三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」専用オリジナルコンテンツです。

三国志大学

 

漢王朝は、中国歴代王朝でも教育を重視した王朝でした。
最高学府である太学も定期的に建てられ、数千名という生徒が学んでいました。

それにならい、後漢王朝を倒した魏王朝も太学を建てるのですが、
いつからか、そこは留年を繰り返す落第生ばかりになってしまいます。
そのナルホドな理由に、時代を経ても変わらない人間の本質を感じます。




曹丕、後漢を受け継いで、太学を建設する

曹丕 残忍

 

後漢の献帝(けんてい)から禅譲を受けた曹丕(そうひ)は、
黄初(こうしょ)年間(220~226年)に洛陽に太学を建設します。
太学(たいがく)は日本でいう所の最高学府を意味しています。

これは、後漢の戦乱で荒廃した教育施設の復旧を願う学者達の意見を
曹丕が取り入れたものであり文人として名前を為した曹丕らしい配慮です。
建学した太学には、学問に飢えていた数百人の学生が入学する事になります。




どんどん生徒の質が劣悪になる魏の太学

三国志大学 曹操

 

ところが、時代が曹丕の時代から、曹叡(そうえい)、曹芳(そうほう)に
移り変わるにつれて、魏の太学は、生徒数が激増して数千人にまでなるのに
学力は反比例して著しく低下していきます。

三国志13巻の王朗(おうろう)伝には、その当時の太学の惨状ぶりが
赤裸々に記載されています。

「黄初から、太和(たいわ)、青龍(せいりゅう)と
時代が降る中魏の内外は争乱で忙しかった。

太学の生徒は、当初の数百名から数千名にまで数は増えたが、
学生は誰も勉強せず、教師も、教える能力が皆無な
無能な連中ばかりが揃っているという有様である。

結果、生徒は何年も太学にいたまま、年ばかりを取り、
時間ばかりが虚しく過ぎていく」

王朗の文章を読むと曹丕に請願までして建設された、
当初の太学の熱気はどうなったのか?と思うような荒廃ぶりです。
生徒はおろか、先生にさえやる気がなく学力は低下するだけ
これは一体、どうした事でしょうか・・

 

シミルボン

 

【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!

 

※本稿はシミルボンに掲載された記事をはじめての三国志用に再編集したものです

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった?
  2. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第1部
  3. 命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁
  4. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  5. はじめての三国志編集長 kawauso 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第16部
  6. 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?
  7. 呂布奉先はどんな人?武力だけじゃない凄い所8選
  8. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鎌倉時代 服装 男女

おすすめ記事

  1. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略3】激戦・徐州攻略戦でONLINE の怖さを知ることに
  2. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  3. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  4. 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 騎射の術に長けた騎馬兵士
  5. 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14
  6. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 大久保利通 幕末

三國志雑学

  1. 呉の小覇王・孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維
  2. 痛い目にあう孫権
  3. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】 古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!? ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説 呂布だけじゃない!こんなにいる董卓の優秀な側近4選 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ! 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介

おすすめ記事

  1. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇伝
  2. 四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた【三国夢幻紀行 諸葛孔明篇1】
  3. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?
  4. 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか?
  5. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将 羊コ 羊祜 魏と晋
  6. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  7. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  8. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP