三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語

この記事の所要時間: 319




苦肉の策(笑)

 

過去に起きた出来事や、その時に発せられた印象的な言葉で、

現在まで、語り伝えられている事柄を故事成語と言います。

故事成語には、日本では余り知られていないモノもありますが、

今回はその中でも割合メジャーな水魚(すいぎょ)の交わりについて解説します。



水魚の交わりとは、どういう意味か?

07水魚の交わり01

 

水魚の交わりとは、水と魚という言葉でも分かる通り、

お互いにとって、なくてはならない存在の事を意味します。

魚は水なしでは生きられませんから、どうしても

水の中にいなければいけないという事です。

 

その事から、二人の人間が、常に一緒で片時も離れない、

またいつも一緒で仲睦まじい様子を水魚の交わりと表現します。



水魚の交わりという言葉はどうして生まれたの?

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

この言葉は、三国志の時代である西暦208年頃に荊州で生まれます。

当時、荊州牧の劉表(りゅうひょう)の客将だった劉備(りゅうび)は、

隆中(りゅうちゅう)という田舎で、天才軍師の諸葛亮孔明

(しょかつりょうこうめい)を三回も訪問し、これを軍師として迎えました。

 

それからというもの、劉備は孔明と語り合って尽くせず、

どこへ行くにも一緒という状態になったのです。

 

水魚の交わり

 

しかし、仲が良い二人を遠くから恨めしそうな顔で

見ている二人の人影がありました。

 

それは劉備が旗揚げした時からの義兄弟である、

関羽(かんう)と張飛(ちょうひ)です。

 

張飛「しくしくしく・・・・」

 

関羽「あら、何を泣いているの張子(ちょうこ)さん」

 

張飛「これが泣かずにいられるかい・・

じゃない、泣かないですむもんですか!関子(かんこ)さん!

あたい達の兄者が孔明に取られているのよ」

 

関羽「そりゃあ、最近の兄者は、口を開けば孔明、孔明だけど

いずれ、落ち着いて普通になるわよ」

 

張飛「ふん、随分冷たいのね、関子さん、ああ、そう言えば、

あなたには、曹操(そうそう)さんもいるものね、

どうでもいいんでしょ?兄者の事なんかさっ!」

 

関羽「なにをっ!!・・じゃない、何ですって!!

バカ張子! あれは曹操が言い寄ってくるだけだからね!

ちっとも好きじゃないんだからね!

拙者、、じゃない、、関子だって兄者一途なのよ」

 

張飛「なら、あたいと一緒に兄者に文句言いにいきましょ

あたいたちと孔明とどっちが大事なんだ!って聞いてやるのよ」

 

余りにも孔明と親しい劉備にジェラシー全開の

関羽と張飛は揃って劉備に文句を言いにいきます。

 

関羽「兄者!幾らなんだって、毎日、毎日、

孔明とベタベタし過ぎではなくて?」

 

張飛「昔は、いつも三人一緒のベットだったのに!

どうして、毎日、孔明、孔明なの!キーッ!」

 

劉備「おお、すまない、お前達、だが許してくれ、私と孔明は、

水と魚、お互いがいないと生きられないのだよ」

 

関羽・張飛「なーんだ!じゃあ、大丈夫でーす!!」

 

何で、関羽と張飛はあっさり納得したのか?

劉備 関羽 張飛

 

自分達と孔明とどっちが大事だと詰め寄られた劉備は、

ここで、水魚の交わりという言葉を出します。

 

それで、関羽と張飛はあっさり納得してしまうのですが、

何で、これだけで納得するのか不思議ですよね?

実は水魚の交わりには、もう一つの意味があるのです。

 

魚とは、恋人、配偶者という暗喩

09水魚の交わり03

 

実は、魚は繁殖力の強い生き物である事から、生産的な関係、

つまり、配偶者、恋人という裏の意味を持っているのです。

 

劉備にとっての孔明は女房や恋人であるから、四六時中一緒にいても

当たり前、だから、嫉妬してくれるな兄弟達よ。

水魚の交わりとは、そういう意味を含んだ言葉なのです。

 

ザックリ言うと、君達は私の兄弟、孔明は嫁、

立場が違うよ、と劉備は言いたかったのです。

 

関連記事:ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

一般に水魚の交わりは、お互いに必要で離れられない

関係として、とらえられます。

一般に言う、水を得た魚も、この水魚の交わりに似ていて、

ある環境に入った人が、存分に力を発揮するという意味でもあります。

 

ただ、その隠喩として、恋人や配偶者との関係性があるというのは、

余り知られていないのではないでしょうか?

個人的に気になるのは、劉備が水魚の交わりと言った時に、

孔明はどんな顔をしていたのだろうという事です。

案外、孔明の入れ知恵で劉備がそう言っていたりしてね。

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

関連記事: 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?

関連記事:すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選



よく読まれている記事

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?
  2. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?
  3. 【三国志で例えるよ】初心者でも『ジャンヌ・ダルク』『百年戦争』が…
  4. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  5. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  6. 【キングダム】龐煖(ほうけん)が戦死する理由を史実をもとにネタバ…
  7. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  8. 【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 愛妻家の魏の将軍、郭淮

おすすめ記事

  1. 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由 まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  4. 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘
  5. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る
  6. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相

三國志雑学

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 薩長同盟の目的は倒幕ではなかった!【知って得する幕末史】 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 【三国志平話】張遼が軍師で諸葛亮が剣客に! なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ長江旅行記 その3
  2. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士
  3. 【列異伝】なんと!曹丕は中国初オカルト小説の作者だった?
  4. 第10話:袁術くん「リーダーシップ」の高め方を学ぶ
  5. 江藤新平VS井上馨 汚職政治家と清廉な改革者の戦いの行方 幕末 帝国議会
  6. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?
  7. 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった!
  8. 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP