袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】

この記事の所要時間: 249




劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備(りゅうび)が益州にて漢中王から皇帝に即位したのは西暦221年のことです。

前年の西暦220年1月に最強にして最大のライバルであった曹操(そうそう)が死去しています。

その跡を継いだ曹丕(そうひ)が皇帝に即位したのが同年の10月です。

ここでついに漢は滅びます。

劉備は年号を章武(武は光武帝の武を意味し、

王莽のような国の簒奪者・曹丕を討って王朝を復興するという意思を示しました)にあらためています。

すなわち「蜀」という名称は他称であって、本来の国名は漢です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




蜀成立の背景

朝まで三国志 劉備

 

蜀の建国後、どうすれば魏を滅ぼせたのかを考える前に、

蜀建国時の背景を振り返ってみましょう。

西暦219年に劉備は義弟である関羽(かんう)を失っています。

それは同時に重要拠点である荊州を失ったことを意味しています。

また、重臣である孟達(もうたつ)が兵を引きつれて魏の曹丕に降っています。

この時、劉備はかなり危機的状況に追い込まれていたのです。

しかも4月に皇帝に即位した劉備は、同年の7月に関羽の敵討ちと称して呉に向けて軍を起こしています。

話が前後しますが6月には劉備のもうひとりの義弟である張飛が暗殺されています。

蜀という国自体がとても不利な状況であったことは間違いありません。




劉備の我慢が必要だった

朝まで三国志 劉備

 

劣勢の蜀が魏を滅ぼすには相当な努力が必要です。

まず呉の討伐に向った劉備を止めなければなりません。

西暦222年6月に劉備は呉の陸遜に大敗し、白帝城に逃げ込みます。

このとき劉備は八万の兵を失いました。

諸葛亮孔明をもってしても劉備の呉との決戦の決意を変えられなかったわけですが、

蜀と呉が手を結ばない限り魏に勝つことは難しく、

この戦いはいたずらに魏の曹丕を喜ばせるだけの結果になってしまいました。

劉備がここで自重し、本来の建国の志をまっとうしようと動いていたら

歴史は変わっていたかもしれません。

蜀はこの夷陵の戦いのダメージを回復するのに5年もの月日を要することになるのです。

 

孟達がカギを握っていた

孟達 曹丕

 

劉備を裏切り、魏に降った孟達は曹丕に気に入られて、重要な拠点である新城郡の太守に任じられます。

西暦226年に曹丕が死去すると孟達は不安にかられるようになります。

魏には孟達を信用していない司馬懿らの存在があったからです。

プレシャーを感じた孟達はさらに自分を高く売り込もうと今度は魏を離反し、

蜀に内応しようと試みます。

孟達の新城郡は魏への突破口になり、かつ効果的な一撃を与えることになります。

諸葛亮孔明は孟達の内応を許しました。

 

諸葛亮孔明の準備

孔明

 

西暦223年に劉備が死去した蜀は、後継者の劉禅のもと呉と再度同盟を結びます。

そして西暦225年には南征を成功させ、蜀の勢力は復興していました。

魏に攻め込む準備が整ったのです。

魏の曹丕が死去したことも混乱に乗じて攻め込む格好の好機だったことでしょう。

西暦237年、諸葛亮孔明は出師の表を奉り、漢中に出兵することになります。

新城郡の孟達が内応を露わにしたのもこの年の12月です。

ここから第6次北伐まで続く蜀と魏の長い戦いが始まります。

 

関連記事:甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

 

迅速な司馬懿の対応が魏の危機を救う

孟達 司馬懿

 

孟達の寝返りが効果を発揮していたら諸葛亮孔明の北伐は成功していたのではないでしょうか。

しかし、ここで魏の司馬懿が一月かかる道のりをわずか八日で行軍し、

油断していた孟達の軍を討つのです。

孟達が裏切ることを見抜いていた司馬懿の用意周到さが諸葛亮孔明の予想を上回ったのです。

これにより蜀は漢中から漢水を東に下って荊州から攻め込む道を失うことになります。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

「泣いて馬謖を斬る」ことになる街亭の戦いの敗北や、

魏延の子午谷道からの長安奇襲作戦を取り上げなかったことなど、

北伐を成功させたかもしれない分かれ道は様々あります。

しかし、一番のチャンスであった孟達の内応を成功させられなかったことが北伐を長引かせ、

引き分けに終わらせてしまうことになった最大の要因ではないでしょうか。

結論としては、劉備が呉を攻めず、さらに孟達の内応を慎重に成功させていれば、

蜀は魏を滅ぼしていたかもしれません。

さらに司馬懿を事前に暗殺できていれば間違いなかったのではないでしょうか。

 

・三国志ライターkawausoが考える、蜀が魏に勝つには?

三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  2. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  3. 【三国ブレイズ 攻略1】シンプルで超絶面白い三国志ゲーム
  4. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  5. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第五回:荊州(けいしゅう)、…
  6. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  7. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  8. 李儒(りじゅ)とはどんな人?董卓の恐怖政治を参謀として支えた謎の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  2. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  3. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?
  4. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?
  5. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  6. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの? ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 全世界3000万DLを突破!本格戦略ゲーム『三国天武』の魅力と攻略のコツ 【マニアック向け三国志】捕まったことで運命の君主と出会った王朗(おうろう) 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの? 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!
  2. 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない?
  3. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  4. 【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!
  5. 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  6. 呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?
  7. 孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?
  8. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP