編集長日記
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

3話:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

この記事の所要時間: 241




秦帝国の版図(紀元前210年)

 

秦と聴くと、秦の始皇帝、最近ではキングダムなどの漫画の影響もあり、

好戦的な最強国というイメージを持つかと思います。

しかし、元々の秦は、中国の西の外れに位置した文化の遅れた国でした。

 

前回記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王




 実は秦は魅力もない田舎の国だった

泣く民027

人材を集めようにも、身分が高く、才能がある人々は田舎の秦などには

見向きもせず、斉や魏や趙、韓のような中国の中央にある国ばかりに

集まっていったのです。

 

そこで秦は身分にこだわらず、才能のある人や、罪を犯して他国に

居られなくなった人も積極的に登用する国柄に成長していきます。

 

そんな秦が他国と一線を画して決定的に強くなる切っ掛けがやってきます。




秦が決定的に強くなる切っ掛けとは?

三国志 夢

 

それが公孫軮(こうそんおう:BC390~338)という人物です。

彼は魏の宰相の公俶座(こうしゅくざ)という人に仕えていました。

公俶座(こうしゅくざ)は、病を得て、魏王に自分の後継者として公孫軮(こうそんおう)を推薦します。

 

「もし、王が軮を用いるならお早めに、使わないなら殺す事をオススメします」

公俶座は、公孫軮の才能を知り抜き、対処を急ぐように示唆したのです。

 

ところが、魏王は公俶座の言葉を真に受けませんでした。

公孫軮は、魏に愛想を尽かし、国外に脱出しツテを頼って秦に入ります。

 

そこで、秦の孝公に謁見して自説を説いて直ぐに宰相に抜擢されるのです。

 

 公孫軮の大々的な改革

三国志 蜀

 

公孫軮は、秦の商の土地を貰い、商軮と名前を改めます。

 

そして、「商軮の変法」という一大改革を実行するのです。

 

商軮の変法って何?

三国志 妖術

 

これは平たく言うと、秦の国を厳罰を含む法で縛りあげて、

不正を無くし、人民の力を極限まで絞りだす全体主義でした。

 

商軮の法では、秦の人民は、5から10戸の家毎にグループを造り

それぞれが不正を行わないように監視をさせます。

そして、もし、10戸の家の内に1戸でも不正があって告発しなかったら、

10戸全ての家が処罰されました。

逆に不正を密告したら、報奨金を与えたと言います。

 

関連記事: キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

不正が消えていった秦

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

秦の人民は、商軮の法を恐れ、お互いを厳格に見張り、必死で働くようになります。

世の中は窮屈になりましたが、不正は消え、見る間に秦は富んでいきました。

 

これは、貴族のような身分の高い階級でも容赦なく適用されましたので、

商軮は、処罰された貴族に激しい恨みを買うようになります。

 

商軮の後ろ盾の秦の孝公が死ぬと、貴族達の抑えつけられた恨みが爆発

皮肉にも商軮は自分が造った法によって罪に問われ処刑されました。

 

しかし、商軮が残した変法は廃止されず、その後も生き続けて、

秦が天下を統一する原動力になるのです。

 

曹操の人材哲学について

曹操 関羽LOVE

 

因みに、三国志の曹操と言えば、人材を能力で判断して、性格上の瑕疵や、

身分にこだわらなかった人ですが、それには自身が宦官の孫である

という出自の偏見から来るコンプレックスに理由があったようです。

 

曹操自身が、いわれなき偏見に苦しめられたから、

人間を出身や、性格の欠陥ではなく、能力第一で見て

細かい欠陥には目をつむるという曹操流の哲学が完成したのかも知れません。

 

ここは、田舎故に品行方正な人物が来なかった秦と曹操の共通点かも

知れませんね。

 

次回記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

関連記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

関連記事:そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの?

 

聞いて覚える三国志

 

次回記事:4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる




こちらの記事もよく読まれています

王騎 キングダム

 

よく読まれてる記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

万里の長城 s

 

よく読まれてる記事:キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?

王政君お怒り!玉磁なげる

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 95話:馬超と張飛の一騎打ち
  2. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?…
  3. 秦の始皇帝はどんな顔をしていたの?政はユダヤ人だった?
  4. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  5. 1800年前の古代中国に鉄軌道跡を発見、燃料不足解消か?長安から…
  6. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元…
  7. キングダム 529話 ネタバレ予想:犬戎の末裔
  8. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  2. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  4. 『三國志レギオン』のサービスが10月6日15時をもって終了
  5. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖
  6. なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? 【第5回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】総括します!愛着の湧く三国志ゲームでした 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たした名官僚 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官になりかけた政治家 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】
  2. 徐邈(じょばく)とはどんな人?曹操の禁酒令を破ったのに逆に出世した男
  3. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1
  4. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  5. 【ビジネス三国志】孟獲から学べ!相手の心を掴むビビッドなキャッチコピー
  6. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  7. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  8. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP