ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

この記事の所要時間: 214




曹操 耳で聞いて覚える三国志

 

皆さんはゲームやマンガ、アニメなど色々なものがきっかけで、

三国志を知ったと思います。

そしてもっと深く三国志を知りたいと思っている方もいるのではないのでしょうか。

しかし小説は読んでいると眠くなってくるし、かといって三国志のマンガはいっぱいあるからどの本を読んでいいかわからない。

そんな読者の方にこの三国志のマンガをお勧めしたいと思います。




新三国志「蒼天航路」

極厚 蒼天航路(1) (KCデラックス モーニング)

 

私がお勧めする三国志のマンガは、「蒼天航路」です。

三国志のマンガというと蜀の劉備が主人公で、悪役が曹操。

そして、劉備を中心として三国志の物語が進んでいくのが、

基本なのですがこの漫画は違います。

この漫画は曹操が主人公という今までの三国志の基本を打ち破った新しい三国志です。




「蒼天航路」の見どころその1:物語に入りやすい

蒼天航路(6) (モーニングコミックス)

 

「蒼天航路」は曹操を主人公として彼を中心として物語が描かれて行く、

全く新しい三国志です。

そんな蒼天航路の見どころを紹介していきたいと思います。

蒼天航路の見どころその1としては、

三国志を全く知らない人や三国志を好きでたまらない歴史マニアまで、

話に入りやすいマンガです。

そして三国志演義と正史「三国志」をベースにしているため、

曹操にまつわる事件も独自の視点の元で詳細に描かれています。

その事件も読者の方に読みやすい描かれ方をしているので、

読みやすくなっていると思います。

 

「蒼天航路」の見どころその2:個性豊かなキャラクター達

極厚 蒼天航路(8) (KCデラックス モーニング)

 

蒼天航路の特徴その2としては個性豊かなキャラクターが大勢いることです。

この漫画の主人公である曹操はもちろん個性が際立っており、

一度見たら印象付けられること間違いなしですが、

ほかのキャラクターも非常に個性豊かです。

例えば荀彧は正史「三国志」では「王佐の才」と言われ、

曹操から「我が張子房(ちょしぼう)」とたたえられた人物です。

彼の風貌は正史三国志の作者である陳寿によると

「涼しげな風貌を持った人物」と評価しております。

しかし蒼天航路の荀彧は非常に明るい人物で曹操軍のムードメーカ的な存在として

描かれております。

また曹操のライバルである劉備は、農民丸出しの言葉遣いで描かれており、

非常に親近感が沸くキャラクターです。

このように個性豊かなキャラクター達が蒼天航路を盛り上げております。

 

蒼天航路の見どころその3:正史三国志と三国志演義の融合と迫力あるシーンの数々

蒼天航路(30) (モーニングコミックス)

 

「蒼天航路」は三国志演義の内容と正史三国志を融合させ、曹操を主人公として描いている作品で、

色々な三国志のマンガが出ている中で、珍しい三国志マンガといえます。

また戦いの描写など非常に迫力があり、臨場感を感じさせます。

呂布と曹操の兗州攻防戦では、曹操が呂布に一騎打ちを挑んでいるシーンがあり、

この時の呂布の表情や一騎打ちのバトルシーンは非常に迫力のある場面となっております。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

まだまだ蒼天航路の魅力はいっぱいありますが、その魅力は読者の皆さんに

感じてもらいたいと思います。

一つ言えることはこの「蒼天航路」を読めば、

三国時代を非常によく理解できるということです。

始皇帝が生きた時代を楽しく、詳しく知りたいなら「キングダム」がお勧めです。

三国志の事を詳しく知りたいなら「蒼天航路」を読むことをお勧めします。

ぜひみんなさん読んでみてください。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だっ…
  2. 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く
  3. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)…
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  5. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ…
  6. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  7. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part3
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言
  2. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路】
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3】
  4. 4話:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる
  5. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  6. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった! 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

おすすめ記事

  1. 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  2. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  3. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  4. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者
  5. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】
  7. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将
  8. 悲しみの巨人、兀突骨(ごつとつこつ)は実在してた?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP