ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ


シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

三国志大学

 

漢王朝は、中国歴代王朝でも教育を重視した王朝でした。
最高学府である太学も定期的に建てられ、数千名という生徒が学んでいました。

それにならい、後漢王朝を倒した魏王朝も太学を建てるのですが、
いつからか、そこは留年を繰り返す落第生ばかりになってしまいます。
そのナルホドな理由に、時代を経ても変わらない人間の本質を感じます。


曹丕、後漢を受け継いで、太学を建設する

曹丕 残忍

 

後漢の献帝(けんてい)から禅譲を受けた曹丕(そうひ)は、
黄初(こうしょ)年間(220~226年)に洛陽に太学を建設します。
太学(たいがく)は日本でいう所の最高学府を意味しています。

これは、後漢の戦乱で荒廃した教育施設の復旧を願う学者達の意見を
曹丕が取り入れたものであり文人として名前を為した曹丕らしい配慮です。
建学した太学には、学問に飢えていた数百人の学生が入学する事になります。


どんどん生徒の質が劣悪になる魏の太学

三国志大学 曹操

 

ところが、時代が曹丕の時代から、曹叡(そうえい)、曹芳(そうほう)に
移り変わるにつれて、魏の太学は、生徒数が激増して数千人にまでなるのに
学力は反比例して著しく低下していきます。

三国志13巻の王朗(おうろう)伝には、その当時の太学の惨状ぶりが
赤裸々に記載されています。

「黄初から、太和(たいわ)、青龍(せいりゅう)と
時代が降る中魏の内外は争乱で忙しかった。

太学の生徒は、当初の数百名から数千名にまで数は増えたが、
学生は誰も勉強せず、教師も、教える能力が皆無な
無能な連中ばかりが揃っているという有様である。

結果、生徒は何年も太学にいたまま、年ばかりを取り、
時間ばかりが虚しく過ぎていく」

王朗の文章を読むと曹丕に請願までして建設された、
当初の太学の熱気はどうなったのか?と思うような荒廃ぶりです。
生徒はおろか、先生にさえやる気がなく学力は低下するだけ
これは一体、どうした事でしょうか・・

 

シミルボン

 

【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  2. 曹操を暗殺しようとする董承 助けて、董承!献帝依頼の曹操暗殺計画とは?
  3. はじめての三国志 画像準備中 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  4. お互いに歌を交わす趙雲と劉備 なぜ趙雲は劉備に仕えたのか?損得勘定の心理とは無縁の忠義の漢?
  5. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 陳寿は曹丕をどんな評価していたの?プラスもあればマイナスあり!?…
  6. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  7. 三国志時代の牢獄 こんなの嫌!古代中国の牢獄生活が色々キツすぎる…
  8. 曹植 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 霊帝から益州統治を頼まれる劉焉
  2. 孔融と禰衡
  3. 呂布 VS 曹操
  4. キングダム54巻amazon
  5. 孫策に攻撃される黄祖
  6. 于禁
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2
  8. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓

おすすめ記事

  1. 幕末の天才?奇人?佐久間象山の名言を紹介
  2. 蜀はなぜ北伐に乗り出したの?その目的は? 北伐を結構する孔明
  3. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  4. 赤壁の戦いは計略の宝庫 呉蜀赤壁の戦い
  5. 常林(じょうりん)とはどんな人?あの司馬仲達が頭を下げて接した政治家 司馬懿が頭を下げても堂々とする常林
  6. 夷陵の戦いで受けた蜀の損害とは?再び天下に出ることはなくなった理由 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

三國志雑学

  1. 尹夫人 曹操
  2. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表
  3. ブチ切れる曹操
  4. 二刀流の劉備


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 水滸伝って何? 宋江
  3. 攻め寄せる蒙古兵(モンゴル)
  4. 合肥の戦いの満寵
  5. 山頂に陣を敷いた馬謖
  6. 宦官を一掃することを決意する何進

おすすめ記事

ブチ切れる曹操 曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?- タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官 kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ? 皇帝に就任した曹丕 もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら? 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの? 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説 荒れる黄河 明智光秀の治水が現在でも残っていた?福知山市で行われていた治水事業

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP