編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ

この記事の所要時間: 122




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

三国志大学

 

漢王朝は、中国歴代王朝でも教育を重視した王朝でした。
最高学府である太学も定期的に建てられ、数千名という生徒が学んでいました。

それにならい、後漢王朝を倒した魏王朝も太学を建てるのですが、
いつからか、そこは留年を繰り返す落第生ばかりになってしまいます。
そのナルホドな理由に、時代を経ても変わらない人間の本質を感じます。




曹丕、後漢を受け継いで、太学を建設する

曹丕 残忍

 

後漢の献帝(けんてい)から禅譲を受けた曹丕(そうひ)は、
黄初(こうしょ)年間(220~226年)に洛陽に太学を建設します。
太学(たいがく)は日本でいう所の最高学府を意味しています。

これは、後漢の戦乱で荒廃した教育施設の復旧を願う学者達の意見を
曹丕が取り入れたものであり文人として名前を為した曹丕らしい配慮です。
建学した太学には、学問に飢えていた数百人の学生が入学する事になります。




どんどん生徒の質が劣悪になる魏の太学

三国志大学 曹操

 

ところが、時代が曹丕の時代から、曹叡(そうえい)、曹芳(そうほう)に
移り変わるにつれて、魏の太学は、生徒数が激増して数千人にまでなるのに
学力は反比例して著しく低下していきます。

三国志13巻の王朗(おうろう)伝には、その当時の太学の惨状ぶりが
赤裸々に記載されています。

「黄初から、太和(たいわ)、青龍(せいりゅう)と
時代が降る中魏の内外は争乱で忙しかった。

太学の生徒は、当初の数百名から数千名にまで数は増えたが、
学生は誰も勉強せず、教師も、教える能力が皆無な
無能な連中ばかりが揃っているという有様である。

結果、生徒は何年も太学にいたまま、年ばかりを取り、
時間ばかりが虚しく過ぎていく」

王朗の文章を読むと曹丕に請願までして建設された、
当初の太学の熱気はどうなったのか?と思うような荒廃ぶりです。
生徒はおろか、先生にさえやる気がなく学力は低下するだけ
これは一体、どうした事でしょうか・・

 

シミルボン

 

【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話
  2. 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  3. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ…
  4. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  5. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…
  6. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政…
  7. 沢山の人材を発掘した呉の孫権
  8. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  2. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  3. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  4. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?
  5. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  6. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの? 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか? 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.2【完】 妻子を人質に取られすぎな劉備 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島津四兄弟の闘将

おすすめ記事

  1. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  2. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物
  3. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  4. 徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男
  5. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  6. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ!
  7. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  8. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP