袁術祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

この記事の所要時間: 551

信 キングダム

 

熱血中国歴史漫画キングダムの主人公、信(しん)は、

熱血、直情、直感型の武将として仲間達の助けを得ながら順調な出世を重ねています。

 

漫画の中では、戦争孤児として他家の下僕という境遇から身を起した信ですが、

歴史上の人物としての信の生涯には、とても謎が多いのです。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 

 

 

実際の信は生没年不詳

信 キングダム

 

信については、その出生階級も、何年に生まれたかも分かりません。

 

これは信が無名で取るに足らない人物であるという意味ではなく、

秦の戦国時代の記録については、後の始皇帝による焚書坑儒や、

咸陽を陥れたの項羽の略奪と放火によって、

それまで残っていた記録がほとんど消滅しているのです。

 

ただ、信の年齢は史記の王翦列伝によると、、

 

秦將李信者年少壯勇とあります。

 

紀元前225年頃の記述で、秦の李信という将軍は、

若くて勇気があると書かれている事から当時すでに老将だった

王翦(おうせん)よりはずっと若く、30代位だったのではないか?と思います。

 

そうだとすると、紀元前255年産まれで始皇帝よりは4つほど下、

ほぼ同年代と考えていいかも知れません。

 

関連記事:「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

関連記事:キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる

 

信ばかりではなく秦の武将の記録は史記のみしかない・・

信 キングダム

これは、信に限らず、始皇帝の時代を生きた多くの秦武将の記録が、

同時代からは失われ、少し時代が下った前漢の司馬遷(しばせん)

咸陽を訪れて古老から話を聴取した史記によっているのです。

 

従って、信が戦争孤児であり他家の下僕であったのか?

歴とした名門の家柄だったのか?庶民から這い上がった苦労人だったか?

それを断定する事は出来ません。

 

関連記事:誇りを失ってもなお……『史記』を書いた司馬遷の執念

 

信の手柄についての記述は?

 

実は、信の記録は史記に記録された信と同時代を生きた大将軍、

王翦列伝の中に、付属として記録されている分と、さらに後年の新唐書の記述が全てです。

 

これは信が王翦と共に戦場にいた事によって記録が残ったという事で、

もし、信が王翦と別行動を取っていたら記録はさらに少なかったかも知れません。

以下は、史記の王翦列伝に見られる信の記述

 

・紀元前229年~紀元前228年、王翦が数十万の大軍を率いて趙と対峙している時、

信は、趙の太原、雲中に進軍していた。

・紀元前226年、王翦と王賁は、紀元前227年の燕の太子丹が雇った暗殺者

荊軻(けいか)による秦王政、暗殺未遂事件の報復として燕都・薊(けい)を攻略。

燕王喜(き)と太子丹(たん)を遼東に敗走させた。

この際、李信は、約1000の兵を率いて燕軍を追撃し太子丹を討ち取った。

 

・紀元前225年、秦王政(始皇帝)は、楚を征服したいと思った。

対楚戦にどれだけの部隊が必要かを諮問したところが李信は、「20万」が必要だと語った。

一方で王翦は、「60万」が必要だと語った。

秦王は、王翦が年老いたと考え、李信の案を採用して侵攻を命じた。

李信は総兵数20万を二つの部隊に分け李信は平輿(へいよ)で

蒙恬(もうてん)は寝丘(しんきゅう)で楚軍に大勝した。

 

さらに、李信と蒙恬は、郢(てい)周辺を攻め、再び楚軍を破った。

ところが城父(じょうほ)で李信と蒙恬が合流した所を、

三日三晩追跡して来た項燕(こうえん)率いる楚軍に奇襲され

2カ所の塁壁を破られ7人の将校を失う大敗を喫した。

そのため、王翦と交代させられた、翌年、王翦と蒙武(もうぶ)が

60万の兵を率いて楚を攻め、楚王負芻(ふすう)を捕虜にし楚を滅亡させた。

 

・紀元前222年、王賁(おうほん)と共に燕の遼東を攻め、

燕王喜を捕虜とし、これを滅ぼした。

さらに、代(だい)を攻め、代王嘉(か)を捕え代を滅ぼした。

 

・紀元前221年、王賁と蒙恬と共に斉を攻め滅ぼした。

 

以上が史記による信の記録の全てです。出典ウィキペディア

 

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうはん)は今後どうなる?

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  2. 石川克世って、何者?
  3. 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる
  4. 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」
  5. 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か?
  6. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  7. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  8. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果が…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?
  3. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  4. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】
  5. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  6. 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1 このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【3/20〜3/26】 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】

おすすめ記事

  1. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  2. 漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?
  3. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  4. 三国志初心者の為の諸葛亮孔明ってどんな人
  5. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法
  6. 124話:曹休、憤死!!石亭の戦いと孫権の即位
  7. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  8. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP