キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書と言われるの?

この記事の所要時間: 350




サラリーマン夏侯淵

 

今から2000年以上もの昔に書かれた“戦争の教科書”『孫子』

しかし『孫子』は現代においてもビジネスのハウツー本として多くの人に読まれています。

 

そんな昔の戦争のことについて説明した本が、なぜ、現代社会にも通用するのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

前回記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

 

 

『孫子』ってこんな本

孫武 ゆるキャラ

 

紀元前4世紀頃、孫武によって原型となる文章が書かれ、

その後彼の子孫である孫臏によって完成された『孫子』。

 

その後、多くの人の手によって改訂と補筆が繰り返された挙句、

全82巻という大著になるほどメタボってしまった『孫子』が、

曹操の思い切ったダイエットによって余分な部分をバッサリカットされ、

現在の全13篇からなる形に整理された……

というのは前回説明した通りです。

 

 

『孫子』ってこんな本……構成篇

 

『孫子』全13篇の概要は、こんな感じになっています。

 

・計篇:全体の序論にあたる部分。戦争を始める前に考慮すべき事柄の考察。

・作戦篇:まず戦争の銃尾をどうするかについて。

・謀攻篇:実戦を行わずに相手を負かす計略について。

・形篇:攻撃と守備、それぞれに必要な態勢について。

・勢篇:全軍の勢いがいかに重要かについて。

・虚実篇:少数で多数に勝つ方法……主導権の重要性について。

・軍争篇:敵軍の先手を打つことの重要性について。

・九変篇:常に変化する戦局に、指揮官はどう臨機応変に対応すべきか。

・行軍篇:進軍するのにあたって注意すべきこと。

・地形篇:地形に応じて戦術を変えることの重要性について。

・九地篇:9種類の地勢と、それに応じた戦術について

・火攻篇:火計(火攻め)について論じる。

・用間篇:「間」とは間諜……つまりスパイのこと。偵察の重要性について。

 

孫子ってこんな本……内容篇

袁紹VS袁術

『孫子』の内容の最大の特徴は、非好戦的であるということでしょう。

 

戦争の教科書なんだから、非好戦的って変じゃないか?

 

そう思われる方も多いのではないでしょうか?

 

『孫子』の説くところでは、重要なのは結果的に敵に“勝つ”ことであって、

そのためには必ず軍事的手段に頼る必要はないとされます。

 

実際に軍勢を動かし敵と交戦するということは、民に大きな犠牲と負担を強いることになります。

軍を動かす立場にある君主にとっては、まず国を守ることが肝要であり、

国力を損ねる実戦はできるだけ避けなければいけません。

 

だから、実際に軍勢を動かすよりもまず、国同士の駆け引きを重視し、

戦うことなく敵国を下すことができれば、

それが最善の策である……『孫子』はそう説いているのです。

 

また、敵だけではなく自国をも観察して、

その状態に応じた対応を取ることが重要であると説くのも、『孫子』の大きな特徴と言えます。

 

『孫子』以前の時代は、戦争の勝敗は天運が決めると考えることが普通でした。

ですから、君主は戦争を決意するにあたって占いを行い、

その結果が吉と出れば出撃するが、凶と出たら出撃を取りやめるのが当たり前だったのです。

 

『孫子』は、戦争には勝つ理由と負ける理由がちゃんとあるということを説き、

敵と味方のことを客観的によく觀察することで、

どうやれば勝てるか、事前に予測することができるとしています。

 

運否天賦に任せるのではなく、勝つための算段をきちんとした上で戦争に臨むこと。

その重要性を説いた『孫子』は現代にも通用する普遍性を持っていると言えます。

 

『孫子』が説いているのは武器の使い方や攻撃の仕方ではありません。

全編を通じて繰り返し書かれているのは、情報と駆け引きの重要性です。

 

現代ビジネスにおいても、情報と駆け引きが重要であることにかわりありません。

 

『孫子』が現代もなお、読み継がれ学ばれているのは、その普遍性があればこそなのです。

 

クラウゼヴィッツの『戦争論』と『孫子』の違いって?

クラウゼヴィッツ wiki

 

『孫子』は兵法書……“戦争の教科書”として東洋を代表する存在と言えます。

 

実は、西洋にも『孫子』と並び称させることの多い“戦争の教科書”があります。

それがクラウゼヴィッツという人物の書いた『戦争論』という書物です。

 

『戦争論』の著者であるカール・フォン・クラウゼヴィッツは19世紀、

いわゆるナポレオン戦争の時代の軍人です。

彼がその晩年に著したのが『戦争論』でした。

 

『戦争論』と『孫子』の違いをひとことで説明するのはとても無理ですが、

最大の違いを要約するなら、それは両者が対象とした読者の違いにあると言えるでしょう。

 

『孫子』がその読者対象としているのは国を治める君主です。

君主は自国の軍の最高指揮官である以上に、まず国民を治める政治的主導者です。

ですから『孫子』は君主が政治家として戦争にどう臨むかを第一に、

国民を損ねる戦争をあくまで非常の手段とした上で書かれています。

 

これに対し、『戦争論』がその対象としているのはあくまで軍の指導者=軍司令官です。

『孫子』が戦争を国家の非常時とするのに対し、『戦争論』において戦争は、

政治的選択によって選ばれた外交手段に過ぎないとされており、

軍事的にいかに敵を打ち負かすか、その具体的な方法論を論じています。

 

もともと対象が違う以上、両者を比較してその優劣を論じることはできませんが、

『孫子』と『戦争論』が同じ“戦争の教科書”のようであっても、

その方向性がまったく違うのは間違いありません。

 

いずれ機会があれば、『孫子』と『戦争論』の違いについて、あらためて説明してみたいと思います。

 

次回から、『孫子』の具体的な内容について、順を追って説明して参ります。

次回もぜひ、お付き合いください。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

次回記事:【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 




石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 大改名!?中東でも放送されたアニメ『三国志』
  2. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  3. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  4. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  6. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  7. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  8. 記録が乏しい孫堅の妻たち

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く

おすすめ記事

  1. 【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記
  2. 三国夢幻演義 龍の少年 第5話「別離の日」配信日が決定しました
  3. 【感謝・出版】各カテゴリで売れ筋ランキング1位を獲得しました。
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース33記事【1/16〜1/22】
  5. 曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ
  6. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官

三國志雑学

  1. 劉備とサンタクロース
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物 三国志ライター黒田レン 【歴史嫌いな中高生必見】春秋戦国時代はいつ始まってどこで終えたの? 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた! 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで? 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」
  2. 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 魯粛と関羽の一騎打ちの行方は?
  4. 諸葛孔明の影に隠れる劉備
  5. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  6. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  7. 呉のマスオさん朱然、養子で入って呉に尽くした小さな大都督の人生
  8. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP