呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

はじめての変

【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.3【完】




スクリーンショット 2016-05-06 8.59.08

 

第2Roundを終えたところで、

両者一勝一敗で熱い戦いを繰り広げております。

さて第3Roundはどちらが悲劇的な最期を迎えた対決です。

先行は岳飛(がくひ)さんからいきたいと思います。

 

前回記事:【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1

前回記事:【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.2




必死に南宋を守る

岳飛

 

岳飛は自前の兵で金軍から南宋を守ります。

彼は自分を盾にして、幾度も金軍を破ります。

彼は積極的に攻勢に出て、漢の土地から金国を追い出そうと思っておりました。

しかし南宋の宰相秦檜岳飛と反対の事を考えておりました。




金との講和を考える宰相

岳飛

 

秦檜は戦で金と決着を着けようと思っておりませんでした。

なぜ彼は講和を考えたのでしょうか。

私が考えた理由は二つです。

 

金と講和を考えた理由:その1

photo credit: Red and blue via photopin (license)

 

理由の一つ目として考えられるのは

南宋が建国してまだ間もないのに関わらず、

金に国土を蹂躙されたことに原因があると思います。

南宋は金に国土を蹂躙され、国土の回復に専念する間もないまま、

岳飛を筆頭に金軍と連戦。

そのため、民は軍事費を捻出するため、

かなり重い税をかけられていたに違いありません。

そのため彼は金国と講和を行い、国土を南北に分け、

国力回復と増強に努めようと考えていたのではないでしょうか。

 

金国との講和を考えていた理由:その2

photo credit: Toronto Ontario ~ Canada ~ Allan Gardens ~ Landmark Site ~ Historical Allan Gardens Conservatory ~ via photopin (license)

 

金国との講和を考えていた理由その2としては南宋皇帝の強い意向がありました。

当時の宋の皇帝であった徽宗(きそう)は宋が金に滅ぼされた時、

捕虜となり北に連行されてしまいます。

そして南宋皇帝の実母も共に北へ連れていかれます。

南宋皇帝は父徽宗がすでに亡くなっていた事を知り、

母がまだ健在で女真の地で生活していることを聞くと、

宰相である秦檜に「朕(ちん) は亡き父と母を取り戻したい。

そのためには金と講和を早く行うべし。」と秦檜に命じます。

上記の2つの理由から秦檜は岳飛を筆頭に金との戦で連勝を重ねるも

金と講和に踏み切ろうとしていたのではないのでしょうか。

 

常勝将軍、無罪の罪で亡くなる

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

岳飛は連戦連勝で南宋の主戦派からの支持を集めておりました。

しかし岳飛が連戦連勝を重ねることで、主戦派の勢いが強くなるため、

金との講和が遠のいていきます。

秦檜は主戦派筆頭の岳飛に無罪の罪を着せて殺害。

その息子である岳雲(がくうん)も処断。

そして岳飛の軍閥を解体します。

主戦派筆頭であった岳飛がいなくなったことで、

主戦派の将軍や文官の声が一気になくなり、朝廷は和平派が多数を占めることになります。

 

岳飛の最後

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

岳飛は処断される前、激しい拷問を受けていたそうです。

彼はその拷問に耐え、秦檜に対して反論をしなかったそうです。

処断されると決まった時も黙ってその結果を受け入れます。

彼の心の中は怒りと悔しさで震えていたでしょうが、

その心の表情を表面に出さず最後の時を迎えたそうです。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  2. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  3. ミニチュアで遊ぶ董卓 ハイパーインフレ太師董卓が貨幣経済を破壊した!
  4. 真田丸 いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  5. 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  6. 対立する西郷隆盛と大久保利通 大久保利通と西郷隆盛西南戦争の原因は王道vs覇道の対立だった
  7. 法正に敗れる夏侯淵 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?
  8. 夏侯淵 【はじめての孫子】第2回:どうして『孫子』はビジネスマン必携の書…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 二刀流の劉備
  2. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  3. 蒼天航路
  4. 真田丸
  5. 孔明と姜維
  6. 関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう)
  7. 挑発する諸葛亮孔明
  8. 周瑜と陸遜

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/15】
  2. 第4話:袁術くん、時間の使い方を上手くなるため「タイムマネジメント」を学ぶ
  3. 【将苑】諸葛亮も認める立派な将軍になろう! 劉邦
  4. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!? 空箱を受け取る荀彧
  5. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  6. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命

三國志雑学

  1. 苦肉の策(笑)
  2. 反董卓軍010
  3. 周倉
  4. 呉蜀赤壁の戦い


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 坂本龍馬チビ説
  4. キングダム
  5. 白い象に乗っている木鹿大王(南蛮族)

おすすめ記事

唐周(とうしゅう) 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 鮑三娘(関索の妻) 関索の嫁・鮑三娘はチョー美人だった!? 海上での戦いの孫権 樊城の戦いで関羽を破った孫権、この戦いは失策だったのか? 法正 もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】 玉璽 古代中国の玉器と印鑑の使用用途は?宋代にも玉璽はあった? ツンデレ曹丕 実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは? 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!? 西園寺公望 西園寺公望とはどんな人?最後の元老であり教育者としての評価は?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP