ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理

2016年6月7日


監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



春秋戦国時代の晏嬰に学ぶ統治者の条件とは・・

 

 

春秋戦国時代、戦国七雄の一国、斉に仕えた宰相に

晏嬰(あんえい:?~紀元前500年)がいます。

 

彼は、諸葛亮孔明が、無名時代に口ずさんだ、

梁父吟(りょう・ほ・ぎん)にも登場し孔明が尊敬した名宰相でもあります。

 

彼が、斉の霊公に対して行った進言を元に舛添都知事の

スキャンダルやホリエモン発言を考えてみましょう。

 

世の中に悪しき風習が流行している、これをどうしたら良いか?

 

霊公が在位していた時代、斉では女性が男装するのが大流行しました。

この時、霊公は、風紀が乱れるとして取り締まろうとしますが、

男装の風潮は一向に収まる気配がありません。

 

困り果てた、霊公は、晏嬰を呼び出し、

どうしたら、男装の流行が止まるのか相談しました。

すると、晏嬰は抜本的な事をズバリと言い、悪しき流行を止めます。

 

晏嬰曰く、あなたの妃の男装を止めさせれば収まります

 

実は、男装が流行した原因は、霊公の妃でした。

彼女がファッションとして男装しだし、やがて周囲の女性が真似、

それが斉国、全般に波及して行ったのです。

 

晏嬰「あなたの仰る事は、まるで筋が通りません。

まず、宮廷内で流行する妃の男装を止めさせて下さい。

問題の根源を放置しておいて、その波及を止めようとするから間違います。

それはあたかも、牛の頭を看板にして馬の肉を売るようなものです」

 

霊公は、晏嬰に言われて、ハッとし、妃に男装を止めさせると、

国内での流行も嘘のように収まりました。

 

やがて、この牛頭馬肉が、羊頭狗肉という故事成語になり、

言っている事とやっている事が違うという意味になるのです。

 

社会に影響力を持つ政治家の腐敗は、社会の腐敗に繋がる

 

晏嬰の指摘は非常に重要で、つまり社会に影響力がある人間の倫理の低下は

その社会を汚染して、庶民のモラル低下を招くと言っているのです。

だからこそ、晏嬰は、霊公を厳しく批判し、妃の素行を改めさせなさい

そうすれば、民衆の行いも改まると主張したのですね。

 

公人である都知事のスキャンダルは、社会道徳を低下させる・・

 

さて、都知事は、ただ仕事が出来るからのみで選ばれているのではありません。

都知事が公務中は正装し、公務では送迎車をつけられるのは、

都民を代表する責任ある立場だからであり、そこには、都民の模範となる

道徳心や公共心を発揮する事が求められます。

 

古来の帝王も、民衆の負担にならないように贅沢を戒め、

節度を守る事が求められました。

そこには、民衆の模範になる統治者という公人の立場があったのです。

 

そもそも、舛添都知事の公金横領とされる部分も、

都の財政から考えれば僅かな金額ですがそれでも問題になるのは、

これが一般社会でも倫理的に悪いとされるからです。

 

堀江貴文氏の意見は、都民の模範になるべき都知事の役割が欠落した意見

(写真引用元:U-NOTE

 

堀江貴文氏の「舛添さんは仕事出来るんだから、些細な罪は、

大目に見て仕事をさせればいい」という意見は、都知事が公人であり、

都民の模範となる態度を示さないといけないという部分を汲んでいません。

 

これが民間の企業であれば、これだけ大きな問題にならないでしょう、

そこにも、都民の模範になるべき、都知事にこんな不正をやってもらっては

社会にも悪影響になるという考えがあるからなのです。

 

「都知事もやっているから俺もやる!」というのは褒められたものではないですが、

倫理を放置して、ただ仕事の能力だけで見ていいなら、仕事さえ出来れば、

倫理は問わないという風潮が生まれ、堀江氏の言う、清貧の人もいなくなり、

政治家も民間も不正ばかりが蔓延るようになるでしょう。

 

これを摘発する為に使われる警察の費用も不正で無駄になるお金も

元々は国民の血税であり馬鹿にならない、そうなるのではないでしょうか?

 

関連記事:晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰

関連記事:これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!

関連記事:【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-はじめての変
-,