説いたと言われています。

結局秦は蘇秦の策を取らず、彼は諸侯に合従の策を説いてまわることになったのでした。

 

合従策で諸侯が秦に対抗したのに対し、秦が各国と個別に交渉して連合から離脱させようとしたのが、張儀の説いた『連衡』の策でした。

張儀の連衡の策によって15年続いた諸国の連合は崩れてしまいます。

 

この二つの故事から、国同士が状況に応じて連合したり離反しあう様子を『合従連衡』と呼ぶようになりました。

 

関連記事:キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

それにしても、なんで“縦(たて)”と“横(よこ)”なの?

 

合従策で連合した諸侯は南北=縦に並んでいました。

秦は連衡策で横からこの連合を崩していきました。

 

縦横家は、この合従連衡の様子からその名がついたのです。

 

関連記事:一字千金(イチジセンキン)の語源も面白い

 

三国時代にも縦横家っていたの?

賈詡

 

縦横家のイメージから連想される三国時代の人物と言えば、賈詡の名前を上げることができるのではないでしょうか?

(彼自身が縦横家を名乗ったわけではありませんが)

 

始め、賈詡は董卓に仕え、董卓が呂布と王允によって暗殺されると策を講じて呂布を追放、王允を殺害して長安の都の奪還に功績を上げました。

その後、賈詡は張繍に招かれその配下となり、敵対していた曹操を奇襲して、曹操軍の将軍だった曹昂と典韋を打ち取る戦果をあげています。

 

しかし、曹操が袁紹と官渡の戦いに臨むと、今度は張繍を説得して曹操に降伏させます。

賈詡の才能を見抜いていた曹操は彼を重用し、以後賈詡は魏の重臣として活躍、その生涯を全うしたのでした。

 

次々と主君を替えつつ、己の弁舌を以って戦乱の世を渡り歩く……

賈詡の生涯はまさに縦横家的だったとは言えないでしょうか。

 

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

関連記事:曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

 

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

photo credit: Ukok via photopin (license)

photo credit: Ukok via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  2. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  3. 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清…
  4. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  5. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  6. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  7. 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  8. 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」
  2. 銅雀台(どうじゃくだい)ってなに?どんな建物で何をするところだったの?
  3. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  4. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  5. 幻の必殺陣形・八卦の陣とは?三国志演義と諸葛亮孔明の八陣図
  6. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 呂布の裏切りについて考察してみた 曹操の偏頭痛は歯ぎしりが原因だった?歯ぎしりが引き起こす英雄の悲劇 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  2. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家
  3. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?
  4. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  5. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  6. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  7. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  8. 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP