キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?

この記事の所要時間: 44




王騎 キングダム

 

王騎(おうき)、摎(きょう)、麃公(ひょうこう)、一体どれだけの勇者が、龐煖(ほうけん)の餌食になった事でしょう?

自他共に認める武神であり、自分以外の強者は絶対に認めないという、

エキセントリックな理由で山を降りて人を殺しまくる

信じられん事ですが、彼は実在の人物です、どうして、龐煖は、

こんな特異なキャラになったのでしょうか?

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

関連記事:『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪




道家として修業しつつ、軍略にも関心を示す

龐煖

 

龐煖は、若い頃、今で言うスピリチュアルな人物だったようです。

楚の山奥に籠った彼は、鶡冠子(かつかんし)という道教の師に仕えて、

天と武の関係について問答していたようです。

 

 

なるほど、キングダムの龐煖が、やたらに山に籠り、大木をバッタバタ

斬っているのは、元キャラの龐煖が、山で修業していた事にヒントを

得ていると言えなくありません。

 

ですが、年中、山に籠っていたわけではないようで、

劇辛(げきしん)のような、武将とも交遊があり、劇辛は龐煖を

「気さくで親しみやすい」と評しています。

 

キングダムの龐煖は、凡そ会話が成立しないレベルの自己中ですが、

史実の龐煖は、弁舌も爽やかだったようで縦横家でもあったそうです。

ここは、キングダムの龐煖とは正反対ですね。

 

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?

関連記事:老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた




キングダムの時代では、80過ぎの老人?

 

龐煖は実在の人物です、生没年は大雑把な事しか分からず、

紀元前4世紀末から紀元前3世紀後期とされています。

 

しかし、記述には趙の武霊王(紀元前340~紀元前295)と問答した

とありますし、最期の記述では、紀元前236年に趙軍を率いて、

燕を攻めていると記述されています。

 

武霊王の最晩年に、龐煖が20歳だったとして、紀元前236年前後に

死去したと考えたとしても、79歳まで生きた事になります。

 

ですが、武霊王のような王と20歳の若輩者が対等に話せるも思えないので

どうみても30歳前後として、亨年89歳、相当な長寿です。

もしかして、不老長寿の術でも習ったのでしょうか?

 

キングダムの龐煖は、若者ではありませんが、だからって、

80オーバーの老人ではありません。

この部分は、キングダムのオリジナルと言っていいでしょう。

 

関連記事:赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

関連記事:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

 

龐煖はめちゃツオイ武神だったの?

 

ああ成程、武神ね、大きな長刀を振りまわし、一振りすれば、100名位の

敵兵の胴がちょん切れて吹き飛び、一人いれば万の大軍にも当たれる・・

 

そんな人間が実在してたまるかあアアアア!!!!!

 

とブチ切れるのも大人気ないので、ちょっと考えてみましょう。

龐煖は、道家の修行と同時に縦横家でもあり、また兵法家でもありました。

かなりのマルチ人間だったのです。

 

そんな龐煖は、趙で50年以上仕えてから、紀元前245年、

趙で廉頗と楽乗という二人の将軍が交戦して、国外に逃亡したのを契機に

悼襄王(とうじょうおう)の命令で、突如、将軍に任命されます。

 

どう見たって、70歳は過ぎてからのいきなりの将軍就任です。

当初は誰も、龐煖を知らず、侮られますが、彼は何のそので、

紀元前242年には、燕を攻めて、大昔からの知り合い、劇辛の率いる

2万の軍勢を撃ち破り、劇辛を討ち取るなど手柄を立てると、

紀元前241年には、趙、楚、魏、燕の4カ国を率いて、

秦の蕞(さい)を包囲するなど、素人とは思えない軍略と統率力を発揮します。

 

結局、合従軍は成功せず、腹いせに、合従しなかった斉を攻めて、

饒安を取ってから解散したようですが、この指揮官としての強さが、

キングダムでは、個人の武勇に化けていると考えれば、

まあ、武神だと言えなくはないと思います。

 

大予想!龐煖の死(最後)は紀元前何年?

 

キングダムは、一応、史実に沿って、キャラクターが死んでいます。

唯一の例外は、壁将軍位のものでしょう。

 

では、当然龐煖にも死(Xデ―)は存在するのでしょうか?

残念ながら、龐煖には戦死したという記述は存在しません。

と言う事は、ひっそりと大往生という事になるのか?

 

いえいえ、あれだけの主要キャラを殺してしまった男が、

のほほんと大往生なんて、キングダムファンが許さないでしょう。

 

では、Xデ―は、というと、煖が歴史書に出現しなくなる、紀元前236年。

そう、ちょうど今、桓騎や、王翦や、楊端和が攻めている趙の黒羊丘の戦いの部分です。

 

春秋戦国時代ライターkawausoの予想

kawauso 三国志

 

この年、史実では龐煖は燕を攻めていますが、秦の進攻を知ると、

軍を引きかえして、秦軍に立ち塞がるも、間に合わなかった

という事になっています。

 

つまりキングダムの漫画的には、今回の趙編が龐煖の最期を

迎える戦いという事になるでしょう。

 

関連記事:キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密

関連記事:これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

関連記事:黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河

関連記事:キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデルが存在した!

 

春秋戦国時代バナー




よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

兵馬俑 kawauso

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

キングダム 政

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

兵馬俑

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

始皇帝

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 黄河(こうが)とは何?どんな猛将も敵わない、最凶の暴れ河
  2. これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹…
  3. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ
  4. 董旻(とうびん)ってどんな人?董卓を補佐した弟の生涯に迫る!
  5. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  6. 【キングダム】知ってる?いよいよ楊端和がヤバいらしいよ
  7. 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されてい…
  8. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 亡くなる孫堅

おすすめ記事

  1. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/4〜12/10】
  3. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  4. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】
  5. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  6. 【真・三國無双 Online Z 攻略3】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

第11話:袁術くん「ミスコミュニケーション」の対策を劉表から学ぶ 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ 『100万人の三國志』がアーケードゲーム『三国志大戦』とコラボを開催中。「豪華コラボ限定武将」が獲得できる 袁術祭り開催日程のお知らせ 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの? 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽 篤姫はなぜ人気がある?大河ドラマヒットの法則

おすすめ記事

  1. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  2. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  3. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2
  4. 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編
  5. キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」
  6. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  7. 曹洪(そうこう)ってどんな人?地味で目立たないが、曹操を支え続けた忠臣
  8. 閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP