日常生活

はじめての三国志

menu

はじめての変

三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

この記事の所要時間: 335

関羽 お風呂

 

お風呂は我々にとって伝統的な生活習慣であり民俗文化です。

その歴史は古く、世界各地で多くの遺構が見られます。

近年話題になったローマの大衆浴場は有名ですよね。

もちろん中国も例外ではありません。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

春秋戦国時代から既にお風呂もありハイテク

 

『水経注』という漢~晋代あたりに書かれた地理の本には「皇后の浴室」と伝わる山中の石室の存在が記録されていますし、実際に戦国時代の秦の王様の風呂跡も発見されています。

しかもその構造の原理は現代とほぼ変わらず、浴槽は四角い木製で、栓を抜けば地中に通した陶製のパイプを伝って外に排水される仕組みだったようです。更に浴室内は暖炉つき。ハイテクです。

とはいえ今日ほど自由に湯水を調達できない時代であれば、入浴の習慣も現代とは少し異なります。

 

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

 

古代中国の入浴の習慣について

お風呂

 

中国や日本では、お湯や水で身を清めることを歴史的に「沐浴」と言いました。

「沐」は頭から湯水を浴びること(特に洗髪)で、「浴」は湯水の中に浸かることです。

今風に言えばシャワーとお風呂の違いでしょうか。

 

礼に厳しい周時代の沐浴の仕方

 

何事にも礼に厳しい周の時代、沐浴の仕方にも規範がありました。

古代のマナーブック『礼記』では、5日に一度風呂を沸かし、3日に一度頭を洗い、その間、顔の汚れは温めた米のとぎ汁で洗い、

足の垢はお湯で洗い、更に手は一日に5回洗うよう指南しています。

 

垢すりタオルも2種類存在していた

photo credit: Frozen via photopin (license)

photo credit: Frozen via photopin (license)

 

また入浴については、例えば垢すりタオルは葛製で二種類あり、君主は絺(きめの細かい布)、臣下は綌(きめの荒い布)を使いました。

沐(シャワー)の場合は綌の一種類です。

そして浴槽から出るとまずアブラガヤという草で編んだ蓆(マット)を踏み、一度お湯で洗い流した後、今度はガマで編んだ蓆を踏みました。

この一連の作業は足の垢を擦り落とすためとされます。

 

最後に浴衣(バスローブ)を纏い、身体が乾いたら靴を履いて、やれやれ湯上りの一杯となります。

これらの習慣は漢代や三国時代でもそう変わらなかったと考えられています。

 

周の時代にシャンプーと石鹸はあったの?

シャンプー

 

シャンプーや石けんの代わりとなったのは穀物のとぎ汁です。

米はもちろん、洗髪にはヒエ、洗顔にはアワのとぎ汁といった風にも使い分けられたりしました。

日本でもとぎ汁はメジャーな洗浄料でしたが、中国ではなんと周の頃からすでに利用されていたようです。

とぎ汁は垢が落ちやすく肌にもよく、現代でもその効能が評価され美容に活用されています。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 反董卓連合軍に参加したのは、誰と誰なの?【素朴な質問】
  2. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布と…
  3. 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1
  4. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレード…
  5. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  6. 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみで…
  7. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  8. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  2. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教えちゃいます!【ビジネス三国志】
  3. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  4. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  5. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後漢にやってきたローマ使節
  6. 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの? 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 黒田官兵衛は牢屋に閉じ込められた時に何で自殺しなかったの? 横浜中華街の関帝廟はどうやって誕生したの? 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 曹操が遺言で見せた女性への愛情

おすすめ記事

  1. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊
  2. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3)
  3. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.3
  5. 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!!
  6. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【後半】
  7. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題
  8. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP