キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった

西遊記




西遊記

 

西遊記とは、簡単に言うと、猿と豚と河童と、

お坊さんと馬が力を合わせて、行く手を邪魔する妖怪の妨害をかわしつつ、

インドに経典を求めて、ひたすら旅をする冒険伝奇活劇です。

しかし、西遊記は、元々、孫悟空も沙悟浄も猪八戒も存在しない

一人の僧侶の苦難の旅を記した記録でした。

では、それが、どうして娯楽活劇の西遊記に変化して行ったのでしょう。




西遊記の元ネタになった、玄奘三蔵(げんじょう・さんぞう)の旅

西遊記 三蔵法師

 

西遊記の舞台は、西暦600年代初期の中国から、

中央アジア、インドに及ぶ広範囲の世界です。

この困難な旅を成し遂げて、インドから経典を持ち帰ったのが、

玄奘(げんじょう:602~662年)というお坊さんです。

 

彼は629年、27歳の時、余りにも仏典が足りず、仏教の解釈に

誤りが多い中国仏教の状態を嘆き、研究の拠り所になる原典を

求めたいという動機から、天竺(インド)行きを決意します。

 

当時は、唐(とう)が成立し、300年に及ぶ動乱が終結した時代でした。

まだ政情不安定な時代なので、唐は玄奘の天竺行きに許可を出しません。

しかし、玄奘は、中国に正しい仏教を広めたいという情熱止み難く

ついに国禁を犯して、国外に出てしまいます。

 

お坊さんなのに、率先して法律を犯してしまうのです。

ここに、玄奘のパワフルさが表れていますね。




苦節17年に及ぶ、玄奘の旅路

西遊記はどうやって03

 

玄奘は、役人の監視を逃れながら、河西回廊を経て、高昌(こうしょう)国に入ります。

時の高昌王であった麴文泰(きく・ぶんたい)は、熱心な仏教徒でした。

玄奘の熱意に感動した麴文泰は、玄奘を資金面で援助する事にし、玄奘は、

西域の商人に混ざりながら、天山南路の途中から峠を越え、天山北路へ渡り、

中央アジアを通過し、ヒンドゥクシュ山脈を越えて、無事にインドに入ります。

こうしてインドに入った玄奘は、アジア最古の大学、ナーランダー大学で

戒賢(かいけん)という仏教徒に師事して、仏教を学びます。

こうして、仏教を納めた玄奘は、657部という経典を得て西域南道を

通過して、西暦645年、長安に帰還します。

唐の太宗は喜び、玄奘に旅のレポート提出を命じる

西遊記はどうやって誕生したの

 

国禁を犯した玄奘は死刑を覚悟した上での帰還でした。

しかし、十七年間で、唐の方針もだいぶ変化していて、

二代皇帝、太宗(たいそう)は、多年に及ぶ、玄奘の苦労をねぎらい、

罪を不問にします。

 

ですが、これには裏がありました、太宗は、広く西域、天竺を旅した

玄奘の国際情報を知りたがり、玄奘に「側近として仕えないか?」

とスカウトしています。

 

玄奘は、「私には持ち帰った仏典を中国語に翻訳する使命があります」と

断りましたが、太宗は、ならば、十七年間で、そなたが、見聞した

諸国の事をまとめたレポートを提出せよと命じました。

 

大唐西域記(だいとう・せいいきき)が玄奘により書かれる

西遊記はどうやって

 

玄奘の経典翻訳は、唐王朝の力を借りないと出来ない事でした。

そこで、玄奘は経典を翻訳する傍らで、大唐西域記を執筆します。

玄奘が十六年間で訪れた国は、百十カ国、さらに伝聞した二十八国、

それに付記、十六ヶ国という、合計、百五十四カ国に上ります。

 

玄奘は、これらの国の成り立ちと風習、政治体制や民俗などを

詳細に記録しました。

 

この大唐西域記は、7世紀当時の中央アジア、インドを理解する上で

重要な史料として、現在まで伝わっているのです。

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  2. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  3. 孔明 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  4. 茶を飲む張角(太平道) 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介
  5. 司馬師 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  6. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  7. 残忍な曹丕 【シミルボン】おのれ曹丕!縁談をぶち壊され大騒動を起こした丁儀
  8. 趙姫 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 三国志時代のひざまくら
  3. 孔明と魯粛
  4. 孔明君のジャングル探検
  5. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  6. 馬に乗って戦う若き織田信長

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  2. 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?
  3. 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの? 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 5/2 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  5. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  6. 【8月の見どころ】8/16公開予定:孔明vs曹植の言論バトル 曹植は軟弱ではなかった

三國志雑学

  1. 司馬懿
  2. 張遼・楽進・李典
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. ホウ徳
  5. 黄月英と孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 関羽と周倉
  3. 「燕」の旗を持った兵士

おすすめ記事

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の旗や家紋は桔梗の花? 関羽と周倉 ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その4「地獄の淵で」 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い 呂布に暗殺される董卓 董卓は火葬で放置プレイされてチョー惨めだったってほんと!? 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書 そんろは 孫魯班 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP