呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました




一周年曹操

 

はじさんを応援して下さる皆様のお陰で、はじさんは1周年を迎えました。

そして、毎日毎日、更新され続けた記事は740記事に到達しています。

しかし、記事数が膨大になった結果、サイトから検索するのが困難になった古い記事も存在しています。

そこで、はじさんでは、サイト内記事まとめを行い、テーマごとにまとめ記事を作成する事に致しました。




これを読むとキングダムがより面白くなる始皇帝と秦帝国

 

はじさんは、はじめての三国志ですが、その歴史の流れを理解してもらう為に

キングダムの春秋戦国時代楚漢戦争時代なども扱っています。

そこで、はじさんの過去記事から、これを読むと、キングダムがより面白くなる

というコンテンツを紹介致します。




なんと秦は三流国家だった?

始皇帝 はじめての三国志

・秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

https://hajimete-sangokushi.com/2014/11/15/post-197/

 

現在でも人気があるはじさん初期の記事、キングダムでは強国とされている

秦が実は建国当初は田舎の三流国だった事実を書いています。

誰も来ないから実力主義で経歴の傷を見ないようにした・・

曹操(そうそう)の唯才令にも通じる秦の実力主義の始まりです。

 

始皇帝がブサメンだったから秦は15年で滅びた?

始皇帝 死ぬ

 

始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/07/30/post-4883/

 

自己顕示欲の塊だった始皇帝(しこうてい)は天下を統一した

自身の顔を万民に見せようと全土を巡幸して回ります。

しかし、始皇帝が自分の顔をどうイケメンイメージしていようと

庶民にとっての始皇帝は、ただの中年太りのオッサンでした。

「なんだよ、あんなの大したことねーww」

始皇帝が自分を見せつけまくった結果、秦帝国の寿命は縮むのです。

 

始皇帝はどうしてねじくれたの?

政 キングダム

・秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/09/post-5669/

 

・秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/11/post-5717/

 

・秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/12/post-5726/

 

晩年には、不老不死の情熱と猜疑心の塊になった始皇帝ですが、

もちろん、生まれた時からそうだったわけではありません。

なので、始皇帝幼少期、青年期、晩年期の記事もあります。

通しで読むと始皇帝の変貌していくのが分かります。

 

始皇帝は、どうして水銀を飲んだの?

不老不死 始皇帝

・始皇帝は不老不死を求めて何で水銀を飲んだの?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/09/07/post-5636/

 

始皇帝が不老長寿の霊薬と信じた水銀、でも今のイメージだと

水銀は猛毒、「何でこんなもの飲むの?」と思ってしまいます。

そこには、水銀の性質が大きく関係していました。

化学的な見地から見た、始皇帝水銀服用の理由をご覧下さい。

 

死んでからもスケールでけー!始皇帝陵の秘密

キングダム 政

・【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

https://hajimete-sangokushi.com/2015/10/25/post-6825/

 

紀元前209年に死去した始皇帝ですが

彼のスケールの大きさは生前だけに限りませんでした。

即位と同時に建設が開始された始皇帝陵にはある秘密があったのです。

 

キングダムネタバレ、始皇帝と信はどうなった?

信 キングダム

 

・【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?

https://hajimete-sangokushi.com/2015/05/28/post-2882/

 

大人気漫画、キングダム、秦王政(せい)と信(しん)

天下統一後にはどうなるのか?

そこには、あまりにも悲しい結末が待っていました。

 

滅びゆく秦、そしてその後の中国は・・

項羽と劉邦

・滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

https://hajimete-sangokushi.com/2014/11/16/post-201/

 

始皇帝死去後も激動の中国の歴史は止まりません。

秦を支えようと必死で戦う名将章邯(しょうかん)

秦を打倒しようと立ちあがる農民反乱の主導者陳勝(ちんしょう)

百姓あがりの大親分、劉邦(りゅうほう)そして

中国史上最強の将軍項羽(こうう)!!

秦が滅びた後を一気呵成に書いたコンテンツです。

 




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

兵馬俑 kawauso

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

兵馬俑

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

この記事をまとめた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)
  2. はじ三の生き字引!kawausoが読者の疑問に答えます
  3. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実に…
  4. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  5. 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第12部
  7. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 71話:黄祖に邪険にされ、甘寧は孫権に寝返る
  8. 顔良を討ち取る関羽 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏延
  2. 三国志時代の牢獄
  3. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  4. 馬超と韓遂
  5. 夏侯惇
  6. 劉邦

おすすめ記事

  1. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1 曹丕
  2. プチャーチンの世界史、日本来航に隠された理由
  3. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった
  4. 【東の本多忠勝と西の立花宗茂】凄いのはどっち?凄さを比較してみた 立花宗茂
  5. キングダム595話休載スペシャル「羌瘣の巫舞の元ネタは何?」 羌瘣
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】

三國志雑学

  1. 魏から蜀に下る姜維
  2. 北条氏康
  3. 董卓を倒す呂布
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 司馬懿と曹爽
  3. 王翦
  4. 司馬懿
  5. スサノオノミコト(日本神話)

おすすめ記事

龐統 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌 【8月の見どころ】8/30公開予定:関羽千里行が可能だったのはカバだから? 三国志の地図(州) 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 【シミルボン】忘年会の余興にいかが?三国志時代に流行したスポーツ撃壌 13話:霊帝の後継者争い、劉協と劉弁、二人の皇子を巡り蹇碵と何進は争う 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か? そういえば曹操の墓が見つかったけど本物なの? これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP