朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

この記事の所要時間: 321

曹操 魏王

 

三国志やその解説本を読んでいると、しばしば『孫子』(そんし)という人物、あるいは書物の名前が出てきますよね。

歴史に興味のない人でも、その名前くらいはどこかで聞いたことがあるでしょう。

 

『孫子』とは、戦争の仕方について説明した書物であり、その書物を記した人物の尊称でもあります。

 

戦乱に明け暮れた中国の春秋戦国時代(キングダムの時代)や三国時代(三国志の時代)、『孫子』は重要な意味を持っていました。

歴史上の名だたる人物たちが、戦争に勝利するためにこぞって孫子を学んだのです。

 

このシリーズでは、孫子について初心者でも分かりやすく解説していきます。

『孫子』を知れば、三国志やキングダムはもっと面白くなるはずです。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

『孫子』は誰が、いつごろ書いた書物なの?

孫武 ゆるキャラ

 

実は『孫子』の作者については、20世紀半ばを過ぎるまで、良く分かっていませんでした。

 

歴史上、『孫子』と呼ばれる人物は二人いたことが知られていました。

一人は、今から2500年ほど前の春秋時代と呼ばれる時代、呉(ご)の国に仕えた孫武(そんぶ)という人物。

 

もう一人は孫武より150年ほど後、戦国時代と呼ばれる時代に斉(せい)の国に仕えた孫臏(そんびん)です。

孫臏は孫武の子孫であるとされています。

 

関連記事:これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?

 

現代の 『孫子』と三国時代の『孫子』は違った

 

現代に伝わる『孫子』は全部で13篇からなるものですが、三国志の時代の少し前に書かれた歴史書『漢書(かんじょ)』によれば、『孫子』は82巻からなる、

現代に伝わるものとはまったく違う構成の書物であるとされていました。

 

また、孫武の子孫であるとされている孫臏が別個の書物を残した記録もあり、

結局のところ、『孫子』の成立については不明な点が多かったのです。

 

しかし、1972年に中国山東省にあった墳墓から2つの書物が発見され、『孫子』に関する解釈は劇的に変化することになりました。

発見された書物のひとつは、現代に伝わる『孫子』近い内容のもので、これは『竹簡孫子』と呼ばれています。

そしてもうひとつの書物は『孫臏兵法』……つまり、孫臏が書いた兵法書でした。

 

この発見で、孫臏が書いた書物は『孫子』とは別のものであったことが判明しました。

 

現代の『孫子』という書物の成立

 

現代では、『孫子』という書物の成立はおよそ次のとおりであると考えられています。

  • 春秋時代、孫武が現在の『孫子』の原型となった書物を著した。
  • 戦国時代、孫武の子孫の孫臏が孫武の『孫子』に肉付けをして、現代に伝わるものに近い形にした。
  • 孫臏以降も、『孫子』はさまざまな人の手で改訂や肉付けが繰り返され、80巻以上になる大著となってしまう。
  • 三国時代に整理され、全13篇にまとめられる。これがほぼ現代に伝わる『孫子』になっている。

 

『孫子』の作者が分からなくなっていた原因を作った犯人は誰だ?

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

『孫子』が誰によっていつ頃書かれたものなのか、1972年の発見以前は良く解っていなかったことは前述のとおりです。

これは、現代人が読める形で残っている『孫子』(全13篇)と、中国の歴史書で語られている『孫子』(全82巻)が、あまりにかけ離れているのが最大の原因でした。

 

考えてもみてください。

全部で80巻以上もあるされる大著が、たった13篇まで削られちゃってるんですよ?

言ってみれば現代に伝わっている『孫子』は、歴史上存在していたとされる『孫子』の要約程度しか分量がないってことです。

 

こりゃあ、二つの『孫子』がまったく別物と考えられても不思議じゃありません。

一体誰がそんな余計なこと……いえいえ、そこまで徹底的に『孫子』を整理したのでしょうか?

 

三国時代に整理され、全13篇にまとめられた孫子は『魏武注孫子(ぎぶちゅうそんし)』と呼ばれています。

これは“魏の武帝が注釈をつけた孫子”という意味です。

 

魏の武帝……いったい誰のことでしょうか?

 

『孫子』の作者を分からなくした曹操くん

孫子の兵法 曹操

 

西暦220年、曹操の息子である曹丕は、後漢王朝最後の皇帝である献帝から禅譲を受ける形で、魏の初代皇帝の地位に就き、文帝と名乗りました。

皇帝の地位についた曹丕は、父であった曹操に「太祖武帝」という号を贈ります。

 

……そうです。

 

『魏武注孫子』とは、あの曹操が整理し注釈をつけた『孫子』のことだったのです。

曹操が自らの手で整理し、注釈をつけた孫子を現代人である私たちが読むことができる……三国志ファンとしては、なんとも感銘深いと思いませんか?

 

次回から、『孫子』の内容について、解説していきたいと思います。乞うご期待!!

 

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

借屍還魂 名前をかたる

 

よく読まれてる記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

絶世美女 貂蝉

 

よく読まれてる記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

 

お酒 三国志 曹操

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  2. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  3. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12…
  5. 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!?
  6. 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!
  7. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  8. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る!
  2. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  3. スーパーマンも驚き!三国志時代の仙人はびゅんびゅん空を飛んでいた!【古代中国の仙人事情】
  4. 【センゴク】羽柴秀吉の播州攻略と上月城救援戦
  5. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!
  6. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡 【三国天武 攻略その3】諸葛孔明?それとも呂布?三国天武に登場する超強力な星7武将ランキング はじめての三国志 好きな武将アンケート 投票結果 あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?

おすすめ記事

  1. 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯
  2. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  3. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった
  4. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・
  5. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!
  6. 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭
  7. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?
  8. 三国時代の経済ってどうなってたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP