袁術祭り
広告




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

この記事の所要時間: 335

関羽 お風呂

 

お風呂は我々にとって伝統的な生活習慣であり民俗文化です。

その歴史は古く、世界各地で多くの遺構が見られます。

近年話題になったローマの大衆浴場は有名ですよね。

もちろん中国も例外ではありません。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

 

春秋戦国時代から既にお風呂もありハイテク

 

『水経注』という漢~晋代あたりに書かれた地理の本には「皇后の浴室」と伝わる山中の石室の存在が記録されていますし、実際に戦国時代の秦の王様の風呂跡も発見されています。

しかもその構造の原理は現代とほぼ変わらず、浴槽は四角い木製で、栓を抜けば地中に通した陶製のパイプを伝って外に排水される仕組みだったようです。更に浴室内は暖炉つき。ハイテクです。

とはいえ今日ほど自由に湯水を調達できない時代であれば、入浴の習慣も現代とは少し異なります。

 

関連記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

関連記事:秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

関連記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

 

古代中国の入浴の習慣について

お風呂

 

中国や日本では、お湯や水で身を清めることを歴史的に「沐浴」と言いました。

「沐」は頭から湯水を浴びること(特に洗髪)で、「浴」は湯水の中に浸かることです。

今風に言えばシャワーとお風呂の違いでしょうか。

 

礼に厳しい周時代の沐浴の仕方

 

何事にも礼に厳しい周の時代、沐浴の仕方にも規範がありました。

古代のマナーブック『礼記』では、5日に一度風呂を沸かし、3日に一度頭を洗い、その間、顔の汚れは温めた米のとぎ汁で洗い、

足の垢はお湯で洗い、更に手は一日に5回洗うよう指南しています。

 

垢すりタオルも2種類存在していた

photo credit: Frozen via photopin (license)

photo credit: Frozen via photopin (license)

 

また入浴については、例えば垢すりタオルは葛製で二種類あり、君主は絺(きめの細かい布)、臣下は綌(きめの荒い布)を使いました。

沐(シャワー)の場合は綌の一種類です。

そして浴槽から出るとまずアブラガヤという草で編んだ蓆(マット)を踏み、一度お湯で洗い流した後、今度はガマで編んだ蓆を踏みました。

この一連の作業は足の垢を擦り落とすためとされます。

 

最後に浴衣(バスローブ)を纏い、身体が乾いたら靴を履いて、やれやれ湯上りの一杯となります。

これらの習慣は漢代や三国時代でもそう変わらなかったと考えられています。

 

周の時代にシャンプーと石鹸はあったの?

シャンプー

 

シャンプーや石けんの代わりとなったのは穀物のとぎ汁です。

米はもちろん、洗髪にはヒエ、洗顔にはアワのとぎ汁といった風にも使い分けられたりしました。

日本でもとぎ汁はメジャーな洗浄料でしたが、中国ではなんと周の頃からすでに利用されていたようです。

とぎ汁は垢が落ちやすく肌にもよく、現代でもその効能が評価され美容に活用されています。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 餃子を食べれば耳たぶが生えてくる?中国のお正月を分かりやすく紹介…
  2. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  3. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  4. 張飛の死後、一族はどうなったの?蜀の滅亡の転換点に立ち会っていた…
  5. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?…
  6. 五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期
  7. 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強
  8. 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ
  2. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  3. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  4. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!
  5. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  6. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 【シミルボン】すでにキャラ立ちしている、民話の中の三国志 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

おすすめ記事

  1. 四川の名物料理「張飛牛肉(チャンフェイニウロウ)」の謎に迫る
  2. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  3. 60話:徐庶、劉備軍の軍師として曹操と対峙する!
  4. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  5. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  6. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  7. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  8. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP