袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

この記事の所要時間: 317




桓騎

 

いよいよ、キングダムでは秦が天下を併呑する第一歩として最大の宿敵、

李牧(りぼく)がいる趙を制圧する為に大軍を招集しました。

今回の戦いは、桓騎(かんき)楊端和(ようたんわ)の二大将軍の上に

総大将としての将軍、王翦(おうせん)を置くという重厚な内容です。

しかし、この王翦、史実通りなら、飛信隊に大変な負担を強いる存在になりそう・・

はじめての三国志では、その理由を大胆に予想します。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発




信、蒙恬、王賁は極秘に呼ばれて特別任務を授かる

信 キングダム

 

今回の戦いは、趙の本拠地である邯鄲(かんたん)の直ぐ真下にある

鄴(ぎょう)を陥落させるというかなりリスクの高い戦争になります。

どうして、リスクが高いのか?と言えば、秦の都、咸陽から

鄴までがかなり遠く補給が困難になるからです。

 

簡単に地図で直線距離を出すと、658キロもあります。

ここを補給線の確保をしながら、進むとなると確かに大変そうです。

 

咸陽から鄴の地図

 

どんなに強い軍でも、食糧が止められれば、そこでオシマイです。

しかし、敵中深く進む、今回の戦争では補給線は伸び切り、

長引く程に趙軍に補給線を寸断されるリスクが限りなく高くなるのです。

 

そこで、鄴陥落はスピード勝負になりますが、何が起きるか未知数なので

昌平君(しょうへいくん)は、信(しん)王賁(おうほん)蒙恬(もうてん)の3名の

五千人将を特別遊軍として、秦の本隊とは別に独自の動きを許して

鄴陥落を命じているのです。

 

関連記事:信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

関連記事:キングダムのラスボスは昌平君でも李牧でもなくあの人だ!



そりゃあないぜ、王翦が兵力を減らしてしまう!

信 キングダム

 

史実では、紀元前236年、王翦は、桓齮、楊端和らと趙の鄴を攻めますが

鄴を陥落させられず、先ず周辺の9城を奪取、王翦は単独で閼与(あつよ)などを攻め、

それから3将軍の兵を全てあわせて一軍としています。

 

漫画とは違い、史実の王翦は、ここで桓騎、楊端和を束ねたという事でしょう。

そして、王翦は総大将になると18日間で軍中の斗食以下の功労のない者を帰らせ、

軍をおよそ5分の1に減らし精鋭揃いに編成したと書かれています。

 

難しい文章で書いていますが、要は参加したものの、無駄飯を食べている

兵にはヒマを出して帰還させたという事でしょう。

その結果、秦の兵力は五分の1になってしまったと言うのです。

 

いや、これって、これって、遊軍として趙兵と激烈な戦いを繰り広げる

信達に凄い負担を掛ける決定になるんじゃあないでしょうか?

キングダムの漫画の中で兵を増やした事はあっても士気を高める為に

兵を減らした事はないので、これは遊軍にとってかなり負担では・・

一体、どうして王翦は、こんな事をしたのでしょう?

 

王翦の意図は、消極戦術で来た李牧の逆手を取るものでは?

王翦

 

これは推測ですが、キングダムの漫画では、恐らく李牧は消極戦術に徹して

戦闘を回避し、その事で秦兵に趙軍弱しの印象を与えると思います。

正面からぶつからず、手柄を立てる機会も、大きな戦いも経験しないなら

次第に秦兵から緊張感は薄れていくからです。

 

最初に秦軍に9城を落させるのも、趙兵弱しの印象を与える為で、

それにより秦兵を慢心させて士気を落し、時期を見て補給を遮断して

一網打尽にする、、李牧は恐らくそのように考えると推測します。

 

そこで王翦は慢心して士気が落ちた兵をあえて帰還させて、

敵地にいるという恐怖心を秦兵に思い起こさせ、その生き残りたいという

意欲を最大限引き出そうとするのでは?と予想します。

 

スリムになった秦軍は、ついに鄴を陥落させた!

王翦

 

結果として王翦の判断は正しいものでした。

兵力は減少したものも、士気が高い兵だけ選抜した為に、

秦軍は団結力を増し、最初に陥落させられなかった鄴を落したのです。

まさに名将、王翦さまさまですが、信や王賁、蒙恬は、この間に、

相当な苦労を強いられるのは間違いないでしょう。

 

キングダムライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

李牧は、史実では、敵を油断させ、その隙を突くのが上手い武将です。

本来、攻めるのが得意ではなく守備に力を発揮するので、

最初は鄴以外を簡単に陥落させてしまい、まるで手ごたえがない

雰囲気づくりをするのではないかと思います。

 

さて、私の予想は当たるでしょうか・・

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  2. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  3. 曹操を好きになってはいけない6つの理由
  4. 顔良と文醜の裏話、顔良って実はいい奴?
  5. 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!…
  6. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  7. 呂布VS袁術、東西嘘合戦、勝利するのはどっちだ!
  8. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  2. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第11部
  4. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  5. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  6. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男  【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介 【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?

おすすめ記事

  1. 曹昴の伝説 | 武将アンケート裏1位獲得
  2. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  3. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  4. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  5. エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だったの?
  6. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  7. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  8. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP