広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

この記事の所要時間: 312




西遊記

 

西遊記とは、簡単に言うと、猿と豚と河童と、

お坊さんと馬が力を合わせて、行く手を邪魔する妖怪の妨害をかわしつつ、

インドに経典を求めて、ひたすら旅をする冒険伝奇活劇です。

しかし、西遊記は、元々、孫悟空も沙悟浄も猪八戒も存在しない

一人の僧侶の苦難の旅を記した記録でした。

では、それが、どうして娯楽活劇の西遊記に変化して行ったのでしょう。




西遊記の元ネタになった、玄奘三蔵(げんじょう・さんぞう)の旅

西遊記 三蔵法師

 

西遊記の舞台は、西暦600年代初期の中国から、

中央アジア、インドに及ぶ広範囲の世界です。

この困難な旅を成し遂げて、インドから経典を持ち帰ったのが、

玄奘(げんじょう:602~662年)というお坊さんです。

 

彼は629年、27歳の時、余りにも仏典が足りず、仏教の解釈に

誤りが多い中国仏教の状態を嘆き、研究の拠り所になる原典を

求めたいという動機から、天竺(インド)行きを決意します。

 

当時は、唐(とう)が成立し、300年に及ぶ動乱が終結した時代でした。

まだ政情不安定な時代なので、唐は玄奘の天竺行きに許可を出しません。

しかし、玄奘は、中国に正しい仏教を広めたいという情熱止み難く

ついに国禁を犯して、国外に出てしまいます。

 

お坊さんなのに、率先して法律を犯してしまうのです。

ここに、玄奘のパワフルさが表れていますね。




苦節17年に及ぶ、玄奘の旅路

西遊記はどうやって03

 

玄奘は、役人の監視を逃れながら、河西回廊を経て、高昌(こうしょう)国に入ります。

時の高昌王であった麴文泰(きく・ぶんたい)は、熱心な仏教徒でした。

玄奘の熱意に感動した麴文泰は、玄奘を資金面で援助する事にし、玄奘は、

西域の商人に混ざりながら、天山南路の途中から峠を越え、天山北路へ渡り、

中央アジアを通過し、ヒンドゥクシュ山脈を越えて、無事にインドに入ります。

こうしてインドに入った玄奘は、アジア最古の大学、ナーランダー大学で

戒賢(かいけん)という仏教徒に師事して、仏教を学びます。

こうして、仏教を納めた玄奘は、657部という経典を得て西域南道を

通過して、西暦645年、長安に帰還します。

唐の太宗は喜び、玄奘に旅のレポート提出を命じる

西遊記はどうやって誕生したの

 

国禁を犯した玄奘は死刑を覚悟した上での帰還でした。

しかし、十七年間で、唐の方針もだいぶ変化していて、

二代皇帝、太宗(たいそう)は、多年に及ぶ、玄奘の苦労をねぎらい、

罪を不問にします。

 

ですが、これには裏がありました、太宗は、広く西域、天竺を旅した

玄奘の国際情報を知りたがり、玄奘に「側近として仕えないか?」

とスカウトしています。

 

玄奘は、「私には持ち帰った仏典を中国語に翻訳する使命があります」と

断りましたが、太宗は、ならば、十七年間で、そなたが、見聞した

諸国の事をまとめたレポートを提出せよと命じました。

 

大唐西域記(だいとう・せいいきき)が玄奘により書かれる

西遊記はどうやって

 

玄奘の経典翻訳は、唐王朝の力を借りないと出来ない事でした。

そこで、玄奘は経典を翻訳する傍らで、大唐西域記を執筆します。

玄奘が十六年間で訪れた国は、百十カ国、さらに伝聞した二十八国、

それに付記、十六ヶ国という、合計、百五十四カ国に上ります。

 

玄奘は、これらの国の成り立ちと風習、政治体制や民俗などを

詳細に記録しました。

 

この大唐西域記は、7世紀当時の中央アジア、インドを理解する上で

重要な史料として、現在まで伝わっているのです。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇
  2. 【意外な事実】劉備は孔明よりも法正を用いてた
  3. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  4. 56話:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?
  5. 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物
  6. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の…
  7. 戦国四君 元祖男気ジャンケン、魏の信陵君
  8. ええっ!曹操と劉備は元々は仲が良かったって本当?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  2. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  3. 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者
  4. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  5. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  6. 曹家の文才「三曹七子」って何?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家 陳泰(ちんたい)ってどんな人?司馬昭の親友でもあり正義感が強く清廉な将 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.3【完】

おすすめ記事

  1. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将
  2. 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介!
  3. 魏のラストエンペラー曹奐(そうかん)魏の最後はどうやって迎える事になったの?
  4. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  5. 【三国志の素朴な疑問】呂布は何歳だったの?
  6. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  7. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!
  8. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP