キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦

この記事の所要時間: 914




孫武 ゆるキャラ

 

孫武(そんぶ)は呉の名将・伍子胥(ごししょ)と組んで、超弱国であった呉の国を隆盛に導き、

春秋の五覇へと押し上げた軍師として知られています。

 

ビル・ゲイツ

 

また彼は現代にもファンがたくさんいる兵法書「孫氏の兵法書」を書いた人物として

非常に有名な人物です。

そして孫武の子孫である孫臏(そんぴん)も「孫臏兵法(そんぴんへいほう)」を書物に

しておりますが、彼はどのような活躍をしていたのでしょうか。

今回は孫臏と彼が有名になった馬陵の戦いのいきさつや馬陵の戦いについて、

詳しくご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




蘇秦張儀の師に学ぶ

 

孫臏は斉の国で出身の人物です。彼は幼い時から学問に興味を持っており、

青年になると鬼谷(きこく)と言われる先生の元に弟子入りします。

この鬼谷と呼ばれる人物は各国に連衡(れんこう)と合従(がっしょう)の外交政策を説いた

蘇秦(そしん)張儀(ちょうぎ)の先生となる人物です。

孫臏は鬼谷の元に弟子入りすると外交術や謀略を学んでいきます。

この時彼は龐涓(ほうけん)と呼ばれる人物と仲良くなります、

彼と共に外交術と謀略術を学んでいき孫臏はこの学問に才能があるのか、

どんどん吸収していき、すぐに学ぶところを学びきってしまいます。

龐涓は孫臏がどんどん外交術や謀略術に長けていくのを傍で見ていると、

彼に嫉妬し始めます。




龐涓に仕事を斡旋してもらい魏へ向かう

photo credit: Verneigung via photopin (license)

photo credit: Verneigung via photopin (license)

 

孫臏は鬼谷の元を卒業すると、就活をしていなかった為

今後どうしようか龐涓に相談します。

龐涓は「俺はすでに魏の恵王の元で将軍になる内定をもらっているからな。

魏王に仕えて実績を積んだら、お前に役職を斡旋してやるよ」と約束します。

孫臏は非常に喜び「ありがとう龐涓。では楽しみに待っているよ」と固い約束をして、

分かれます。

そして数年後、孫臏の元に龐涓の使者がやってきます。

使者は「龐涓様がお呼びです。魏へ向かってくれますか。」と尋ねられます。

孫臏は龐涓の使者の言葉に快諾し、すぐに魏へ向かいます。

 

龐涓の罠に嵌ってしまう…

 

孫臏は魏へ到着すると龐涓と会う事ができませんでした。

しかし龐涓にあてがわれた宿舎に泊まり、彼が現れるのを気長に待ちます。

こうして数日龐涓を待ち続けついに彼から連絡を受け、龐涓の屋敷へと向かいますが、

彼の屋敷に着く事無くそのまま牢屋へぶち込まれてしまいます。

孫臏は自分がなぜ牢屋へぶち込まれているのか全く分からず、

牢屋の番人に「龐涓に会わせてくれ。」と懇願しますが、

番人は一切孫臏の言葉に耳を傾けることはありませんでした。

 

龐涓の嫉妬によって足を斬られてしまう

photo credit: Purple Tongue via photopin (license)

photo credit: Purple Tongue via photopin (license)

 

孫臏は牢屋にぶち込まれてから数日後、やっと外の世界に出ることができましたが、

役人と一緒でした。

そして彼はそのまま刑場へと連れていかれ両足を斬られてしまいます。

孫臏は激痛に耐え切れず、数分間大声をあげ続けると気絶してしまいます。

さらに役人は彼の両足を斬った後、

顔に「入れ墨」を入れて誰が見ても孫臏が罪人であることが分かるようにします。

龐涓は 役人から孫臏の両足を斬り、顔に入れ墨を入れて解き放った事を報告されると

口元に笑みを浮かべ大いに満足そうな顔を役人に向けます。

 

斉の使者と共に魏を脱出する

 

その後孫臏は刑場から出されて、そのまま放置されてしまいますが彼に幸運が訪れます。

彼に訪れた幸運とは魏に斉の使者がやって来た事です。

孫臏は自らの命がこのままでは終わってしまうと感じ、

命がけで斉の使者に会う事に成功し「お願いします。斉へ連れて行ってください。」と

懇願します。

斉の使者は孫臏の両足がない事と彼の必死の形相で懇願する姿に気圧され、

斉へ連れて帰る事にします。

孫臏は斉の使者が帰る時に、同行させてもらいなんとか魏の国から逃げることに、

成功します。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かな…
  2. キングダムの史上最悪の宦官、趙高(ちょうこう)はどうやって浮き上…
  3. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  4. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…
  5. 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官…
  6. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  7. 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの?
  8. 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた
  2. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  3. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり
  4. 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!
  5. 夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士
  6. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 【三国志ライフハック】好きな事だけを優先してやった曹操 近藤勇の首の行方は?新選組局長の最期の地をめぐる 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった! 遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは? 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝

おすすめ記事

  1. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】
  2. そうなの?諸葛亮はいい加減に歴史を覚えていた
  3. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  4. 大久保利通の政策は何?維新の十傑の思想に迫る
  5. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【11/13〜11/19】
  7. 劉備と劉邦
  8. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をてなずけた魏の文官

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP