キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】

キングダムと三国志

 

「はじめての孫子」シリーズを読んでいて、こんな風に思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

『孫子を書いたという孫武ってどんな人物だったの?』

 

現代では孫子の作者であるとほぼ確実視されている孫武ですが、つい50年ばかり前まではその実在すら疑わしいとされていた人物でした。

歴史書にも孫武に関する記述は少なく、

その詳細な経歴や性格はほとんど知られていません。

 

海音寺潮五郎

 

今回は番外編として、そんな歴史上の謎の人物である孫武を描いた小説、海音寺潮五郎の『孫子』を紹介いたしましょう。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

 

実は画期的な作品だった小説『孫子』

新装版 孫子(上) (講談社文庫)

 

海音寺潮五郎の『孫子』は昭和39年(1964年)に発表された長編小説です。

「孫武の巻」と「孫臏の巻」からなる、当時としては画期的な作品でした。

 

……え?

何が画期的なんだ?

兵法書『孫子』は孫武がその原形をしたため、孫臏が加筆修正を加えたと、以前自分でそう紹介していたじゃないか?

 

はい、確かにそう説明しています。

しかしそれは現代=2015年現在の私達だからこそ普通に持ちうる認識なのです。

 

これも以前ご説明した通り、もともと孫武はその実在を疑われている人物でした。兵法書『孫子』の作者は孫武の子孫と言われる孫臏であり、孫武は伝説上の存在に過ぎない……昔はそう考えられていたのです。

 

しかし、1972年に「竹簡孫子」と呼ばれる文章が発掘され、それが孫武の実在と、彼が兵法書「孫子」の作者であることを裏付ける決定的証拠として「孫子の作者=孫武」という考え方が定着するに至りました。

 

……そうです。海音寺潮五郎の『孫子』は、この「竹簡孫子」の発見以前に書かれた小説だったのです。

 

「竹簡孫子」の発見以前に孫武を描いた、海音寺潮五郎の先見の明

1280px-Inscribed_bamboo-slips_of_Sun_Bin's_Art_of_War

 

1972年以前の認識では「孫子の作者=孫臏」が主流でした。

 

そんな時代にあって、海音寺潮五郎は孫臏のみを小説に描くのではなく、孫武を兵法書「孫子」の作者と捉え、その物語を描いたことになります。

現代の視点から見れば、それがどれほど画期的であったか、お分かり頂けるでしょう。

 

孫武って、どんな人物だったの?

ところで、皆さんは孫武がどんな人物だったと思いますか?

 

三国志やコミック「キングダム」には、古代中国で活躍した様々な武将や軍師たちの姿が描かれています。

それらの物語にあって、ある者は勇猛果敢な人物として、またある者は怜悧な策略家として活躍しています。

 

後世の歴史に大きな影響を与えた兵法書「孫子」の作者なのだから、カリスマチックな将軍だったのではないか?

あるいは諸葛孔明のような天才的軍師だったのではないか?

 

……普通だったらそう思うところです。

 

しかし、海音寺潮五郎が描いた孫武は、そういったある意味類型的な“古代中国の武将”のイメージとはかけ離れた人物として描かれています。

 

海音寺潮五郎の描いた孫武は、非力で線の細い、冴えないオッサンでした。

彼は歴史研究を好み、古戦場を巡っては合戦の研究をするのが趣味でした。

しかし、彼自身は合戦を恐れ、自分自身が軍勢を率いて戦場に立つなど想像もしませんでした。

 

家にあっては恐妻家であり、しかも宮中の権力闘争にはまるで興味がない。

呉王闔閭(こうりょ)の臣下である伍子胥(ごししょ)の推挙を受けた孫武は数々の実績を挙げますが、

醜い権力闘争を目の当たりにして嫌気が差し、ある時きっぱりと身を引いて隠遁生活に入ってしまうのです。

 

兵法書「孫子」から逆算で導き出された孫武のキャラクター

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

 

前述もしました通り、孫武についての記述は歴史書にもほとんど残っていません。

孫武は、三国志のように明確な列伝の残っている人物ではないため、歴史書を参考にキャラクターを構築することができない人物なのです。

 

そこで海音寺潮五郎は、兵法書「孫子」の内容から孫武という人物のキャラクターを逆算的に導き出したといいます。

孫武が戦争を恐れ、かつそれを嫌った非好戦的な人物として描かれているのは、まさにそのためだったのです。

 

海音寺潮五郎の描いた孫武は、銀河英雄伝説のヤン・ウェンリーのモデルだった?

Yang Wen-li

(写真引用元:ニコニコ大百科)

ところで、これはあくまで余談になりますが。

 

非好戦的で自ら戦場に立つことを望まなかったにも関わらず、歴史的に戦争の天才としてその名前を残す……

そんな海音寺潮五郎版の孫武の設定を聞いて、まったく別の小説の主人公を思い出した人もいるのではないでしょうか?

 

そう、田中芳樹作のスペースオペラ「銀河英雄伝説」の主人公のひとり、ヤン・ウェンリーのことです。

 

軍人志望ではなかったに関わらず、好きな歴史研究を学ぶためにやむなく士官学校に入学、やがて戦場で数々の勝利を収めて(本人としてははなはだ不本意ながら)戦争の天才としてその名声を勝ち得ていく……そんなヤン・ウェンリーの姿に、筆者はどうしても海音寺潮五郎版の孫武の姿を重ねてしまいます。

 

銀河英雄伝説の作者である田中芳樹は、作品の登場人物には決まったモデルはいないとしています。

しかし、それぞれのキャラクターを創造するにあたり、歴史上の人物を参考にしたのは間違いありません。

 

ヤン・ウェンリーのモデルは諸葛孔明だとする意見も多いようですが、筆者は海音寺潮五郎版の孫武が大きな影響を与えていると強く主張致します(自爆

 

三国志ライター 石川克世の独り言

石川克世

 

ここでは『孫武の巻』に内容を絞って紹介しましたが『孫臏の巻』も、学友に裏切られた孫臏の復讐譚として大変面白い小説です。

 

海音寺潮五郎『孫子』はAmazonなどで今でも入手可能です。

「はじめての孫子」で孫武を知ったという方も、これを機会にご一読されてみてはいかがでしょうか?

 

それでは、次回もお付き合いください。再見!!

 

 

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

借屍還魂 名前をかたる

 

よく読まれてる記事:兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西

 

絶世美女 貂蝉

 

よく読まれてる記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

 

孔明過労死

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 魯粛と周瑜 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  2. 公孫サン(公孫瓚) 北方の雄・公孫瓚が滅びた原因は○○だ!
  3. 【真田丸特集】劉備に忠誠を誓った趙雲と豊臣家に忠義を尽くした・毛…
  4. 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  5. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が…
  6. 孔明 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  7. 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…
  8. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん
  2. 龐統
  3. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕
  4. 曹丕
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2
  6. 司馬懿

おすすめ記事

  1. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念
  2. 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋すぎる! 玉璽
  3. 【PR】地理で読み解く三国志 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 何で劉備は劉表からの荊州譲渡を断ったの?第6感で決断した劉備の意図とは? 張飛、劉備、曹操
  5. 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった
  6. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー

三國志雑学

  1. 王基に感謝する司馬昭
  2. 曹丕
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  4. 太史慈
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. はじめての三国志編集長 kawauso
  3. 夏
  4. 陸遜
  5. 郭嘉

おすすめ記事

キングダム 【キングダム553話】「ルーディン」ネタバレ&レビュー 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」 苛ついている曹操 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう 上野彦馬とはどんな人?偉人を撮り続けた写真家 李儒 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の軍師 豊臣秀吉 戦国時代 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 趙雲子龍 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの? 甘寧と凌統 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP