キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

史上最強の交渉術を備えた縦横家ってどんな人?

春秋戦国時代、列強諸国が時代の覇者たることを求めて争った戦乱の時代です。

それは立身出世のチャンスにあふれた時代でもあったのです。

 

諸子百家(しょしひゃっか)のひとつ、

口先のうまさで乱世をわたった『縦横家』とは、どんな人達だったのでしょうか?

 

 

三寸不爛の舌を武器とした縦横家

孔明VS曹操

 

孔明:「私めがこの三寸不爛の舌を振るい、必ずや孫権して曹操に当たらしめてみせましょう」

 

曹操の大群が荊州へ侵攻してきた時、諸葛孔明劉備にこう進言し、

自ら外交特使として呉の孫権の元に赴き、曹操と開戦させることに成功します。

 

『三寸不爛の舌』とは中国語の熟語で、口先の達者な者や、よくまわる舌を意味します。

日本語の『舌先三寸』と同じようなニュアンスでも使われる言葉ですね。

 

春秋戦国時代、多くの論客が外交の特使として活躍しました。

 

彼らは『三寸不爛の舌を振るって』諸侯を説得し、しばしば諸国の外交関係を大きく変えるきっかけを作りました。

このような活動をした人たちのことを縦横家と呼びました。

 

関連記事:鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

 

縦横家の目的は、あくまで自分の社会的成功だった

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

photo credit: _DSC0256 via photopin (license)

 

儒家や法家といった他の諸子百家たちも、しばしば自らの弁舌を以って諸侯を説得しましたが、

基本的にその活動はあくまで自分自身の理念を実現し、理想的な国家を建設することを目的としていました。

 

縦横家が他の諸子百家と大きく異なる点がそこにあります。

 

縦横家には己自身の理念というものはありません。

彼らはその時々の情勢に従って己の意見を替え、説き伏せようとする相手の気に入りそうな政治手法を語って喜ばせようとしました。

 

理念の実現のためではなく、あくまで自分自身の社会的成功のためにその舌鋒を振るう。

ある意味で、彼らは乱世の職人と言えるかもしれません。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

合従連衡

 

縦横家を代表する人物に、蘇秦(そしん)と張儀(ちょうぎ)がいます。

 

蘇秦は戦国時代の後期、強大化した秦に対して各国が連合を組んで対抗する策を諸侯に説いてまわりこれを成立させます。

蘇秦のこの策は『合従』(がっしょう)と呼ばれました。

 

実は蘇秦は合従の策を諸侯に説いて回る以前に秦に赴き、秦が覇者となる方法を説いたと言われています。

結局秦は蘇秦の策を取らず、彼は諸侯に合従の策を説いてまわることになったのでした。

 

合従策で諸侯が秦に対抗したのに対し、秦が各国と個別に交渉して連合から離脱させようとしたのが、張儀の説いた『連衡』の策でした。

張儀の連衡の策によって15年続いた諸国の連合は崩れてしまいます。

 

この二つの故事から、国同士が状況に応じて連合したり離反しあう様子を『合従連衡』と呼ぶようになりました。

 

関連記事:キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

それにしても、なんで“縦(たて)”と“横(よこ)”なの?

 

合従策で連合した諸侯は南北=縦に並んでいました。

秦は連衡策で横からこの連合を崩していきました。

 

縦横家は、この合従連衡の様子からその名がついたのです。

 

関連記事:一字千金(イチジセンキン)の語源も面白い

 

三国時代にも縦横家っていたの?

賈詡

 

縦横家のイメージから連想される三国時代の人物と言えば、賈詡の名前を上げることができるのではないでしょうか?

(彼自身が縦横家を名乗ったわけではありませんが)

 

始め、賈詡董卓に仕え、董卓呂布王允によって暗殺されると策を講じて呂布を追放、王允を殺害して長安の都の奪還に功績を上げました。

その後、賈詡は張繍に招かれその配下となり、敵対していた曹操を奇襲して、曹操軍の将軍だった曹昂と典韋を打ち取る戦果をあげています。

 

しかし、曹操が袁紹と官渡の戦いに臨むと、今度は張繍を説得して曹操に降伏させます。

賈詡の才能を見抜いていた曹操は彼を重用し、以後賈詡は魏の重臣として活躍、その生涯を全うしたのでした。

 

次々と主君を替えつつ、己の弁舌を以って戦乱の世を渡り歩く……

賈詡の生涯はまさに縦横家的だったとは言えないでしょうか。

 

関連記事:ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?

関連記事:鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性

関連記事:曹昂の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得

 

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

photo credit: Ukok via photopin (license)

photo credit: Ukok via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 魏の夏侯淵 夏侯淵が被った曹操の罪ってどんな刑罰?
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志 かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!
  3. 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  4. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  5. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦
  6. 諸葛恪vs妖怪世紀の対決の軍配は??
  7. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  8. 呂玲綺 【呂布の娘】呂玲綺は貂蝉の娘なの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備と曹操
  2. 孫権 弔い出陣
  3. 司馬懿と魏延
  4. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧
  5. 新選組の土方歳三
  6. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  7. 最弱武将 張飛

おすすめ記事

  1. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介
  3. 届け!お手紙、三国時代には郵便制度があった!? 兵士
  4. 桂小五郎と高杉晋作最強コンビの本当の関係は?? 桂小五郎(木戸孝允)
  5. 妻子を人質に取られすぎな劉備 劉備妻つかまる
  6. 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始!

三國志雑学

  1. 華雄(かゆう)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  2. 張飛のヨメ
  3. 劉備を警戒する陳羣

おすすめ記事

【日本人と三国志の出会い】奈良時代に董卓だとdisられていた人が存在した【シミルボン】 阿部正弘の家紋鷹羽紋とはどういう家紋? 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・諸葛瑾の苦労 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年12月5日〜12月14日) 賈詡 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! 孟嘗君 【時代の先導者】父に嫌われていた孟嘗君・田文は○○がきっかけで父の跡を継ぐことになった 松平定敬とはどんな人?戊辰戦争から大河ドラマの演者まで紹介 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP