架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

みんな大好き王騎の副官・騰将軍の仕事は意外に激務だった!

この記事の所要時間: 327




7-3_騰将軍

 

漫画キングダムでは、龐煖(ほうけん)の刃に倒れた

王騎(おうき)の軍勢を引き継ぎ、秦を支える将軍として

随所で活躍する騰(とう)将軍。

一見、ポーカーフェイスで、何も悩みが無さそうな彼ですが、

彼の仕事である内史(ないし)は、結構な激務だったのです。

 

関連記事:騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍




騰が務めた内史とは、結構ハードな仕事だった。

 

騰は、字も名も伝わっておらず、ただ、内史騰とのみ伝わっています。

内史とは、職名であり、名前ではないので、今風に言えば、

騰営業部長のような肩書で記録された事になります。

 

なお、最近出土した、秦の時代の法律を記した木簡、

雲夢睡虎地秦簡では「語書」に南郡の郡守として騰の名が見えます。

騰は、武官として韓を滅ぼしたりしているので、

文武二足のわらじを履いて勤務していた事になるのです。

 

もっとも、当時は文官と武官が明確に分かれていないので、

特に珍しい事ではなく、蒙恬(もうてん)も内史でありながら

斉討伐時の将軍として戦っています。




官営の倉庫の把握、牛の管理、部下の給与請求、忙しい内史

photo credit: Blurred via photopin (license)

photo credit: Blurred via photopin (license)

 

 

騰が受け持っていたのは、治粟(ちぞく)内史という職業です。

 

その仕事の行政上の位置づけは、図で確認して欲しいのですが、

おおよそ、5種類に分けられます。

 

1官の蔵に入れられた穀物、馬草、わらの数量を丞相府に報告する。

2官で飼育している牛の飼育状況を丞相府に報告する。

3廃棄処分する公的製品の報告と輸送

4官吏の給料を請求する為の、人員と費用を丞相府に報告する。

5囚人の衣服の支給とその管理作業

 

これらの仕事の最終チエックを内史は配下の大倉(だいそう)と

大内(だいない)を使って行っていたわけですね。

 

関連記事:炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?

 

官営の倉の出納はかなり頻繁だった。

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

photo credit: Hydrangea via photopin (license)

 

秦は、商鞅の変法で、六国に先駆けて郡県制を採用していました。

県で上った収獲は、官営の倉に納められ、軍隊はこの倉の食料で、

動く事になっていました。

 

ですので、実際の倉の中の穀物と帳簿が合わないと、

実際の作戦行動に支障をきたすので、倉の出納は

毎回チェックされ帳簿に記録されて、内史にあげられました。

 

つまり、収穫時や軍を動かしている時は、頻繁に倉から、

物資が出入するので、内史の帳簿チェックは膨大な量に

登った事でしょう。

 

牛が死んだら連帯責任、厳しい秦の法律

許チョ

 

睡虎地秦簡には、実際に官が飼育する牛を

死なせてしまった場合の罰則についての記録が残っています。

 

今課県、都官公服牛各一課、卒歳、十牛以上而三分一死、

不〔盈〕十牛以下、及受服牛者卒歳死牛三以上、吏主者、徒食

牛者及令・丞皆有罪。内史課県、大(太)倉課都官及受服者

 

この意味は、平たくすると、一定年齢に達した官牛を

十頭以上飼育するもので、その中の3分の1の牛を死なせた者

十頭以下の牛を飼うもので、三頭以上の牛を死なせた者は、

 

その牛の持ち主、牛に餌をあげている人間、県令、

丞(県令の副官)これを皆、有罪とする。

県令と丞は、内史のチェックを受け、それ以外は大倉の

チェックを受けるという意味になります。

 

牛が死ぬと、所有者はもちろん、餌をあげる人、県令や丞まで、

有罪で処罰されるという規定で、かなり厳しいと言えます。

 

不手際が続くと、内史だって安泰ではなかった・・

ろうそく f

 

もちろん、内史とはいえ、チェック漏れや大倉、大内に

不手際があれば、監督不行き届きとして、連帯刑罰が下されます。

仕事についている間は、緊張の連続で、史実の騰は、

ファルファル言っている暇は無かったのではないでしょうか?

いや、むしろ逆に、仕事が厳しいので、戦場では緊張が解けて、

ファルファル言いたくなったのかも知れません。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

このように、騰のついていた仕事である内史を調べてみると、

戦場以外での騰の意外な姿が浮かび上がってきます。

実際の騰は、戦陣の傍ら、送られてくる書類に目を通し、

所轄の県令や丞を監督して回る、多忙な人だったのです。

 

 

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

関連記事:【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー



よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  2. 桓騎軍のDQN集団がヤバ過ぎる・・・何であんなのが配下に集まるの…
  3. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  4. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌…
  5. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…
  6. 阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族
  7. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  8. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  2. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  3. 小野小町(おののこまち)はどんな人?世界三代美女は謎だらけ
  4. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  5. 董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!
  6. 劉備の観察眼をもってしても見破ることのできなかった人物Xとは?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 曹丕はどうやって後継者争いに勝ち残って魏の初代皇帝になれたの? キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう! 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?

おすすめ記事

  1. 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム?
  2. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統
  3. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3
  4. 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権
  5. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」
  6. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  7. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ
  8. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP