ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事




曹操 劉備 呂布 酒

 

三国志の時代の人々は、どんなものを食べていたのでしょうか?

現在のイメージでは、中華料理のような脂っこい食事を連想しますが、

意外や、意外、当時のご馳走は、現代の日本人でも食べたくなるような、

居酒屋風の日本人好みの味付けもあったりするのです。

それでは、斉民要術という古代中国の料理書に実際に記された、

三国志の時代の料理と調理法を見ていきましょう。




お通しに最適、鱠(なます)

居酒屋 なます

 

居酒屋といえば、注文を取りにくると同時に出されるお通しは外せませんね。

冷や奴だったり、枝豆だったり、簡単な煮物だったりしますが、

こういう小皿の一品が出ると、居酒屋へ来た感、満載でテンションが上がります。

 

さて、三国志の時代には、鱠というお通しに最適な料理がありました。

鱠は、川魚の肉を細かく切り刻み、葱や山椒、香草のような薬味と共に、

魚醤(ジャン)をかけて頂くという料理です。

 

春秋戦国時代の思想家、孔子(こうし)や、三国志の名参謀、

陳登(ちんとう)の好物だったと言われている鱠。

いかにも、さっぱりしていて、夏場なんかはビールに合いそうです。

 

関連記事:【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?




居酒屋と言えば、ガッツリお肉 腩炙(なんしゃ)

曹操

 

いきなりですみませんが、皆さんは、

居酒屋で低カロリーの料理ばかり注文してる奴を見るとムカつきませんか?

 

てめえ、何しに居酒屋に来たんだよ!折角、居酒屋に来たんだから、

注文するなら肉に決まってんだろうが!!

にーく!ニーク!肉!肉!お肉!肉サイコー!ヒューッ!!(発作)

 

ところで、三国志の時代にも腩炙というあぶり肉の料理が存在しました。

造り方は、牛、豚、羊、鶏、なんの肉でもいいので、何かの肉を

包丁で一口大の大きさのブロックに切ります。

 

次に、長ネギの白い所を細かく刻んだものと

塩、豆板醤を混ぜ合わせたタレを用意して、

タレの中にブロック肉をしばらく浸すのです。

 

そのあとは、タレのしみた肉を鉄串に通して、強火で回しながら炙ります。

こんがりと赤く焼き色がついたら完成です。

こちらの腩炙、かぶりつくと、肉汁が口中に溢れ出て大変に美味です。

 

三国志居酒屋

 

このゆるーいイラストは3世紀、ちょうど、三国志の時代の

壁画を参考にしたものですが部下の男が三又の串を主君に

「焼けたようですよ」と差し出しています。

この串肉が、恐らく腩炙でしょう。

 

ビールと言えば、ソーセージだろが! 灌腸(かんちょう)

呂布と劉備

 

さて、燃えるゲルマン魂ではありませんが、

ビールと言えば脂っこいつまみ、ポテトもいいですが、

やはりソーセージは欠かせないそうは思いませんか?

 

このビールとの相性抜群のソーセージは、

灌腸という名前で三国志の時代にも存在していました。

名前がカンチョウで、材料が羊の腸なので食欲が減退しそうですが、

灌(かん)とは、洗い流すという意味なので、御心配なく・・

 

この灌腸は、ドイツの場合と同じで、羊の肉を使います。

まず、羊の肉を細かく刻む・・つまりミンチにしてしまいます。

そして、ミンチ肉に、白ネギのみじん切り、豆板醤、生姜、

そして、椒末(しょうまつ:トウガラシの一種?)を加えて、

薄く塩味になるように味を調えます。

 

それから、羊の腸を取りだし、内容物を抜き取ってから裏返し

たっぷりの水で臭みが取れるまで綺麗に洗います。

 

こうして、味を調えたミンチ肉を腸に詰めて、両端を縛り

火で炙ると、香ばしい灌腸が完成します。

燻製にはしませんが、これまんまのソーセージですよね(笑)

 

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!

関連記事:三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

斉民要術は、成立が6世紀なので、三国志の時代より少し後の内容も

含まれますが、周辺異民族や、遠くローマの文物が入ってきて、

かなり多様になった食文化の一端が見てとれます。

それにしても、今回紹介した料理、現代日本の居酒屋メニューかと

思う程にお酒が合いそうです。

 

三国志の英傑達も、もし現代にタイムスリップしてきても、

居酒屋に招待すれば、美味しい、美味しいと料理を食べてくれるのでは

ないでしょうか?

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

関連記事:三国志時代にタイムスリップしたらあなたはどこに仕えたい?魏?呉?それとも蜀?

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?

 

関連記事

  1. そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題
  2. 孫権の遺言で丞相に就任する諸葛恪 諸葛恪は諸葛亮からあれをパクッていた!?
  3. 袁術と孫策 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 董卓 まだ漢王朝で消耗してるの?第1話:改革なき破壊者 董卓
  5. 三国志のモブ 反乱 【悲報】徐州虐殺が曹操の中華統一を阻止した事実
  6. 関羽VS華雄 21話:汜水関の戦いの功労者
  7. 【桓騎 vs 慶舎】黒羊の戦いは史実にあるの?本当にあった戦いな…
  8. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【ビジネス三国志】便利な人で終わらない重んじられる技術

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備軍 曹操軍
  2. 新選組の土方歳三
  3. 孔明VS曹操
  4. 司馬懿と司馬師
  5. 諸葛喬
  6. 曹叡

おすすめ記事

  1. キングダム 533話 ネタバレ予想:失われた士気
  2. 呂蒙、名将になるための3ステップを公開 勉強に励んで文字も読めて賢くなる呂蒙
  3. 【告知】8月のはじ三のスペシャル記事をピックアップ紹介 はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第5部 郭嘉の本
  6. 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介

三國志雑学

  1. 徐晃と夏侯淵
  2. 曹丕
  3. 関羽
  4. 激怒する関羽


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. ホウ煖(龐煖)
  2. 阿会喃(あかいなん)と猛獲
  3. 顔良を討ち取る関羽
  4. 魯粛、孫権、孔明
  5. 織田信長
  6. はじめての三国志 画像準備中
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

キングダム52巻 キングダム585話ネタバレ予想vol2兵糧切れはどうなるの? 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だった? はじめての三国志 画像準備中 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 蜀の劉備 これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる 曹操 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔? 司馬懿 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 華佗(華陀) 三国時代のブラックジャック?華佗とはどんな人物? 肉を食べる曹操 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP