曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

抜き出た曹操

 

197年のことです。曹操(そうそう)袁術討伐に出かけましたが、飢饉のために兵糧不足に悩まされます。

 

関連記事:超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表


兵糧不足に曹操が取った行動が…

病気になった兵士

 

ろくに食べ物にありつけない兵士たちは、どんどん士気が下がり不満も溜まっていきました。このままではまずいと思った曹操はなんと、こんなことを言いだします。

 

「食料長が食べ物を横流ししたからだ!」

 

曹操 魏王

 

そしてバッサリと食料長を斬ってしまいます。かわいそうですね……。

 

曹操

 

兵士の気持ちはすっきりしたでしょうが、だからといって食料が戻ってくるわけでもありません。曹操はそこで、短期決戦で勝負をつけるぞ、と兵士を鼓舞し猛攻撃の末に袁術との戦いに勝利するのです。曹操は戦において、こんな奇策ともいえる権謀術数をいくつも考え出します。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!


近くに梅林があるぞ

すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ

 

曹操軍が、行軍中に水不足に悩まされたときのことです。

 

曹操は「近くに梅林があるぞ!」

 

と兵士たちを励ましました。兵士たちは、なんだか口の中が酸っぱくなってきて、喉の渇きを忘れたといいます。みんな大丈夫ですか……?だまされていますよ。


あいつが升を小さくした

現実主義曹操

 

これまた行軍中に食糧不足に陥った曹操は、食料担当者を呼び、なにかよい策はないかと尋ねます。担当者は曹操の機嫌をうかがってびくびくしながら升を小さくすれば、少ない兵糧も長持ちするのでは、と答えます。なるほどそれはいい、と曹操は採用しましたが、兵士たちにはすぐに気づかれてしまいました。

 

兵糧を運ぶ兵士

 

すると曹操は担当者を呼び出し、

「あいつが升を小さくして、食料を盗んだんだぞ」といい、兵士たちの目の前で首を斬り落としてしまい、さらにはさらし首にしたのです。曹操軍の食料担当になんて、なるものではありません。


罪は大将には及ばない

赤鎧を身に着けた曹操

 

行軍中、一面の麦畑に差し掛かりました。「大切な麦を踏んだものは、死罪に処す」と曹操は厳命したので、兵たちは馬を降り、麦を踏まないように進みました。ところが、曹操の馬が、何かの拍子に麦畑に突っ込んでしまいました。曹操は「俺の罪はどうなる?」と軍師に尋ねます。聞かれた軍師も命がけですよ、この恐ろしい質問は。

 

軍師は答えます。

 

「『春秋(しゅんじゅう)』によれば、罪は大将には及ばないそうです」

 

曹操

 

答えに満足した曹操は、

「そうだよな。でもまあ、示しがつかないし、これでいい?」と、自らの剣で髪を斬り落としたといいます。

 

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

関連記事:勝負下着の参考に!三国時代の下着ってどんなのだったの?

関連記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

関連記事:三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

関連記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 張飛が使う蛇矛
  3. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  4. 蜀の姜維

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP