キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての呉

孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!

はじめての三国志 画像準備中




竹 f

 

日本もある孟宗竹(もうそうちく)。

この竹は筍を取る為に栽培されております。

そしてこの孟宗竹と呼ばれることになったのは三国時代のある親孝行者がきっかけであったのを

知っておりましたか。

今回は三国時代の親孝行者である孟宗(もうそう)をご紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




故郷を離れて学問に身を入れる

朝焼け空 f

 

孟宗は江夏(こうか)出身の人で、

若い頃南陽の学者である李粛(りしゅく)のもとへ学問を師事するため、修行へ出かけます。

彼は昼夜違わずに必死に学問を行い、師匠である李粛から「君は必ず富貴を得る人に

なるであろう」と高い評価を与えます。

また彼は三国時代には珍しく、母親から愛されていた人物でもありました。




息子のために掛け布団を送る

ハート f

 

孟宗の母は孟宗におっきな掛け布団を贈ります。

彼女は同じ村の住民から「あんた。なんで息子にそんな大きな布団を贈るんだい」と

質問されます。

彼女はこの質問に対して「私の息子はあまり出来が良くないので、人気がありません。

また学問を志す人は大概お金がない人が多いと聞いたことがあります。

そこであのような大きな布団で学友達と一緒に寝ることで、仲良く慣れれば非常に

良いじゃないですか。」と母親らしい気遣いを息子にします。

そのため寒い冬になると孟宗の学友達は彼の家に集まって、

大きな掛け布団を使ってすごしたそうです。

 

小役人として呉に仕える

大雨 f

 

孟宗は学問を修めた後、呉の小役人として将軍の雑務を行う職に就職。

彼はこうして日々真面目に仕事を行っていましたが、

ある時大雨が降り始めます。

すると孟宗の家はボロ家であったため、雨漏りが酷かったそうです。

彼は自らの家がぼろ家出会ったことで母親に迷惑をかけていると思い

「こんなぼろ家に母上を済ませてしまい大変申し訳ございません。」と謝ります。

すると母親は孟宗へ「仕事に邁進していればいいのです。

私に気を使う必要はありません。」と孟宗が責任を感じていることを責めずに慰めます。

その後孟宗は将軍から才能を認められて、養魚池の管理する役職へ異動となります。

 

関連記事:呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介

関連記事:このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ

 

母親のために寿司を作って送る

居酒屋 なます

 

孟宗は呉の官営の魚を管理する仕事に就任すると、母親の為に魚を取って彼女のために

寿司を作って贈ります。

すると母親からすぐに返事が来て

「あなたは魚を管理する役目であるのになぜ魚を取って寿司などを作っているのですか。

このようなことを行えば人様から疑われますよ」と注意してきます。

孟宗はこの注意を聞き入れて魚を管理する役職にいるあいだは、

魚を使った料理を母親に贈ることはしませんでした。

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

関連記事:甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)

 

県令に出世

三国志 光

 

孟宗は一生懸命地道に働いていくこと数年、彼は県令の職へ昇進します。

しかしこの県令の職は後の法律によると自分の家族や身内を赴任先に連れて行くことができない

とされていました。

そのため孟宗は母親の大好物である筍を見つけるとすぐにとって彼女へ贈り、

母親が食べるまで自らは筍に一切手を付けなかったそうです。

県令にはもう一つ厳しい掟が有り、親族がなくなっても任地を離れてはいけないとのルールがありました。

 

母親が亡くなると孝行息子は・・・

三国志 ろうそく 写真

 

母親が亡くなったと知った孟宗は呉の法律で決まっていた

「県令は任地を離れるべからず」の法律を破って母親の所へ駆けつけます。

こうして県令の法律を破った孟宗は葬儀が終わった後出頭して、

「私は呉の法律を破りました。どんな処罰でも受けます。」と述べます。

孟宗が捕まったと聞いた陸遜は彼が親孝行者であることを孫権(そんけん)

述べて処刑しないように懇願します。

孫権陸遜の提案を受け入れて孟宗を許しますが、

「今回のみ特例である。次は認めない。」と陸遜(りくそん)に釘を差しております。

とにかく孟宗は陸遜孫権のおかげで命拾いをすることになり、

呉の末期になると司空にまで昇進することになります。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

さて孟宗竹の由来ですが、孟宗の母親は筍が大好きでした。

そのため冬に孟宗は母親の大好物である筍を贈ろうと考えて竹やぶに入っていきますが、

筍はありませんでした。

その為彼は天を仰いで嘆くと筍が生えてきたと言う逸話から筍が生える竹には

「孟宗竹」と呼ばれることになります。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう

それじゃあまたにゃ~

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛

関連記事:徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 杜預(どよ)ってどんな人?破竹の勢いで有名になった政治家
  2. 信陵君 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  3. 信陵君 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻…
  4. 甘寧と凌統 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子…
  5. 曹操と張繍 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  6. 愛馬に乗る張遼 張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷
  7. 劉邦をなだめる陳平と張良 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  8. 龐統 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 今川義元
  2. 井伊直政
  3. 西郷隆盛(ゆるキャラ)
  4. 曹操と劉備
  5. 周瑜
  6. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった 側室の女性達を励ます甄氏
  2. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた名臣】 空箱を受け取る荀彧
  3. 三国志の時代にも可愛い巫女が存在した!?李傕や劉禅もハマった巫女事情
  4. 江華島事件と戦前の日朝関係とは? 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 姜維も食べた剣門豆腐の由来と中華豆腐レシピを紹介 蜀の姜維
  6. 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発? 程昱(ていいく)

三國志雑学

  1. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 劉姫
  3. 曹操に降伏する教祖・張魯
  4. 甘寧と凌統と呂蒙
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 韓非の本を熟読して感銘を受ける嬴政(始皇帝)
  2. 岩崎弥太郎
  3. 酔いつぶれる劉備玄徳
  4. 邪馬台国と魏軍の兵士

おすすめ記事

キングダム キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突? 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦場は?」 新選組の土方歳三 土方歳三、新選組副長の刀はどんなモノ? 典論を掘る曹丕 【魏皇帝】曹丕は有能なのに「イマイチ」だと扱い始めたのは誰? 法正と劉備 【笑林】食文化の違いネタで呉の人のコンプレックスが分かる! コミュニティ機能アップデートのお知らせ(10月20日実施)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP