ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1




関帝廟 関羽

 

今回は中国の歴史上に存在した武将を選んで対決行いたいと思います。

桃園の誓い劉備に忠義を尽くした忠臣として有名で、

三国志関連のゲームやアニメでは必ず出てくる有名人。

横浜の中華街に祀られている神様といえば、みなさん知っている関羽(かんう)です。

この関羽に対抗するのが、背中に「尽忠報国」の入れ墨を入れて

国にその身をささげた救国の英雄・岳飛(がくひ)です。

彼も死後神様に祭り上げられた人物です。

今回はこの二人の名将対決を行いたいと思います。




人物紹介:岳飛っていったい何者

岳飛

 

まずは定番の人物紹介です。

岳飛っていったいどんな人物なのでしょうか。




河南省に生まれる

photo credit: Hiding behind the trees via photopin (license)

 

岳飛(がくひ)は宋の時代の人物で、現在の河南省に生まれます。

この地は2009年に曹操の墓が見つかった事で一気に有名になりました。

しかし宋の国は全体的に貧困で苦しんでおり、

北方の女真族の圧迫もありかなり厳しい状況でありました。

国内の厳しさとは関係なく岳飛は育ちますが、幼い頃に父が亡くなってしまい、

母親に育てられます。

 

幼少期から武を磨き続ける

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

岳飛は幼少期から父の影響もあり、武を磨き続けます。

青年期になると弓矢を両方向に打つことができたそうです。

さらに剣・槍など武芸を磨き続けていきます。

 

連戦連勝の常勝将軍

岳飛

 

岳飛は宋の国内が金軍に蹂躙されることに我慢できず、義勇兵へ参加。

義勇兵時代から一度も金軍に負けたことなく、

彼は南宋に侵入した金軍10万をたった4千の兵で完膚なきまで叩き、

南宋から追い出しています。

その後も金軍が南宋に攻撃を仕掛けてきた時は常に先鋒に立って

金軍を蹴散らします。

 

Round1:どちらが人気なのか対決

岳飛

 

さて岳飛をざっくりと紹介させていただきました。

今回の対決も3回戦で行いたいと思います。

勝利した方には、その人の紹介をしたいと思います。

さて今回最初の対決はどちらが人気なのか対決です。

先行は岳飛さんからお願いします。

 

スーパーチート将軍

岳飛

 

彼は金国と戦えば負け知らずの常勝将軍でした。

また人望もあり、南宋の民衆達やほかの将軍から人気があり、

そのうえ教養も備わっておりました。

そして読み書きが上手で、文章を作ることにも秀でていたそうです。

まさに光武帝に次ぐチート将軍ですね。

 

岳飛を謀略にはめた二人

photo credit: Lantana in the dark via photopin (license)

 

こんなチート人間を妬ましく思っていた人物が二人いました。

一人は盗賊上がりで義勇軍の将・張俊(ちょうしゅん)です。

彼は自分よりも功績を挙げ続けているうえ、

何をやらせても自分より優れている岳飛に嫉妬しておりました。

もう一人は南宋の宰相である秦檜(しんかい)です。

彼は金に莫大なお金を払って和解すれば、

戦の無い平和な世の中を実現できると考えておりました。

そのため、自分の理想を遂げるためには、

連戦連勝を続ける岳飛が邪魔でした。

二人は岳飛を除く事で一致団結します。

そして岳飛に無罪の罪を着せて牢屋にぶち込みます。

 

岳飛を謀殺し、金と和睦

photo credit: Purple haze via photopin (license)

 

岳飛は捕らえられた後、すさまじい拷問を幾度も受けます。

しかし岳飛はこの拷問に屈せず、自分の無罪も主張しませんでした。

そして秦檜は岳飛の罪状(岳飛になんの罪もないのだが)を作り、

彼と彼の息子である岳雲(がくうん)を殺害。

こうして強硬な主戦論者を除いた事で、金と和睦することになります。

 

冤罪が晴れ民衆は彼を神として祀る

岳飛

 

こうして岳飛は無罪の罪によって処断されてしまいます。

その後岳飛の罪が無罪だということが分かると、

江南の民衆は彼を神として祀ります。

また岳飛を陥れた南宋の宰相であった秦檜と張俊が正座をしている

像を岳飛の像の前に作ります。

そして昔の中国の人々は秦檜と張俊の像に唾を吐きかけていた風習が、

残っていたそうです。

この風習は、現在禁止されております。

また中国の人は歴史に詳しくない若い女の子でも、

岳飛の名を知っているほど、超絶な人気を誇っています。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 玉璽に興奮する袁術 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  2. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポン…
  3. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  4. 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれで…
  5. キレる劉備になだめる黄権 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード
  6. 織田信長 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった!
  7. 孟獲 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは
  8. 黒田官兵衛 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. 五虎大将軍の関羽
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 徳川家康をボコボコにする武田信玄
  5. 邪馬台国と魏軍の兵士
  6. 馬超と羊
  7. 孔明
  8. 宋銭 お金と紙幣
  9. 劉邦と項羽

おすすめ記事

  1. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着 三国志の女性
  2. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  3. 織田信長の作品の元になっている『信長公記』とルイスフロイスの『日本史』を紹介 南蛮胴を身に着けた織田信長
  4. 都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世 馬岱
  5. 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 大和朝廷を建国したカムヤマト
  6. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑 張飛の男気人生

三國志雑学

  1. スーパーDr華佗
  2. 朝まで三国志 劉備
  3. 貂蝉
  4. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  5. 劉虞


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 田豊
  2. 張遼の猛攻に泣きながら逃げる孫権
  3. ゾンビ化した孟獲
  4. 水滸伝の宋江
  5. 平野国臣
  6. 土安(南蛮族)
  7. 残忍な曹丕
  8. 愛妻家の魏の将軍、郭淮

おすすめ記事

賈詡 アドバイザー賈詡の張繍育成日記 kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 昌豨 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西 徳川家康 徳川家康の原点は今川義元の人質生活にあり

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP