三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての漢

7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

この記事の所要時間: 214




太平道 黄巾賊

西暦184年に発生した、太平道の教祖、張角を首謀者とする

黄巾の乱は、後漢王朝の屋台骨を揺るがす大反乱に発展します。

 

その黄巾賊を鎮圧する中で、劉備曹操孫堅という後の

三国時代を代表する武将が世に出ていきます。

 

やがて、魏、呉、蜀の三国が鼎立する切っ掛け、それが黄巾の乱です。

 

前回記事:三国志は黄巾の乱から始まった




黄巾の乱は、どうして起こったのか?

暴れる黄巾党008

では、そもそもどうして、黄巾の乱は起こったのでしょうか、、

 

それには、漢の帝、霊帝の貧乏に大きな関係があります。

霊帝は、先代、桓帝に子が無かったので、同じ河間王族から

選ばれた人物でしたが、困った事に王族としては貧乏な人でした。

 

 

それでも、国庫にお金があれば良かったのですが、

桓帝は宦官を重用して無駄遣いをしたので、この時点で国庫は

すっからかんでした。




霊帝の斬新な発想でお金の調達法を名案

霊帝

 

そこで、霊帝は、非常に斬新なお金の調達法を発明します。

それは、お金で官職を売り払う事でした。

 

どのように高い官職にも、値札が張られ、金持ちは、これを

買う事で、あっという間に役人になれたのです。

 

道徳が地に落ちた

黄巾賊 道徳 落ちた

 

霊帝のアイデアは画期的で、国庫はあっと言う間に一杯に

なりましたが、その為に道徳は地に落ちました。

 

それまで、内密に行われていた賄賂が白昼堂々と行われ

汚職が普通になり、政治は完全に腐敗したのです。

 

また、お金で官職を買った人間は、投資金を取り戻す為に

農民に重税を課して富を絞り取りました。

 

 

そこで、資金を回収すると、その人間は、この官職を他人に売り

買った人は、また同じ農民から重税を絞り取ります。

 

困った農民達

怒る村人 三国志

 

こんな事が続いては、農民はたまりません、そこで現れたのが

太平道という宗教を布教し、病人を癒し奇跡を起こした張角でした。

 

 

「もはや、漢王朝の命運は尽きたり、蒼天はすでに死に、

黄天が建つ時が来た。張天子は聖人であり、

 

彼についていけば天下は大吉だ。

 

お前達農民には安定した暮らしが約束されるだろう。」

 

どんなに頑張っても払えない重税を課せられた農民は、

どうせ処罰されて酷い目に遭うなら張角について、

新しい世の中を期待した方がマシだと思ったのです。

 

 

こうして、売官という腐敗制度がもたらした汚職と搾取は

中国全土で漢を滅ぼすというスローガンを掲げる

黄巾族による大反乱をもたらしました。

 

 

 

こうして見ると、暗君としか思えない霊帝ですが、

彼は西園八校尉と呼ばれる皇帝直属の1万人規模の近衛兵を

黄巾の乱の鎮圧後に組織した事でも知られています。

 

このような近衛兵は、西園八校尉の将校だった曹操により

構想が引き継がれて完成し、以後は歴代の王朝の近衛兵の

モデルになっています。

 

 

馬鹿のように見える霊帝が近衛兵の産みの親だったとは

実に意外な事ですね。

 

関連記事:太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは?




こちらの記事もよく読まれています

張角 ゆるキャラ 黄巾賊 三国志

 

よく読まれてる記事:張角が太平道信者を増やした方法

五斗米道 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:もうひとつの宗教団体「五斗米道」

 

孔子 儒教

 

よく読まれてる記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  2. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  3. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  4. 32話:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示
  5. 知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!
  6. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  7. 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!
  8. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  2. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  3. 西郷慎吾(従道)はどんな人?大器だが能天気な西郷どんの弟
  4. 【西暦280年の洛陽】劉禅さん家の隣に住んでいたのは○○だった!
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの? 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 天下の袁紹軍の組織図はどうなってたの?袁紹陣営をミエル化してみる! このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 【君主vs名士】孫権よりも名士の権力が強かったってマジ!? 明智光秀(1)の生い立ちと15代将軍足利義昭の家臣になるまで 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器 君たちはどう生きるか?アホ劉禅に学ぶ聡明な生き方

おすすめ記事

  1. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  2. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  3. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将!
  4. はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.1
  5. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?
  6. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  7. 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載
  8. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP