【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点


一昨年から、国会前でデモを繰り返している大学生の集団、SEALDs。よくメディアでは、噂になるけど、一体彼等は何をしているのでしょうか?

 

社会面にも鋭くアンテナを向けるはじさんはSEALDsについて調べてみました。すると、三国志の直前の後漢時代にもSEALDsに良く似た清流派党人による学生運動が起きた事が分かってきたのです。


いまさら聞けないSEALDsって何の事?

 

そもそも、SEALDsとは何を意味しているのでしょうか?

 

それは、S:Students(学生) E:Emergency(緊急)A:Action for(行動を通して) L:Liberal(革新)D:Democracy s(民主政治)の頭文字を取ったものです。

日本語による正式名称は、「自由と民主主義の為の学生緊急行動」と言います。一方の清流派党人というのは、汚職がないクリーンな政治を志す党人です。党はパーティーですから、集団であり、割合SEALDsに近いイメージです。


SEALDsは、どうして生まれたの?

 

SEALDsが誕生した切っ掛けは、安倍政権が2013年12月6日に成立させた特定機密保護法案です。この法律は、秘密の度合いが曖昧であり、政府が恣意的に秘密を認定できるという問題があり、連日マスコミでも報道されました。この時に、東京の大学生・大学院生の間でSASPLという組織が出来ました。これが、特定機密保護法案の可決成立後も解散せず、継続、発展したのが、現在のSEALDsなのです。

 

SEALDsの目的は何なの?

 

SEALDsは、何も目的もなくバカみたいに国会前に集まっているわけではありません。その目的は、立憲主義(憲法を守ろう)社会保障(貧困層を斬り捨て政策を止めろ)そして、安全保障(平和的外交を志向して武力の威嚇を止めろ)に要約されます。

 

まあ、このいずれの目的も、安倍政権が進める、審議無視、無し崩しの安保法案通しや、社会保障費の削減米軍と一体化して、中国と対決姿勢を強めるなどと相反しているので、SEALDsにとっての、当面の敵は安倍政権という事になるのです。

 

SEALDsの特徴とは?

 

政治集会というと石頭の労組オジサ連中や怖いヤクザのような右翼が行うものという先入観があります。SEALDsはそれを覆そうと、ラップやライブなど若者受けする表現方法を多用して支持者を集めています。

 

SEALDsは危険な連中じゃないの?

 

政治活動している人って、極左とか言われる危険な人達じゃないの?

という疑念を持つ方もいると思います。特に安倍政権を支持する保守派やネトウヨと呼ばれる人々は、SEALDsは、日本共産党や、日本民主青年同盟、新左翼のような、極左団体と繋がっていると主張していますが、

 

ほとんどは、普通の学生であると公安も発表しています。ほとんどというのは、SEALDsが使用した街宣車のナンバープレートと車種が全労連のような極左組織が所有している街宣車と同じだったというような疑惑があり、これに関してはSEALDsのリーダーの一人、奥田愛基(あき)氏が、借用を認めているからで、メンバーの幾人かは、極左団体と繋がりがあると考えられるフシがあります。

 

今から1800年前、中国にもSEALDsがいた!

宦官 ゆるキャラ 後漢

 

さて、今から1800年の昔の後漢末の中国にもSEALDsのような存在がいました。当時の中国は、皇帝が宦官を厚く用いる事甚だしくこれに乗じて汚職を繰り返す宦官が大勢いました。それに反対して、宦官から政治を取り戻そうとする、清流派という知識人も大勢残っており、彼等清流派の知識人と、宦官、それに宦官に媚びを売り生き残ろうとする濁流派と名付けられた人々の政治抗争こそが、党錮の禁と呼ばれる事件なのです。

 

清流派は、どこから支持者を集めたの?

宦官集合 

 

清流派の知識人の大半は、まだ仕官していない洛陽の太学で学ぶ学生達でした。当時の洛陽には、地方から集まった太学生が3万人も存在していて一つの勢力になっていたのです。また、清流派を構成しているのは、地方の豪族出身の子弟で仕送りがあるので、喰うには困らず、宦官の横暴に憤る太学の先生や、役人達の話を聞いて、憤慨して、徒党を組んで、宮殿にデモにゆく元気もありました。宦官は、度々、大勢でデモに来る太学生に弱り、宮廷に仕えている官僚達は、この太学生を利用して、宦官を排斥しようと近づいたのです。

 

SEALDsとよく似ている後漢の太学生達

三国志大学 曹操

 

こうして見ると、現在日本のSEALDsと、後漢の太学生は、よく似た動機から、デモに参加している事が分かります。どちらも、まだ就職してはいないので、一定の時間的な余裕があり首都の学生なので、デモできる場所も近いのです。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 顔良を討ち取る関羽
  2. スキッパーキ
  3. 玉璽に興奮する袁術
  4. 袁術と孫策

    デザイン担当:よりぶりん

    孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

    孫堅(そんけん)の子の孫策(そんさく)が、父の死後、袁…

  5. 関羽

    はじめての変

    実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

    今や、神様になりアジア世界ではもっともメジ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP