よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!




孔明

 

戦争には莫大な金がかかるというのは誰でも納得できる事でしょう。

兵法家の孫武(そんぶ)も、軽戦車を千台、重戦車を千台、鎧武者十万人を用意して、

千里先に食糧を運搬する時は、諸々の経費を入れて一日千金を費やす。

などと書いていて、戦争が長引く事をきつく戒めています。

 

さて、規模も最大で戦争期間も長かった五丈原の戦いでは孔明は、

幾らの大金を費やしたのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




孔明の北伐ルートを考えてみる・・

孔明

 

西暦234年、第四次北伐から3年の期間を置いて

蜀の丞相、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)

同年、二月に最期の北伐へと出発しています。

 

漢中から出発した孔明と十万の軍勢は、褒斜道を通過し五月、五丈原に到達。

渭水の沿岸に屯田兵を置き長期戦に備えています。

司馬懿(しばい)も渭水を挟んで南へ砦を築いて蜀軍と対峙しました。

 

五丈原ですが、現在の地図で調べてみると陝西省 漢中市から、

陝西省 宝鶏市 岐山県 五丈原鎮までが直線で228キロメートルあります。

当時の輸送車の一日の進軍距離は一説では8キロという低速なので、

毎日行軍しても、五丈原までには28日が掛る事になります。

 

すると、五丈原まで100日余り掛っている蜀軍は、

どこかで道草を食っていた筈で最初は祇山にいたという話もありますが

その詮索は面倒くさいのでしません、単純に五丈原まで3カ月、

100日かかったという事をカウントします。




当時の兵士の食べた食糧

空腹の兵士

 

さて、次に当時の兵士の一日の食料を計算してみます。

人間が一日に食べる米は二・五合だそうです。

こちらはグラム換算だと375グラムという事になります。

単純に、兵士一人、100日分の米を換算すると22・5キロです。

 

次に、同じように従軍した兵力10万人を換算しています。

蜀軍の兵力は、数万から十万ですが、「晋書宣帝紀」の記述を採用し

兵力十万を採用しようと思います。

 

22・5キロ×100、000名=22500トンです。

こちらを米俵(60キロ)に換算すると実に347、000俵にもなります。

途方もない量である事が数字にすると分りますね。

 

孔明は、五月から八月の末まで司馬懿と睨みあいをして、

ここでも100日を費やし、やがて病を得て陣中に没します。

 

関連記事:これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

 

五丈原の戦いの費用、現在の金額に換算すると○○○円!

三国志 武具 軍備

 

実際には、戦争に掛る経費は贈答品であったり陣地構築の費用だったり

煮炊きする為の薪だったり、鎧や武器の修理、製造だったりと

もっと掛るのですが、そこは概数の出しようもないのでスルーして

あくまでも兵糧の経費だけを現在の金額に換算してみます。

 

現在、お米1キロの値段を400円と算定して1トンの価格を出すと

40万円になります。

 

そこで1トン(40万円)×22500トンで計算してみると、

あくまで五丈原に到着するまでの三カ月の間の話ですが、

ざっと、88億2000万円かかる計算になります。

 

蜀軍は、孔明が死ぬと、大量の物資を遺棄して退却していますが、

全ての物資を捨てたわけではなく、漢中に戻るまでの兵糧は持ったでしょう。

屯田をしたり、祇山で麦を刈り取ったりもしたと思うので司馬懿と対陣していた

100日と帰還する28日分の兵糧はカウントに入れない事にします。

 

なんか緩いあやふやな計算ですみません・・

 

関連記事:驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった!

関連記事:【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

最初に孫武の言葉に軽戦車千輌、重戦車千輌、鎧武者十万人で

千里の先まで物資を輸送すると一日千金掛ると言っていますが、

現在の金の価値で考えると、千金は27億円になるようです。

 

これだと、五丈原の戦いは三千金掛った事になりますが、

兵糧以外の諸々の費用を考えると戦費は百億円を越えたかも

知れませんね。

 

単純に五度の北伐と考えると、五倍で500億円、、

小さな益州1国で、これだけの負担を出したのでは、

そりゃあ、毎年財政は火の車になるでしょうね・・

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
  2. よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く
  3. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  4. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  5. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  6. ホウ徳の叩き上げ人生録!関羽に降伏せず忠義の人と讃えられた関中の…
  7. 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺さ…
  8. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 対立する西郷隆盛と大久保利通

おすすめ記事

  1. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実
  2. 劉備が宴会していた襄陽(じょうよう)ってこんな街!よかミカンが行ってみた
  3. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  4. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役
  5. 【3分で分かる】卑弥呼の重臣・難升米(なしめ)とは何者なの?
  6. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり

三國志雑学

  1. 呉夫人
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう! 秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった! 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍 呉の孫堅 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 天に頭はあるの?プライド賭けたトンチ合戦の勝敗は

おすすめ記事

  1. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  2. 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)
  3. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役
  4. 島津豊久と島津斉彬はどんな関係?豊久と斉彬の共通点も紹介
  5. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  6. 中国三代悪女・西太后(せいたいこう)は実は優秀で素敵な女性だった?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】
  8. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP