三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢

小早川隆景 wiki
この記事の所要時間: 29




小早川隆景 wiki

 

戦国時代、日本の中国地方の領主として栄えた毛利家。

この毛利家をここまで強くさせたのは毛利元就のおかげです。

毛利家の当主である毛利元就を支えたのは3人の息子達や家老らのおかげです。

特に毛利家で特筆すべきはこの息子達三人で長男・毛利隆元(もうりたかもと)。

次男・吉川元春(きっかわもとはる)、三男・小早川隆景(こばやかわたかかげ)です。

この三兄弟が力を合わせて父を支えたことにより、

毛利家は広大な領土を手に入れることに成功するのです。

今回はこの兄弟の中から三男の小早川隆景についてご紹介したいと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:ここを押さえれば大丈夫!NHK大河ドラマ『真田丸』を100倍楽しむ方法!




小早川の家を継ぐ

毛利元就 wiki

 

隆景は毛利元就の三男として生まれ、幼少期は両親のもとですくすくと育っていきます。

しかし長くは毛利の家にいることはありませんでした。

その原因は当時の毛利家はまだ基盤が後年の毛利家のような

広大な領地を持っているわけではなく、まだ小名と言われるくらいの弱小の豪族でした。

さらに毛利家の本拠としている安芸の隣国には大領主である大内氏や尼子氏が、

威勢を誇っており、元就が拠点としていた安芸も小早川家と吉川家の両家が割拠している

状態で、毛利氏がいつ両家や大領主である大内や尼子氏に滅ぼされても、

おかしくない状態でした。

そこで元就は毛利家の基盤を強化するため、次男・元春には吉川家に養子に出し、

三男・隆景を小早川家に養子へ出します。

その後次男である元春が養子へ向かった吉川家は嫡男と当主が相次いで亡くなったため、

元春が吉川家の当主へ就任します。

そして小早川の家でも当主と後継者が不可解な死を遂げたため、

隆景が当主の地位に君臨します。

こうして元就の毛利家と吉川・小早川の両家が加わり、

毛利家の基盤は安定し、強化されることになります。




小早川家の新体制の象徴

瀬戸内海 f

 

隆景は小早川家の当主に就任すると以前から小早川家の居城であった高山城を放棄し、

自分の城を建築することから始めます。

彼は新たな城を建築する際に、瀬戸内海にほど近い場所に城を築城します。

この新城築城は自分が小早川の家の新当主になったことを内外にアピールするとともに、

瀬戸内海の勢力をまとめるためにこの城を築城します。

 

小早川水軍と隆景

 

隆景は海上を制するために小早川家の重臣である乃美氏が、

元就の後妻(こうさい)であったことから乃美氏を右腕として活用していきます。

そして乃美氏の妹を瀬戸内海で勢力を張っていた水軍である因島(いんのしま)村上氏へ

嫁がせて小早川家との協力体勢を構築することによって小早川水軍が完成。

彼はこの強力な水軍を率いて大内家に対して謀反を起こした陶晴賢(とうはるかた)を

厳島(いつくしま)の戦いで打ち破るなどの功績を残すことになります。

この戦いで功績を残した小早川隆景率いる水軍はその後も山陽方面での戦いや

大友家との門司城攻防戦などで活躍することになります。

 

隆景と「両川体勢」

 

毛利家といえば有名なのは「三矢の教え」でしょう。

この教えはざっくりと説明すると

毛利元就が嫡男・次男・三男を呼んで三人が力を合わせて、

毛利家を支えていくようにとの内容です。

この元就の教えを聞いた三人は力を合わせて毛利家を支えていくことになるのですが、

実はこの話には裏がありました。

それは嫡男である隆元と元春・隆景が実は仲が悪く、

元就がいる吉田城に立ち寄っても隆元がいると知ると急いで吉田城を跡にしたそうです。

このようにすこぶる仲の悪かった兄弟ですが、隆元が亡くなると彼の子供である輝元(てるもと)

が毛利本家の当主となります。

すると元春と隆景は輝元を支えるため

兄弟力を合わせて「両川体勢」を築き上げ、毛利家発展のために尽くして行ったそうです。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

今回は小早川隆景をご紹介しました。

彼と元春は毛利本家を支えていくために協力体制を築くことになりますが、二人の性格は

どのようなものだったのでしょうか。

毛利家の歴史を記している「陰徳太平記」によると

元春は「戦闘型のスタイルで勇将」だったそうです。

そして隆景は「大局を見通すことができる人物で、外交力とその智謀で毛利本家を支えた」とあります。

毛利元就の嫡男隆元が亡くなると幼い当主である輝元が毛利本家の後継となりますが、

この元春と隆景が毛利本家の両輪となって毛利氏を支えたため、

戦国の荒波を乗り越えることができたのではないかと思います。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

関連記事:さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陳平 劉邦 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  2. 劉備 黒歴史 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  3. 曹操 ヨイショ 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男…
  4. 呂不韋 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  5. 孫権 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  6. 孫堅の妻 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  7. 孫堅逝く 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  8. 陳平 劉邦 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 女性の敵? 鄒氏
  2. 小池百合子 wiki
  3. 西遊記
  4. 真田丸
  5. photo credit: It's autumn! via photopin (license)
  6. 曹洪と曹操
  7. 怒る 献帝
  8. 曹操
  9. 兵馬俑
  10. 孔明

おすすめ記事

  1. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事 居酒屋 なます
  2. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる? 曹植
  3. 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 photo credit: color de sombras via photopin (license)
  4. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム? 01_main
  5. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介 曹操と劉備
  6. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密 曹丕

三國志雑学

  1. 張飛 本 学問 三国志
  2. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  3. 張虎と楽綝
  4. photo credit: ... via photopin (license)
  5. 劉禅

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志週間5月
  2. 劉備 人望
  3. 水滸伝
  4. 袁術
  5. 劉備 呂布 裏切り
  6. 郭嘉
  7. 田中角栄 引用
  8. 劉備 孫権 ゆるキャラ

おすすめ記事

袁紹 曹操 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル 朝まで三国志 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完) 華陀 麻沸散 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何? 関帝廟 関羽 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 太公望 釣り びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望 郭嘉 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物 西遊記 え?そうだったの!?西遊記の目的はお経を取る事では無かった? 意外にアクセスの少ない記事 面白いのに何故かアクセスが少ない記事まとめ【2016年総集編】

おすすめ記事

  1. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの? 羌瘣
  2. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る 呂布 あっけない 最後
  3. 93話:名将 張任、遂に堕ちる 張任
  4. 何で曹操はあれだけ関羽を愛していたのに配下から逃がしたの? 曹操03
  5. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え? 空城も計 孔明
  6. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師 李儒
  7. 秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何? 信 キングダム
  8. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想! 王翦

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP