広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

この記事の所要時間: 214




曹操 耳で聞いて覚える三国志

 

皆さんはゲームやマンガ、アニメなど色々なものがきっかけで、

三国志を知ったと思います。

そしてもっと深く三国志を知りたいと思っている方もいるのではないのでしょうか。

しかし小説は読んでいると眠くなってくるし、かといって三国志のマンガはいっぱいあるからどの本を読んでいいかわからない。

そんな読者の方にこの三国志のマンガをお勧めしたいと思います。




新三国志「蒼天航路」

極厚 蒼天航路(1) (KCデラックス モーニング)

 

私がお勧めする三国志のマンガは、「蒼天航路」です。

三国志のマンガというと蜀の劉備が主人公で、悪役が曹操。

そして、劉備を中心として三国志の物語が進んでいくのが、

基本なのですがこの漫画は違います。

この漫画は曹操が主人公という今までの三国志の基本を打ち破った新しい三国志です。




「蒼天航路」の見どころその1:物語に入りやすい

蒼天航路(6) (モーニングコミックス)

 

「蒼天航路」は曹操を主人公として彼を中心として物語が描かれて行く、

全く新しい三国志です。

そんな蒼天航路の見どころを紹介していきたいと思います。

蒼天航路の見どころその1としては、

三国志を全く知らない人や三国志を好きでたまらない歴史マニアまで、

話に入りやすいマンガです。

そして三国志演義と正史「三国志」をベースにしているため、

曹操にまつわる事件も独自の視点の元で詳細に描かれています。

その事件も読者の方に読みやすい描かれ方をしているので、

読みやすくなっていると思います。

 

「蒼天航路」の見どころその2:個性豊かなキャラクター達

極厚 蒼天航路(8) (KCデラックス モーニング)

 

蒼天航路の特徴その2としては個性豊かなキャラクターが大勢いることです。

この漫画の主人公である曹操はもちろん個性が際立っており、

一度見たら印象付けられること間違いなしですが、

ほかのキャラクターも非常に個性豊かです。

例えば荀彧は正史「三国志」では「王佐の才」と言われ、

曹操から「我が張子房(ちょしぼう)」とたたえられた人物です。

彼の風貌は正史三国志の作者である陳寿によると

「涼しげな風貌を持った人物」と評価しております。

しかし蒼天航路の荀彧は非常に明るい人物で曹操軍のムードメーカ的な存在として

描かれております。

また曹操のライバルである劉備は、農民丸出しの言葉遣いで描かれており、

非常に親近感が沸くキャラクターです。

このように個性豊かなキャラクター達が蒼天航路を盛り上げております。

 

蒼天航路の見どころその3:正史三国志と三国志演義の融合と迫力あるシーンの数々

蒼天航路(30) (モーニングコミックス)

 

「蒼天航路」は三国志演義の内容と正史三国志を融合させ、曹操を主人公として描いている作品で、

色々な三国志のマンガが出ている中で、珍しい三国志マンガといえます。

また戦いの描写など非常に迫力があり、臨場感を感じさせます。

呂布と曹操の兗州攻防戦では、曹操が呂布に一騎打ちを挑んでいるシーンがあり、

この時の呂布の表情や一騎打ちのバトルシーンは非常に迫力のある場面となっております。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

まだまだ蒼天航路の魅力はいっぱいありますが、その魅力は読者の皆さんに

感じてもらいたいと思います。

一つ言えることはこの「蒼天航路」を読めば、

三国時代を非常によく理解できるということです。

始皇帝が生きた時代を楽しく、詳しく知りたいなら「キングダム」がお勧めです。

三国志の事を詳しく知りたいなら「蒼天航路」を読むことをお勧めします。

ぜひみんなさん読んでみてください。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 



よく読まれている記事

真田丸 劉備

 

よく読まれている記事:みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

 

黒田廉

■自己紹介:

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

■歴史人物:

張遼孟嘗君、張作霖など

■何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  2. 連環の計って、どんな作戦?
  3. KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウ…
  4. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!…
  5. 洛陽から発見された玉璽は本当に価値があったの?
  6. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っ…
  7. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  8. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  2. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!
  3. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】
  4. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!
  5. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言葉を分かりやすく!
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった!? 【キングダム】転職によって人生を劇的に変えた李斯(りし) 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 諸葛孔明の影に隠れる劉備 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした! 倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ!

おすすめ記事

  1. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  2. 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】
  3. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  4. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  5. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  7. 105話:曹操軍20万vs蜀の歴代最強メンバー【漢中争奪戦】
  8. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP