広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

この記事の所要時間: 321

曹操 魏王

 

三国志やその解説本を読んでいると、しばしば『孫子』(そんし)という人物、あるいは書物の名前が出てきますよね。

歴史に興味のない人でも、その名前くらいはどこかで聞いたことがあるでしょう。

 

『孫子』とは、戦争の仕方について説明した書物であり、その書物を記した人物の尊称でもあります。

 

戦乱に明け暮れた中国の春秋戦国時代(キングダムの時代)や三国時代(三国志の時代)、『孫子』は重要な意味を持っていました。

歴史上の名だたる人物たちが、戦争に勝利するためにこぞって孫子を学んだのです。

 

このシリーズでは、孫子について初心者でも分かりやすく解説していきます。

『孫子』を知れば、三国志やキングダムはもっと面白くなるはずです。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

『孫子』は誰が、いつごろ書いた書物なの?

孫武 ゆるキャラ

 

実は『孫子』の作者については、20世紀半ばを過ぎるまで、良く分かっていませんでした。

 

歴史上、『孫子』と呼ばれる人物は二人いたことが知られていました。

一人は、今から2500年ほど前の春秋時代と呼ばれる時代、呉(ご)の国に仕えた孫武(そんぶ)という人物。

 

もう一人は孫武より150年ほど後、戦国時代と呼ばれる時代に斉(せい)の国に仕えた孫臏(そんびん)です。

孫臏は孫武の子孫であるとされています。

 

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

 

現代の 『孫子』と三国時代の『孫子』は違った

 

現代に伝わる『孫子』は全部で13篇からなるものですが、三国志の時代の少し前に書かれた歴史書『漢書(かんじょ)』によれば、『孫子』は82巻からなる、

現代に伝わるものとはまったく違う構成の書物であるとされていました。

 

また、孫武の子孫であるとされている孫臏が別個の書物を残した記録もあり、

結局のところ、『孫子』の成立については不明な点が多かったのです。

 

しかし、1972年に中国山東省にあった墳墓から2つの書物が発見され、『孫子』に関する解釈は劇的に変化することになりました。

発見された書物のひとつは、現代に伝わる『孫子』近い内容のもので、これは『竹簡孫子』と呼ばれています。

そしてもうひとつの書物は『孫臏兵法』……つまり、孫臏が書いた兵法書でした。

 

この発見で、孫臏が書いた書物は『孫子』とは別のものであったことが判明しました。

 

現代の『孫子』という書物の成立

 

現代では、『孫子』という書物の成立はおよそ次のとおりであると考えられています。

  • 春秋時代、孫武が現在の『孫子』の原型となった書物を著した。
  • 戦国時代、孫武の子孫の孫臏が孫武の『孫子』に肉付けをして、現代に伝わるものに近い形にした。
  • 孫臏以降も、『孫子』はさまざまな人の手で改訂や肉付けが繰り返され、80巻以上になる大著となってしまう。
  • 三国時代に整理され、全13篇にまとめられる。これがほぼ現代に伝わる『孫子』になっている。

 

『孫子』の作者が分からなくなっていた原因を作った犯人は誰だ?

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

『孫子』が誰によっていつ頃書かれたものなのか、1972年の発見以前は良く解っていなかったことは前述のとおりです。

これは、現代人が読める形で残っている『孫子』(全13篇)と、中国の歴史書で語られている『孫子』(全82巻)が、あまりにかけ離れているのが最大の原因でした。

 

考えてもみてください。

全部で80巻以上もあるされる大著が、たった13篇まで削られちゃってるんですよ?

言ってみれば現代に伝わっている『孫子』は、歴史上存在していたとされる『孫子』の要約程度しか分量がないってことです。

 

こりゃあ、二つの『孫子』がまったく別物と考えられても不思議じゃありません。

一体誰がそんな余計なこと……いえいえ、そこまで徹底的に『孫子』を整理したのでしょうか?

 

三国時代に整理され、全13篇にまとめられた孫子は『魏武注孫子(ぎぶちゅうそんし)』と呼ばれています。

これは“魏の武帝が注釈をつけた孫子”という意味です。

 

魏の武帝……いったい誰のことでしょうか?

 

『孫子』の作者を分からなくした曹操くん

孫子の兵法 曹操

 

西暦220年、曹操の息子である曹丕は、後漢王朝最後の皇帝である献帝から禅譲を受ける形で、魏の初代皇帝の地位に就き、文帝と名乗りました。

皇帝の地位についた曹丕は、父であった曹操に「太祖武帝」という号を贈ります。

 

……そうです。

 

『魏武注孫子』とは、あの曹操が整理し注釈をつけた『孫子』のことだったのです。

曹操が自らの手で整理し、注釈をつけた孫子を現代人である私たちが読むことができる……三国志ファンとしては、なんとも感銘深いと思いませんか?

 

次回から、『孫子』の内容について、解説していきたいと思います。乞うご期待!!

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

借屍還魂 名前をかたる

 

よく読まれてる記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

絶世美女 貂蝉

 

よく読まれてる記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

 

お酒 三国志 曹操

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  2. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  3. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  4. 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの?
  5. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従…
  6. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  7. なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム…
  8. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる
  2. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  3. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  4. 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】
  5. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  6. はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定 え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった? 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!? 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 劉禅が読んだ韓非子ってどんな本? すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選

おすすめ記事

  1. 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う
  2. え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの?
  3. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  4. 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース36記事【4/2〜4/9】
  6. 初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方
  7. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  8. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP