英雄の死因
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

曹操と羊




伊尹 料理人

 

所変われば品変わるといいますが、地域でさえそうなんですから、

時代を1800年も遡れば何を食べていても不思議じゃないでしょう。

それが、中華料理を生み出した中国と言えば尚更です。

今回は、なんと○○を食べていた三国志の驚異の食生活に迫ります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)




羊の生血に豉(し)を効かせた強烈酔い覚まし

曹操と羊

 

三国志の時代にも、飲み過ぎの二日酔いはあったようで、

宴会では前もって酔い覚ましの飲料が造られていました。

それは、羊の生血に豉という発酵大豆に塩を加えて混ぜ合わせた

酸っぱい飲料で血カン(月+臽)と呼ばれていました。

 

羊を殺してから逆さに竿に吊り下げて流れる血を器に溜め、

それに豉を混ぜて造ったようですが、逆に生臭そうで

「ヴェッ」とならなかったのか心配です。

 

恐らく、今でいうと、ムカデやマムシのエキス入りの

滋養強壮ドリンクを頂く感覚なのでしょうね。

 

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

関連記事:三国時代のお酒は発泡酒レベルだった?




目があったら食欲が落ちそう・・牛の頭

張飛とkawauso

 

三国志の時代には、もちろん牛も食べていましたが、

当時の壁画には、切断した牛の頭をそのまま厨房の上に

ぶら下げているものがあります。

 

牛の頭は周の時代には肉屋の看板代わりに店頭に吊り下げた

という記録がありますが、漢の時代の牛頭は、

ただのディスプレイではなく保存処理をして食べたようです。

しかし、牛の頭が丸々と食事に出てきたら、

さらに目があったりしたら食欲が減退しそうです。

 

関連記事:地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?

関連記事:これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!

 

割合ポピュラーだった犬の肉

犬とネズミ

 

犬は古くから中国では身近な生き物でした。

周の時代には犬官(けんかん)という専門の役職まで設けられ

犬の調教から食肉加工までを引き受けていました。

 

中国では犬の家畜化が猫よりずっと早く調教をして

猟犬として使う以外に鼠まで獲らせたそうです。

 

漢の時代には、犬を食べる文化は盛んになり、

牛豚の屠畜とは別に犬の屠畜専門業者が出現する程に、

犬は日常的に食べられていました。

しかし、唐代以降は、廃れて都会では食べられなくなったようです。

 

現代の日本人の感覚では、犬は猫と並んでペットの感覚なので

犬食はかなり抵抗があるでしょうね。

 

関連記事:【意外】古代中国では犬やタヌキが鼠を捕っていた?

関連記事:三国志時代のペット事情が興味深い!陸遜の孫も犬を可愛がっていた!

 

漢の時代でもゲテモノだった○○の肉

リスザル f

 

色々な肉を食べた三国志の時代の人ですが、

特にこれは凄いという食材が猿の肉です。

当時の厨房の様子を描いた厨房画というジャンルの壁画にも

小型の人間のように吊るされて描かれていて

かなりの珍味として扱われていたようです。

 

ただし、外見が人間に似ている猿を食べるという人は、

当時もあまり多くはなく、ただしくゲテモノの類だったようです。

一方で猿の脳は、性的な不能を治療する特効薬だとされ、

そういう意味で、薬として食べられた部分もあるみたいです。

 

関連記事:【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

 

淮南子の記録にある猿を食べた人のリアクション

三国志 月

 

淮南子(えなんじ)の脩務訓(しゅうむくん)には、

この猿の肉を食べた人のリアクションが記録されています。

 

ある楚人が猿を調理して隣人を食事に招待した。

隣人は出された羹(あつもの:スープ)を

犬を材料にしたものだと思い美味しく頂いた。

さて、すっかり食事が済んでから、猿の羹である事を

聞かされると、隣人は地に這いついて食べたものを

すべて嘔吐してしまった。

 

「そりゃあ、何も言わないで食わせたらそうなるわ、、」

 

という記述ですが、楚人は中国の南方の人を意味し、

その土地には密林もあり、野生動物も多く、

猿を食べるという事に抵抗が無かったのかも知れません。

 

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか?

三国志の時代の食材は、どちらかと言うと現在の日本の料理に近く、

生魚があったり、酢の物があったり、ソーセージがあったり

美味しそうなモノも多いのですが、一方では、犬、猿、

羊の生血ドリンクと遠慮したい食材も多くあったようです。

 

しかし、何でも食べるという中国人の食への執着が

現在の中華料理を生み出した事を考えると、

ゲテモノ食いも、食の洗練には大きく貢献したと言えるのかも

知れないですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅から孫権はどんな所を受け継いでいたの?
  2. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け…
  3. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!…
  4. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  5. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  6. 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起き…
  7. 三国志 武器 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  8. 司馬懿と魏延 衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  2. 呂布VS劉備三兄弟
  3. 法正
  4. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

  1. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  2. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  3. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  4. 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの? 劉備の黒歴史
  5. 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?
  6. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌 曹操 詩

三國志雑学

  1. 海賊時代の孫堅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター黒田レン
  2. 馬にまたがって戦う明智光秀

おすすめ記事

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか? インテリ朶思大王が蜀軍を苦しめる?ワシが南蛮一の軍師ダシ! 三国志はなぜ日本で人気なの?中国人も驚く日本国民のヒーロー論に迫る 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 三国時代の走行距離メーターと方位チェッカーが意外とハイテクな件 【孫家一筋】陳武(ちんぶ)、陳修(ちんしゅう)、陳表(ちんひょう)呉の忠将・陳一族の名将ぶりを徹底解説! 真田丸 武田信玄 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP