広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1

この記事の所要時間: 1227




photo credit: Wonderwall via photopin (license)

photo credit: Wonderwall via photopin (license)

 

古代中国の戦国時代後半は秦の力が強い時代でした。

その為秦以外の諸国は秦に対抗するため、色々な策を考えておりました。

そんな中、一人の外交家が「合従」策を考えます。

この合従とは秦以外の六国(斉・楚・趙・韓・魏・燕)が同盟し、

秦に対抗する外交策です。

この合従策を考え出し、秦の侵攻を抑えた外交家・蘇秦(そしん)

紹介していきたいと思います。




鬼谷先生に学んだ若き日

 

蘇秦(そしん)は洛陽出身の人です。

彼は若い頃、斉に遊学し、鬼谷(きこく)先生の元で外交について学びます。

鬼谷先生の元を卒業した後、各国を巡りますが、どの国も彼を

相手にしませんでした。

蘇秦は各国を遊説してから数年後、貧困のあまり帰国。

彼の兄・兄嫁・妹・妻が彼のボロボロな姿を見て

「周の民は農業を行い、商売に努める事を奨励しているのに、

お前は口先で国家を動かそうとしているから、

そんなボロボロのなりをする事になるんだ。」と彼を指さし笑います。

蘇秦はこの言葉を聞き、大いに恥じ入り、家に閉じこもります。




必死に書物を読み漁るニート

photo credit: Tangible via photopin (license)

photo credit: Tangible via photopin (license)

 

蘇秦は家に帰ると部屋に閉じこもり、家にある書物を全て引きずり出し、

片っ端から読み漁ります。

そして彼は一年の間、仕事もせず本を読み漁った結果、

君主の感情を察する術を身に付けます。

そして奥さんに「俺はやっと君主を動かす術を身につけた。

今にお前をこの極貧の生活から出してやるからな」と

言い、周王の元へ向かいます。

 

君主を動かす術を身につけたはずが…

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

photo credit: Last Leaf via photopin (license)

 

ニート蘇秦は君主を動かす術を身につけ、

意気揚々と周の顕王(けんおう)の元に向かいます。

しかし顕王の側近は彼の事を知っており、彼を顕王に会わせませんでした。

蘇秦は周王に絶望し、再び各国を巡る旅を決意します。

先ずは西方の大国である秦へと向かいます。

 

秦王と会う事に成功するが…

 

ニート蘇秦は秦の国に入り、秦王に会見を求めます。

すると以外にも早く、秦王は会見に応じます。

蘇秦は秦王と会うと早速、論じはじめます。

彼は秦王に「秦の国は要害に囲まれた国で守りやすく、

また国民は軍事訓練を受けており天下を統一するのはたやすい事です。」と述べます。

すると秦王は「国家に道理が十分に浸透していない状態で対外戦争に打って出るのは

不可能だ。」と説明。

そして秦王は「君の意見は受け入れられない」と述べます。

蘇秦は秦王の決意が固い事を確認すると、すぐに秦の国を出て、趙へ向かいます。

 

趙の粛侯と会えなかったニート

photo credit: Daisy via photopin (license)

photo credit: Daisy via photopin (license)

 

蘇秦は周・秦で自身の説を受け入れられなくても落ち込まず、

次の目的地である趙へ向かいます。

彼は趙へ入ると、すぐに趙の君主である粛侯(しゅくこう)に面会したい旨を伝えます。

すると趙の粛侯の弟である奉陽君(ほうようくん)が彼を面接。

その結果、粛侯に会わせられないと返答が来ます。

蘇秦はここでも自らの意見を受け入れらません。

しかし彼は諦めず、北方の雄である燕に向かいます。

 

ニートの運命を変えた文侯との出会い

 

蘇秦は北方の雄である燕の国に入ります。

そして燕の君主である文侯に会見を申し入れます。

しかし会見を申し入れてから半年たっても何の音沙汰もありません。

蘇秦はその間燕国の内情を調べ、

いつ文侯と会見しても大丈夫なように情報取集を行います。

こうして一年余りたったある日ついに文侯から会見に応じると伝えられます。

蘇秦は意気揚々と文侯の居る会見場へ向かいます。

 

燕の文侯との会見がニートの運命を変える

 

蘇秦は文侯と会うと熱弁をふるいます。

蘇秦は「燕には武装兵数十万がおり、南にある雁門(がんもん)や碣石(けっせき)から

豊富な物資を集める事が出来ます。

また北からは棗(なつめ)・栗など豊富な食料があり、

南と北のおかげで燕は天然の倉庫をもっているようなものです。

現在中華は秦が強勢を強め、各国を侵し続けておりますが、

燕のみが現在秦の戦火を被らず、平和に国を維持しております。

なぜ燕は平和な状態を維持できているのでしょうか。

それは南で趙が秦の圧力を防ぎ、燕の盾となっているからです。

このおかげで秦の勢力は燕に及ばず平穏に国を保っている理由です。

また秦は燕を攻めようとしても、代と上谷(じょうこく)の要害を超えて

攻略しなくてはなりません。

このため秦は数千里のかなたにある燕に攻め込まなくてはなりません。

しかし趙が攻めてきた場合、出陣の号令を出してから十日以内に

数十万の軍勢を揃える事が出来き、その後易水(えきすい)を超えて

二週間程度で燕の国都に到着し、攻撃を仕掛ける事が可能です。

そこで燕としては趙と同盟を組んで秦に対抗するべきであると勘考いたします。

その後天下の諸侯が同盟して秦に対抗するならば、

燕は何の憂いなく平和を謳歌する事ができるでしょう。」と熱弁をふるいます。

文侯は蘇秦の熱弁を聞き、彼に対して「あなたの言葉は大変参考になる。

だが我が国は小国で、西は趙に近く、南は斉に近い。

趙・斉は非常に強国で秦に劣らない国々だ。

あなたが秦に反対する同盟をもって燕の国を平和に導くことができるのであれば、

私は燕の総力を挙げてあなたを支援したいと思う。」と述べます。

その後文侯はニートであった蘇秦を趙国への使者として遇し、

金銀・馬車・綺麗な絹などを与えて、彼に趙との同盟を依頼。

こうして蘇秦は自らの弁論で運命を切り開き、各国を動かしていく事になります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

蘇秦は自らの弁論で各国を動かした遊説家として非常に有名な人です。

しかし初めはどの君主も彼に会ってくれず、

会ったとしても受け入れてもらえませんでした。

しかし彼はめげずに各国を巡り、燕の文侯に熱弁をふるう事で、

運命を切り開きます。

こうして自らの志を立てる事に成功し、彼は天下に羽ばたくことになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 「キングダム」に学ぶ成功哲学!先んずれば人を制すって何?
  2. 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実に…
  3. 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?
  4. キングダム 523話 ネタバレ予想:左翼戦の鍵を握る楽華隊!
  5. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最…
  6. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷…
  7. 【キングダム】春申君を殺った李園は本当にキレ者だったの?
  8. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  2. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた
  3. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  4. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  5. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった
  6. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 介子推(かいしすい)とはどんな人?晋の重耳に自らの身を犠牲にして忠誠を尽くす 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR) 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの? 【春秋戦国時代】時代の主人公であった魏の文侯の厳選エピソード 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

おすすめ記事

  1. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 「関羽単騎駆け」
  3. はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】
  4. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く?
  5. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?
  6. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  7. 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者?
  8. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP