三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密

曹丕
この記事の所要時間: 240




曹丕

 

中国においては、あちらこちらで、事蹟を書いた石碑が出土します。

石碑ばかりではなく、青銅に記した金石文も、かなりの数に上ります。

では、それらは、どうして造られる事になったのでしょう?

え?造ったヤツの自己顕示欲?実は、そればかりではないのです。




石碑があちこちに立てられた意外な理由は?

曹丕

 

三国志の時代に限っても、例えば曹丕(そうひ)が文学論である

「典論」を石碑に刻んで、太学の中に設置したりしています。

それは、確かに自分の事蹟を後世に残して自慢したいという事もあるのですが、

同時にこれらの刻まれた文字は、その時代の書家の手によるものが殆どで

つまり、文字としても一流なのです。

 

鍾会

 

例えば、鐘会(しょうかい)の父として知られる鐘繇(しょうよう)は、

書家として知られていて、彼が手がけた文は石碑に金石文として刻まれました。

それらは、書家を目指す人の手本になるもので、文人はこぞって

石碑のある場所に行き、金石文を紙に墨で写し取って手本としたのです。




間違えると、ただではすまない拓本の仕方

墨 f

 

しかし、写し取ると言っても、石碑に墨をぶっかけて、

そこに紙を貼り付けるような乱暴な事は出来ません。

そんな事をしては、墨が溜まって文字が浅くなりますし、

第一、墨が乾くまでに上手く写す事が出来ないでしょう。

 

一般には、石碑の金石文を写すには、石碑のサイズにあう、

薄い紙か絹を用意して、ぴったりと張り付け、

つぎにその上から墨を含ませたタンポという器具で紙をなぞります。

これを上墨といいますが、こうすると石碑の凸は黒く凹は白くなって

現れ、文字が紙に綺麗に写し取られるのです。

 

このような方法で写し取った書を拓本(たくほん)と言います。

あの魚を釣った時に造る魚拓(ぎょたく)と大体同じ要領です。

 

ちなみにタンポとは、刀の手入れに使う、

あの綿毛のお化けのような器具の事です。

 

皇帝が書いた書は、持っている事がステータスだった

李世民 wiki

 

また、時代が下ると、名君で知られる唐の太祖、

李世民(りせいみん)が記した文を石碑に起こしたものなども出てきます。

例えば、晋祠銘(しんしめい)は、李世民が書いたもので

山東省の太原にある唐叔虞を祀った廟にあります。

 

李世民は名君として知られた人物で、書も玄人裸足という腕前です。

この金石文を写し取るのは、一種のスターのサインのような

人気があったようです。

 

 

 

時代が下ると、石碑も増え、スタンプラリーのような状態に

 

このような石碑は、戦乱で失われたり、長い間風雨にさらされて、

表面が磨滅するなどで次第に失われていきますが、

時代と共に、数が増える傾向にあり、そのような名筆家や、

偉大な帝王にあやかろうと、多くの文人が拓本を造っていきます。

 

転勤を繰り返す中央のキャリア官僚は、転勤の先々で、

石碑の拓本を取っていた筈で、さながら時間を掛けた

スタンプラリーのような状態になっていた事でしょう。

 

拓本を取った人々のお陰で現存する文もある

ビル・ゲイツ

 

彼等、拓本マニアは、歴史を保存する上で重要な役割を果たします。

中国は戦乱の連続で石碑も多くは破壊されて、残っていない場合が多いですが、

拓本マニアが、細かく収集して写し取っていたお陰で拓本は残っています。

これによって、失われた石碑の文字は、拓本という形で保存され、

現代にまで残されているのです。

 

もしかしたら、石碑が残っている頃は、何度も訪れる拓本マニアで、

所有者は嫌な思いもしたかもしれませんが、今となっては、

そのマニアが失われた石碑の実在の証拠を残しているから複雑です。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

石碑は、歴史上の事実を記録する事、そして、記録を記した名筆家の

腕前を現代に伝え、さらには、拓本を通じて失われた石碑の文字を

現代まで伝えているという一粒で三度美味しい状態にあります。

こういう、貴重なモノを何らかの形で記録しておこうという

人間のマニア癖というのは、時代を超えても変わらないものですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹仁 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  2. 芥川龍之介 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子につ…
  3. 魯粛と周瑜が詐欺を決行 ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  4. 戦え于禁㈰03 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  5. 魏延 孔明 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  6. 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  7. 鮑信と曹操 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹…
  8. 大喬 小喬 三国志当時のファッションとは! 三国時代のファッションはどんなのだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 曹丕
  3. photo credit: the_rose via photopin (license)
  4. 蔣琬と姜維と王平
  5. 始皇帝 キングダム
  6. 蒙恬
  7. ツンデレ曹丕
  8. 劉姫
  9. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  10. 曹操

おすすめ記事

  1. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選 桓騎
  2. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART2 劉禅
  3. 三國クロスサーガ~蒼天の絆~とはどんなアプリゲーム? 三國クロスサーガ
  4. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww 司馬懿 はじめての三国志
  5. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  張松
  6. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】 スキッパーキ

三國志雑学

  1. 韓信 項羽
  2. 海音寺潮五郎
  3. 魏延 孔明
  4. 甘寧と凌統
  5. 朝まで三国志

ピックアップ記事

  1. 三国志大学 公孫瓚
  2. 裏切りは許さぬ 曹操
  3. photo credit: the_rose via photopin (license)
  4. 孔明
  5. 真田丸
  6. 曹操 女性
  7. 三国志 4コマ 曹操 1
  8. 01_main

おすすめ記事

周瑜 死 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) 陸遜 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの? 三国志 牢獄 こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介 photo credit: _DSC2990 via photopin (license) 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 郭嘉 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害 口論する韓非と李斯 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの? 王翦 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想 photo credit: ... via photopin (license) 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑

おすすめ記事

  1. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介 南蛮
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】 三国志まとめ
  3. 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 周瑜、孫策、程普
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】 かわうそ 三国志
  5. 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め 孔明
  6. まだまだあるよ!諸子百家シリーズ 陰陽家・農家・小説家 photo credit: FallTree via photopin (license)
  7. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半 孔明
  8. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 うしおととら

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP