呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)

禰衡2

 

ピチピチパンツで一見、全裸に見える「安心して下さい、履いています」の芸で

ブレイクの予感のとにかく明るい安村ですが、三国志には全く安心できない

全裸常習犯がいました、それが禰衡(でいこう)です。

 

 

 

並はずれた才能を持ちながら、奇妙な行動が多い禰衡(でいこう)

禰衡

 

全く安心できない全裸男、禰衡は、西暦173年~198年の人物です。

たった、26年の生涯ですが、兎に角彼には奇行が多く、実の所は、

その奇行の為に歴史に名前が残っていると言っていいくらいです。

 

 

性格が悪い学者の孔融(こうゆう)に推薦され、曹操(そうそう)の元へ

許攸 兵糧のありか教えますひひひ

 

禰衡は、青州平原郡の人ですが、黄巾の戦乱を逃れて荊州に移住します。

同じく幼少期から荊州に逃れた孔明(こうめい)より年齢は8歳上ですので、

直接の接点は無さそうですが、その奇行は広く知られており、

友達も殆どいなかったので、孔明も悪評位は耳にはしたかも知れません。

 

そんな禰衡ですが、へりくつ大王で人気がない学者の孔融とは大の仲良し

孔融曹操に仕官していたので、ここぞとばかりに禰衡の有能さを吹きこみ

曹操も孔融が毎回、禰衡の有能ぶりをアピールするのですっかり魅了され

召抱えたいと考えるようになっていました。

 

禰衡も孔融の紹介を受けて、荊州から曹操が献帝(けんてい)

迎えて都になったばかりの許昌にやってきます。

西暦196年、建安元年位の事です。

 

 

許昌にやってきた禰衡は、早速悪口を爆発

photo credit: Sunrise via photopin (license)

 

許昌に上った禰衡ですが、先を争って、曹操に仕官する人を尻目に、

もらった紹介状が擦り切れても、曹操を訪ねようともしません。

不思議に思った或る人が、

「どうして、司馬朗(しば・ろう)や陳羣(ちんぐん)のような名士を尋ねないのですか?」と聴くと、禰衡は憮然とした顔をして、

 

「あなたは、豚殺しや酒売りのような身分の卑しい人間と私を付き合わせたいのか?」

と文句を言いました。

 

曹操なんかカス!さらに曹操の部下をボロクソ言う禰衡

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

 

さらに、或る人が禰衡に、

「では、あなたは今の世の中で誰が、ひとかどの人物だと思うか?」

と聴いた所、禰衡は、このように言います。

 

「年長では孔融(こうゆう)年少では揚修(ようしゅう)であろう」

 

それを聞いた或る人がまた、不思議に思い、、

 

「では、あなたは、曹公(曹操)や荀彧(じゅんいく)、

趙融(ちょうゆう)はどう思われる?

私は彼等こそ、ひとかどの人物と思うが?」

 

と人物談義を仕掛けてきました。

 

すると禰衡の悪口モードが全開になります。

 

「曹操なんかカスだよ、大した事ないね、荀彧、ああ見た目だけはいいから、

葬式で人を尋ねるにはいいだろう、趙融?あれは厨房で客を接待するのが適任だよ、

デブで食いしん坊だから、料理の味は分かるだろ?」

 

三国志演義では、さらに曹操の部下をディスる

魏軍・曹操軍

 

正史三国志の記述では以上ですが三国志演義では禰衡の悪口は、

さらに曹操の配下にまで及んでいます。

 

荀攸(じゅんゆう)は墓守が適任、程昱(ていいく)は体がデカイから門番!

郭嘉(かくか)は文章の読み上げ!張遼(ちょうりょう)は太鼓叩き!

許褚(きょちょ)は牛馬の番人!楽進(がくしん)は詔(みことのり)の読み上げ!
李典(りてん)は書類の伝令!呂虔(りょけん)は刀鍛冶!

満寵(まんちょう)は酒粕喰らいが適任!于禁(うきん)は左官屋!

徐晃(じょこう)は肉屋!夏侯惇(かこうとん)は五体満足将軍、

曹洪(そうこう)はケチで強欲だから銭取り太守、

それ以外は、ただ服を着て飯を食っているだけの連中だ」

 

まさに言いたい放題であり、禰衡は、この一連の放言により

許昌の人々に広く憎まれたと伝わっています。

 

しかし、曹操は禰衡を仕官させようとする

現実主義曹操

 

ところが、「カス」とディスられた曹操は、まだ孔融の吹きこんだ禰衡の才能を

惜しんで未練があり禰衡に仕官するように命じます。

 

が、禰衡は「私は気が狂いましたので仕官は出来ません」と断ります。

禰衡やりたい放題です、、司馬懿(しばい)が仕官を拒否した時には

殺すと強迫した曹操も、今回は流石に無理強いはしませんでした。

 

どうやら、禰衡の奇行を曹操はツンデレの部類と考えていたようで、

「まあ、まだチャンスはあるから、徐々に・・」と思っていた模様・・

 

やはり曹操、人材が絡むと言動がオカシイです(笑)

 

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

関連記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

安心できない禰衡、太鼓を叩いて全裸に!

禰衡3

 

曹操は、禰衡が太鼓の名手であるという噂を聞きつけて、

是非、その腕前を拝見したいと手紙を送ります。

 

禰衡は断るかと思いましたが、意外にも従順に曹操の屋敷にやってきます。

そして、太鼓の超絶技法である漁陽參撾(ぎょよう・じんか)を披露してみせて

人々を感動させます。

 

しかし、その途中、側で演奏を聞いていた人が禰衡に太鼓の打ち間違いを指摘し、

退室して着替えるようにと促します。

 

当時のしきたりでは、太鼓を打ち間違えると退室して別室で

服を着替えるという決まりがあったのです。

 

ところが禰衡は「さようですか・・しからばお待ちを」

と言うなり退室もせず、その場で服を脱ぎスッポンポンになったのです。

 

ビキニパンツも何も無し、全くのスッポンポンです。

禰衡、全く安心できません!!

 

当時は儒教の影響で人前で裸になるのは、大変なタブーでした。

見たくもない男の裸を見せられて、周囲は怒りを露わにしますが、

禰衡は全裸のまま、悠然と太鼓を叩きながら外に出て行ったそうです。

 

そのまま、外という事はストリーキングという事でしょうか?

現代だったら、わいせつ物陳列罪で逮捕です(笑)

 

曹操は、曹操で

「禰衡に恥をかかせようと思ったら、逆にこっちが恥をかかされたわい」

笑っていたとか・・

やはり、このちっさいオッサン、人材が絡むと反応が変(笑)

 

関連記事:被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?

関連記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

曹操、再度、禰衡を招いて今度は大激怒

裏切りは許さぬ 曹操

 

孔融は友達の禰衡をよほど仕官させたいらしく(正気か孔融?)

さらに禰衡に手紙を書いて曹操に会うように促します。

禰衡は、それを受けて曹操に面会したいと手紙を出しました。

 

それを聞いた曹操は大喜びです。

「あのツンデレめ、ようやくその気になったか!」と上機嫌で門番に

禰衡がやってきたら、お待たせせずに直ぐに客室に通すようにと

気難しい禰衡に最大限の配慮を見せます。

 

ところが面会当日、禰衡は世にも汚らしい姿をして、

杖を突き、門番の前までやってきました。

 

そして曹操を罵倒する言葉を怒鳴りながら杖で地面をバシバシと

叩き始めたのです。

 

「あのー、門の前でオカシイヤツが曹操様の悪口を並べていますが・・」

門番が曹操に伝えたので、曹操は櫓から様子を見ると、それは禰衡でした。

 

「おのれ、、禰衡!!ワシを馬鹿にしおってからに、許さん!!」

 

曹操は、ここでようやく幻想から醒めて禰衡に殺意を抱きますが、

ここで、禰衡を殺してしまっては、あいつの名声を高めるだけだと、

必死でこらえて我慢しました。

 

曹操、禰衡を持てあまし、劉表に送る

劉表 三国志 ゆるキャラ

 

曹操は禰衡を殺さず、穏便に処置する為に禰衡の紹介状を劉表に書きます。

 

曹操「うちに有能なヤツがいるよ、少しツンデレだけど使ってみたらウヒョ♪」

 

劉表(りゅうひょう)も元々は荊州にいた禰衡に興味を持ち禰衡に手紙を出しました。

こうして禰衡は、散々悪口を並べ立てた許昌を離れる事になるのです。

 

 

禰衡、劉表黄祖と流れ、最後を迎える

photo credit: spring is here via photopin (license)

 

禰衡は、劉表の下では、当初は大人しく従い才能を発揮しました。

しかし、劉表の配下には悪口を連発したので次第に嫌われるようになり、

劉表に仕えていた黄祖(こうそ)の息子の黄射(こうしゃ)に誘われて、

今度は江夏の黄祖に仕えるようになります。

 

ところが、ここでも禰衡は黄祖を罵倒するようになり

短気な黄祖は怒り、禰衡を処刑してしまいます。

亨年26歳、死ぬ寸前まで黄祖を罵ったという彼は筋金入りの奇人変人でした。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

全く安心出来ない全裸ネタで、とにかく明るい安村の魁?となった奇人禰衡、

大権力者曹操に逆らう事で、歴史に名を残した彼ですが、

孔融が絶賛した本当の政治の実力はどの程度あったのか、知りたいものです。

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操死んでもヨメを・・・

 

よく読まれてる記事:曹操が遺言で見せた女性への愛情

徐庶 曹操 下る 三国志

 

よく読まれてる記事:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻

 

関羽 曹操 ゆるキャラ

 

よく読まれてる記事:曹操のハニートラップ作戦が義に生きた武人・関羽に通用するのか?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ
  2. はじめての三国志 画像準備中 豫譲(よじょう)とはどんな人?士は己を知るものの為に・・執念の暗…
  3. はじめての三国志 画像準備中 キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ…
  4. 歳をとっても元気な孔明 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?…
  5. 曹丕 誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の…
  6. 曹操 健康 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法
  7. 曹操軍 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵
  8. 蜀の姜維 魏から投降した姜維という武将は、人によって評価が分かれやすい武将…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 魏延の謀反を察する孫権
  2. ネズミで人生を変えた李斯
  3. 林冲(水滸伝)
  4. 郭嘉スマホケース
  5. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  6. 前方後円墳(古墳)
  7. 曹操 孔明をチェック

おすすめ記事

  1. 契丹文字ってどんな文字?遼の太祖の発案から日本人研究者による解読を紹介 契丹小字七言絶句銅鏡 wikipedia
  2. 呉の太子四友とはどんな人?権力闘争に敗れ失脚していくエリート 法正
  3. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!? 周瑜 周郎
  4. 費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう 費禕
  5. 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった 織田信長
  6. 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された?

三國志雑学

  1. 周瑜 死
  2. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 日本に目指さした孫権
  2. ニギハヤヒ(日本神話)
  3. 孫武(ゆるキャラ)
  4. 織田信長
  5. 李カク、献帝

おすすめ記事

悲報!郭嘉にブサセン疑惑 典韋にボコボコにされる成廉 典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!? 徐庶と出会う劉備 もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた? キングダム 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】 燃える本能寺 明智光秀の辞世の句とは?本能寺の変を正当化させるためだった? 野球をする曹操と関羽と呂布 曹操の配下で打線を組んだ場合、どんな球団になる? 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十二将の一人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP