三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関羽 お風呂

 

お風呂は我々にとって伝統的な生活習慣であり民俗文化です。

その歴史は古く、世界各地で多くの遺構が見られます。

近年話題になったローマの大衆浴場は有名ですよね。

もちろん中国も例外ではありません。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

[adsense]

春秋戦国時代から既にお風呂もありハイテク

photo credit: color de sombras via photopin (license)

 

『水経注』という漢~晋代あたりに書かれた地理の本には「皇后の浴室」と伝わる山中の石室の存在が記録されていますし、実際に戦国時代の秦の王様の風呂跡も発見されています。

しかもその構造の原理は現代とほぼ変わらず、浴槽は四角い木製で、栓を抜けば地中に通した陶製のパイプを伝って外に排水される仕組みだったようです。更に浴室内は暖炉つき。ハイテクです。

とはいえ今日ほど自由に湯水を調達できない時代であれば、入浴の習慣も現代とは少し異なります。

 

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

 

[adsense]

古代中国の入浴の習慣について

お風呂

 

中国や日本では、お湯や水で身を清めることを歴史的に「沐浴」と言いました。

「沐」は頭から湯水を浴びること(特に洗髪)で、「浴」は湯水の中に浸かることです。

今風に言えばシャワーとお風呂の違いでしょうか。

 

礼に厳しい周時代の沐浴の仕方

photo credit: NIKON D7200 048 f – 5.6의 1-2000초 18.0-55.0 mm f-3.5-5.6 82mm ISO 100 _ via photopin (license)

 

何事にも礼に厳しい周の時代、沐浴の仕方にも規範がありました。

古代のマナーブック『礼記』では、5日に一度風呂を沸かし、3日に一度頭を洗い、その間、顔の汚れは温めた米のとぎ汁で洗い、

足の垢はお湯で洗い、更に手は一日に5回洗うよう指南しています。

 

垢すりタオルも2種類存在していた

photo credit: Frozen via photopin (license)

 

また入浴については、例えば垢すりタオルは葛製で二種類あり、君主は絺(きめの細かい布)、臣下は綌(きめの荒い布)を使いました。

沐(シャワー)の場合は綌の一種類です。

そして浴槽から出るとまずアブラガヤという草で編んだ蓆(マット)を踏み、一度お湯で洗い流した後、今度はガマで編んだ蓆を踏みました。

この一連の作業は足の垢を擦り落とすためとされます。

 

最後に浴衣(バスローブ)を纏い、身体が乾いたら靴を履いて、やれやれ湯上りの一杯となります。

これらの習慣は漢代や三国時代でもそう変わらなかったと考えられています。

 

周の時代にシャンプーと石鹸はあったの?

シャンプー

 

シャンプーや石けんの代わりとなったのは穀物のとぎ汁です。

米はもちろん、洗髪にはヒエ、洗顔にはアワのとぎ汁といった風にも使い分けられたりしました。

日本でもとぎ汁はメジャーな洗浄料でしたが、中国ではなんと周の頃からすでに利用されていたようです。

とぎ汁は垢が落ちやすく肌にもよく、現代でもその効能が評価され美容に活用されています。

 

【次のページに続きます】

 

[adsense]

ページ:

1

2

関連記事

  1. 李典
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. 南蛮
  4. 蜀の劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP