よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




一周年曹操

 

はじさんを応援して下さる皆様のお陰で、はじさんは1周年を迎えました。

そして、毎日毎日、更新され続けた記事は740記事に到達しています。

しかし、記事数が膨大になった結果、サイトから検索するのが困難になった古い記事も存在しています。

そこで、はじさんでは、サイト内記事まとめを行い、テーマごとにまとめ記事を作成する事に致しました。




これを読むとキングダムがより面白くなる始皇帝と秦帝国

 

はじさんは、はじめての三国志ですが、その歴史の流れを理解してもらう為に

キングダムの春秋戦国時代楚漢戦争時代なども扱っています。

そこで、はじさんの過去記事から、これを読むと、キングダムがより面白くなる

というコンテンツを紹介致します。




なんと秦は三流国家だった?

始皇帝 はじめての三国志

・秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

https://hajimete-sangokushi.com/2014/11/15/post-197/

 

現在でも人気があるはじさん初期の記事、キングダムでは強国とされている

秦が実は建国当初は田舎の三流国だった事実を書いています。

誰も来ないから実力主義で経歴の傷を見ないようにした・・

曹操(そうそう)の唯才令にも通じる秦の実力主義の始まりです。

 

始皇帝がブサメンだったから秦は15年で滅びた?

始皇帝 死ぬ

 

始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/07/30/post-4883/

 

自己顕示欲の塊だった始皇帝(しこうてい)は天下を統一した

自身の顔を万民に見せようと全土を巡幸して回ります。

しかし、始皇帝が自分の顔をどうイケメンイメージしていようと

庶民にとっての始皇帝は、ただの中年太りのオッサンでした。

「なんだよ、あんなの大したことねーww」

始皇帝が自分を見せつけまくった結果、秦帝国の寿命は縮むのです。

 

始皇帝はどうしてねじくれたの?

政 キングダム

・秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/09/post-5669/

 

・秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/11/post-5717/

 

・秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/12/post-5726/

 

晩年には、不老不死の情熱と猜疑心の塊になった始皇帝ですが、

もちろん、生まれた時からそうだったわけではありません。

なので、始皇帝幼少期、青年期、晩年期の記事もあります。

通しで読むと始皇帝の変貌していくのが分かります。

 

始皇帝は、どうして水銀を飲んだの?

不老不死 始皇帝

・始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/07/post-5636/

 

始皇帝が不老長寿の霊薬と信じた水銀、でも今のイメージだと

水銀は猛毒、「何でこんなもの飲むの?」と思ってしまいます。

そこには、水銀の性質が大きく関係していました。

化学的な見地から見た、始皇帝水銀服用の理由をご覧下さい。

 

死んでからもスケールでけー!始皇帝陵の秘密

キングダム 政

・【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

https://hajimete-sangokushi.com/2015/10/25/post-6825/

 

紀元前209年に死去した始皇帝ですが

彼のスケールの大きさは生前だけに限りませんでした。

即位と同時に建設が開始された始皇帝陵にはある秘密があったのです。

 

キングダムネタバレ、始皇帝と信はどうなった?

信 キングダム

 

・【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/28/post-2882/

 

大人気漫画、キングダム、秦王政(せい)と信(しん)

天下統一後にはどうなるのか?

そこには、あまりにも悲しい結末が待っていました。

 

滅びゆく秦、そしてその後の中国は・・

項羽と劉邦

・滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

https://hajimete-sangokushi.com/2014/11/16/post-201/

 

始皇帝死去後も激動の中国の歴史は止まりません。

秦を支えようと必死で戦う名将章邯(しょうかん)

秦を打倒しようと立ちあがる農民反乱の主導者陳勝(ちんしょう)

百姓あがりの大親分、劉邦(りゅうほう)そして

中国史上最強の将軍項羽(こうう)!!

秦が滅びた後を一気呵成に書いたコンテンツです。

 




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事をまとめた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  2. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】
  3. 【もう一つの三国志】司馬師暗殺計画の裏側
  4. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  5. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  6. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里…
  7. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこ…
  8. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 対立する西郷隆盛と大久保利通
  2. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。
  2. 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く
  3. 【三国志トランプ】人物の説明文がトホホな人たち 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  4. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  5. キングダム 528話 ネタバレ予想:橑陽の牙
  6. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

武田信玄は城を持たなかった、その理由は? ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』 【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ? 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった 6話:三国志は黄巾の乱から始まった 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!

おすすめ記事

  1. 【9月の見どころ】9/9公開予定:本能寺の変に黒幕はいなかった! 衝撃の明智光秀単独犯説
  2. 読者の声(2018年10月28日〜11月5日)
  3. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  4. 三国志武将の顔を飾ったおヒゲには沢山の種類があった
  5. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  6. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 真田丸 武田信玄
  7. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった
  8. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP