キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書

この記事の所要時間: 511




孫子の兵法 wiki

 

歴史好きでなくても一度は聞いたことがあるのが、中国の兵法書である「孫子の兵法」。

孫子の兵法は、三国志よりもさらに昔の中国古代・春秋時代に活躍した孫武によって書かれた兵法書で、

戦争の記録を分析・研究し勝利を得るための指針を理論化したものです。

 

三国志でも多くの英雄が孫子の兵法を読み、数多くの戦績をあげました。

さらに、孫子の兵法は中国だけではなく、世界にもその影響を及ぼしました。

今回は、孫子の兵法を読んだ歴史上の人物とその活躍について紹介をしていきます。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる




三国志で一番の愛用者、曹操

孫子の兵法 曹操

 

曹操(そうそう)は、孫子の兵法を戦いだけでなく政治や人材育成にも活用していました。

その力の入れようはかなりのもので、なんと孫子の兵法を編集し直したのです。

その孫子の兵法を「魏武注孫子」(ぎぶちゅうそんし)といい、現代に残る孫子の兵法は「魏武注孫子」によって残されたものです。

 

関連記事:【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について

 




北伐で見る諸葛亮の孫子の兵法

孔明

 

北伐は、蜀が魏討伐に向け進軍する戦いです。

この戦いでも諸葛亮によって、孫子の兵法は活用されていました。

諸葛亮が北伐をする際に上奏した出師の表も、孫子の兵法に基づいて行われたものです。

出師の表により、蜀の皇帝劉禅や蜀の武将が、同じ気持ちで北伐に向かえる様に意思統一を図ったのです。

 

また、厳罰や兵の休暇についても孫子の兵法の影響がありました。

孫子の兵法には、「普段から、法令が公平適正に実施されていれば、民衆はよく服従する。」というものがあります。

諸葛亮は、これを厳格に守っていました。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

 

泣いて馬謖を斬る

孔明 司馬懿 役職

 

そのエピソードとして有名なのが、命令違反を犯した馬謖(ばしょく)を切り捨てたことです。

馬謖といえば、諸葛亮が最も可愛がっていた部下であり、諸葛亮の後継者として育てていた人物です。

しかし、馬謖は戦いの最中に命令を無視して、蜀を敗戦に導いてしまいます。

これに対し諸葛亮は、軍律か愛弟子のどちらかを選ばなくてはならなくなり、軍律のために馬謖を切り捨てました。

また、蜀の兵は交代で休暇をとる制度を採用していました。

諸葛亮は、敵が迫っていることに関係なく、この取り決めをしっかりと守って、兵に休暇を取らせました。

 

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

孫子の兵法により成長した呂蒙

呂蒙

 

「呉下の阿蒙」と呼ばれた呂蒙(りょもう)は、武勇のみの猛将でした。

この呂蒙に対し、知略を身に着けるように勧めたのが、呉の君主である孫権(そんけん)です。

 

呂蒙孫権の助言に応えるために、必死に勉強をします。その時、勉強に使われたのが「孫子の兵法」です。

その後の呂蒙は、魯粛と会談し「士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし」とまで言わせました。

 

朝まで三国志 劉備

 

武勇と知略を備えた呂蒙は多くの戦績を挙げますが、魏に対抗するため蜀が統治していた荊州南部を奪還したのは大戦績となりました。

この時、劉備(りゅうび)の義弟である関羽(かんう)を破り処刑したことで、張飛(ちょうひ)は配下に殺され、復讐に走った劉備夷陵の戦いへと向かいます。

魏との戦いに向けて蜀にダメージを与えたのは、知略のなせる技といえるでしょう。

 

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙

 

日本で孫子の兵法を体現した武田信玄

武田信玄 wiki

 

武田信玄は、日本の戦国時代に甲斐国(現、山梨県)を統治していた大名です。

武田信玄の旗印に使われた「風林火山」は、孫子の兵法から取られた言葉です。

厳密には、「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」という一文を引用しています。

武田信玄は、戦国時代において、孫子の兵法をフル活用していた人物で、特に篭城する敵を心理戦で誘い出し殲滅する戦いを得意としていました。

その戦法には、後の天下人である徳川家康も敗れていて、この時の恐ろしさを忘れないように、無事に帰還したときの恐れた自分の姿を絵に描かせたほどです。

その後、徳川家康は武田信玄を研究し、天下統一を果たします。

また、武田信玄は戦い以外にも孫子の兵法を取り入れており、股引の色を統一することによりスパイを判別し、敵に情報を知らせないために独自の言葉を使わせました。

ちなみに、この独自の言葉は現在の甲州弁として受け継がれています。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?…
  2. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  3. 孫権が張昭を呉の丞相に任命しなかったのはどうして?
  4. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切…
  5. 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!?
  6. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち
  7. 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫…
  8. 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想
  2. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  3. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!
  4. そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた
  5. 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  6. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」 そうだったのか!武器の特徴を知ると三国志の時代の戦い方が分かる! 【キングダム550話】「期限の知らせ」ネタバレ&レビュー 秦の始皇帝ってどんな人だったの?幼少期編 篤姫の故郷指宿はどんな所?ファーストレディの故郷を紹介 島津久光を好きになってはいけない6つの理由 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる? 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について

おすすめ記事

  1. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?
  2. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!
  3. 劉備は三国志で最も残酷な英雄だった?人肉を食べた真相
  4. 張遼ってイケメンだったの?【張遼好き必見】
  5. 袁譚(えんたん)ってどんな人?めちゃくちゃ三男と仲が悪かった袁家の長男
  6. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  7. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  8. 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP