よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

この記事の所要時間: 313

孔明 正史

 

三国志(さんごくし)をもっと詳しく知りたい!と思ったら正史を読むことは避けて通れません。

でも史書なんて、なんか敷居が高そう・・・・・・と思う方のために、今回は楽しい正史の読み方を伝授します。

 

 

そもそも正史って読まなければいけないの?

許褚 三国正史 食べる

 

一般的に三国志演義は「史実7割創作3割」と言われています。

その7割の史実の大半のネタ元になっているのが、正史三国志や、後漢書、晋書などという史書です。

別に読まなくても問題はないんですが、三国志演義で活躍している武将たちが1800年前に実在していたんだなと実感できるのでお薦めです。

あの人のこんな意外な一面も?!というのも、史書を読まなければ分からないことです。

 

三国志演義なんだから正史三国志だけ読んでれば良いんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、そうはいかないのが歴史の面白いところです。

例えば孫権伝は正史三国志にしか記載はありませんし、曹操の祖父である曹騰伝などは後漢書にしかありません。

三国志と後漢書の両方に伝が立っている人物も多くいて、また両方の記述が微妙に違っていたりして切っても切り離せない関係にあります。

 

「正史」の編纂のおやくそく。紀伝体ってなに?

正史 三国志 張飛

 

「両方に伝が立っている」と書きましたがまだ歴史書の三国志を読んだことがない人は「そもそも伝ってなんだ?」と思う方もいるかもしれません。

正史には決まりが幾つかあります。

 

新しい国がその直前の歴史を纏める

司馬懿 仲達

 

一つ目は、新しい国がその直前の国の歴史を纏めるということです。

史書編纂は現在の国家の正当性を知らしめるとともに、過去の偉人たちに学ぶという意味でとても大切な国家の仕事でした。

ですから漢書は後漢の時代に、三国志は晋代に編纂されています。

後漢書に関しては少し事情があり、三国志の編纂後に作られています。

 

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

 

形式も決まっている

曹操 魏王

 

そして二つ目の決まりは形式。

これは国が編纂を命じて作る「正史」以外の歴史書にもいえることです。

歴史書は年と出来事をずらずらずらーっと記載していく「編年体」で書かれるのが普通でした。

春秋などは編年体で記されています。

 

しかしかの名著・司馬遷の「史記」から人物ごとに歴史上の出来事を記載する「紀伝体」が主流になりました。

紀伝体の「紀」とは本紀のことで、皇帝のことは本紀に書かれています。

例えば三国志で曹操のことを書いている箇所は「武帝紀」となります。

皇帝は尊い存在なので名前ではなく諡号で呼ばれます。

 

本紀に対して、当時活躍した人物のことを書いたものが「列伝」です。

列伝は何人かの伝を一纏めにするのが主流です。

三国志演義で登場する蜀の五虎将軍というのは三国志蜀書で関張馬黄趙伝と一纏めにされていたために誕生したものです。

諸葛亮のように編纂当時から偉大な活躍をしたと認識されていた人は一人だけで伝が立てられることもあります)

 

その他にも紀伝体の史書は「表(年表)」や「志」を付すという決まりごともありますが、現存する三国志にこの二つはありません。

ちなみに、日本の歴史書である日本書紀も元は「日本書」の「本紀」らしいです。

これさえ覚えておけば日本書紀と古事記の「き」という漢字をテストの時に書き間違える、なんてことはありませんね!

 

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念

 

木を見て森を見るな!

魔王曹操

 

さて、これで史書というものがいったいどういったものなのかが分かりました。

ではこの史書をどのように読めば楽しくなるのかというと、ズバリせっかく紀伝体で書かれているのだから「好きな武将の列伝を舐めるように読む!」。

これしかありません。

誰かひとりでいいので、列伝をひとつ読んでみましょう。

曹操が好きだからといって武帝紀から読むのはあまりお奨めできません。長いので・・・・・・)

 

一人の列伝を読んでいる内に、その内そこに記載のある別の人物のことが気になってきます。

そうしたら、今度はその人物の列伝を読む。

 

全体像は三国志演義で知っているのだから、ポイントだけを読んでしまえば良いのです。

これぞまさしく木を見て森を見ない戦法。

 

史書の特徴

司馬懿

 

そうこうしている内にたまに「アレ?」と思うところが出てきます。

史書は国家が作るものなので、当然検閲が入ります。

 

編纂された当時の国家や皇帝の不利益になることは覆い隠されてしまうのです。

が、古代の歴史家たちは己の仕事に誇りを持って取り組んでいたのでわずかに真実に繋がるような書き方をしていたりします。

そのわずかなヒントを見つけ出し、編纂者の立場や当時の時代背景を考えてみる。

すると今まで悪い部分しか見えなかった人物の意外に良い面や、そのまた逆も見えてくるから面白いです。

 

裴松之さんの評はおもしろい

裴松之

 

三国志を編纂したのは陳寿(ちんじゅう)ですが、その陳寿が私見を排除し信憑性のない話も除いた結果、元の三国志の文章は酷く簡潔で味気ないものになっています。

恐らくこの陳寿の三国志だけでは三国時代はこんなにも長い間、国を越えてまで人々の心を魅了しなかったのではないかと思います。

 

そこで登場するのが、真偽の分からないものもなんでも良いから付け加えちゃえ!と註釈を加えた裴松之さんです。

その玉石混合した雑多な情報が面白く三国志は他の史書とはまた違った楽しみ方もできるのです。

また、裴松之は列伝などの最後に自分の感想も添えています。

陳寿とは異なり私情込め放題のそのコメントも一見の価値ありです。

賈詡

 

例えば賈クに対するコメントは酷いもので「賈クなんかが荀彧荀攸と同じ伝っておかしいだろう?素行に問題があった程昱郭嘉と一緒にしとけよ!」

と陳寿の編纂に文句を言っています。

 

賈クが気の毒なのは勿論ですが、

そんなことで名前を出された程昱郭嘉がとばっちり過ぎて笑えます。

 

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

関連記事:リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?

 

—三国志を彩どる異民族が満載!—

三国志vs異民族 バナー

 

 

こちらの記事もよく読まれています

大橋先生&小橋先生

 

よく読まれてる記事:正史『三国志』と言うけれど……正史って、なに?

 

三国志演技 三国志正史

 

よく読まれてる記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

 

三国志平話

関連記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

 

 

この記事を書いた人:伊庭ぽち

伊庭ぽち

自己紹介:三度の飯とおんなじくらい中国史が好きな伊庭ぽちと申します。

浪漫溢れる古代中国に魅せられて、歴史物小説を書いたり書かなかったりまた書いたりを繰り返しています。

 

関連記事

  1. 謎の中華料理「日本豆腐」と「孔明点灯豆腐」とは?
  2. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  3. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?
  4. 【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?
  5. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  6. 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない
  7. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった…
  8. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】
  2. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実
  3. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  4. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  5. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  6. 【キングダムネタバレ】ちょ~先読み!桓騎(かんき)李牧(りぼく)に負ける!宜安の戦いを徹底解説!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介 【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志 126話〜134話を追加配信しました。 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ 【キングダム ネタバレ】王翦の部下は麻紘と亜光ではなかった? 姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた! キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/18〜12/24】

おすすめ記事

  1. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と劉禅の違い
  2. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  3. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  4. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見せて死を悲しんだ政治家
  5. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  6. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐統の容貌
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  8. 井伊直弼の評価はどうなっているの?独裁者?英雄?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP