編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての漢

7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

この記事の所要時間: 214




太平道 黄巾賊

西暦184年に発生した、太平道の教祖、張角を首謀者とする

黄巾の乱は、後漢王朝の屋台骨を揺るがす大反乱に発展します。

 

その黄巾賊を鎮圧する中で、劉備、曹操、孫堅という後の

三国時代を代表する武将が世に出ていきます。

 

やがて、魏、呉、蜀の三国が鼎立する切っ掛け、それが黄巾の乱です。

 

前回記事:三国志は黄巾の乱から始まった




黄巾の乱は、どうして起こったのか?

暴れる黄巾党008

では、そもそもどうして、黄巾の乱は起こったのでしょうか、、

 

それには、漢の帝、霊帝の貧乏に大きな関係があります。

霊帝は、先代、桓帝に子が無かったので、同じ河間王族から

選ばれた人物でしたが、困った事に王族としては貧乏な人でした。

 

 

それでも、国庫にお金があれば良かったのですが、

桓帝は宦官を重用して無駄遣いをしたので、この時点で国庫は

すっからかんでした。




霊帝の斬新な発想でお金の調達法を名案

霊帝

 

そこで、霊帝は、非常に斬新なお金の調達法を発明します。

それは、お金で官職を売り払う事でした。

 

どのように高い官職にも、値札が張られ、金持ちは、これを

買う事で、あっという間に役人になれたのです。

 

道徳が地に落ちた

黄巾賊 道徳 落ちた

 

霊帝のアイデアは画期的で、国庫はあっと言う間に一杯に

なりましたが、その為に道徳は地に落ちました。

 

それまで、内密に行われていた賄賂が白昼堂々と行われ

汚職が普通になり、政治は完全に腐敗したのです。

 

また、お金で官職を買った人間は、投資金を取り戻す為に

農民に重税を課して富を絞り取りました。

 

 

そこで、資金を回収すると、その人間は、この官職を他人に売り

買った人は、また同じ農民から重税を絞り取ります。

 

困った農民達

怒る村人 三国志

 

こんな事が続いては、農民はたまりません、そこで現れたのが

太平道という宗教を布教し、病人を癒し奇跡を起こした張角でした。

 

 

「もはや、漢王朝の命運は尽きたり、蒼天はすでに死に、

黄天が建つ時が来た。張天子は聖人であり、

 

彼についていけば天下は大吉だ。

 

お前達農民には安定した暮らしが約束されるだろう。」

 

どんなに頑張っても払えない重税を課せられた農民は、

どうせ処罰されて酷い目に遭うなら張角について、

新しい世の中を期待した方がマシだと思ったのです。

 

 

こうして、売官という腐敗制度がもたらした汚職と搾取は

中国全土で漢を滅ぼすというスローガンを掲げる

黄巾族による大反乱をもたらしました。

 

 

 

こうして見ると、暗君としか思えない霊帝ですが、

彼は西園八校尉と呼ばれる皇帝直属の1万人規模の近衛兵を

黄巾の乱の鎮圧後に組織した事でも知られています。

 

このような近衛兵は、西園八校尉の将校だった曹操により

構想が引き継がれて完成し、以後は歴代の王朝の近衛兵の

モデルになっています。

 

 

馬鹿のように見える霊帝が近衛兵の産みの親だったとは

実に意外な事ですね。

 

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?




こちらの記事もよく読まれています

張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

よく読まれてる記事:張角が太平道信者を増やした方法

五斗米道 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:もうひとつの宗教団体「五斗米道」

 

孔子 儒教

 

よく読まれてる記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  2. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  3. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者…
  4. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  5. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  6. 蔡琰(サイエン)とはどんな人?翻弄された運命をたどった詩人
  7. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  8. 孫家二代目は孫策ではない?もう一人の後継者が存在した!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 34話:女好きの英雄曹操、危機一髪の大失敗
  2. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  3. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える
  4. 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー
  5. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  6. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 【田疇の進言】烏桓討伐戦で曹操に助言したのは郭嘉だけではなかった! 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった! 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?

おすすめ記事

  1. 三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!
  2. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?
  3. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  4. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  5. 125話:何で孔明や姜維の北伐は街亭や祁山にこだわったの?
  6. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  7. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  8. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP