はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?

この記事の所要時間: 143




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

kawauso

 

三国志の正史を読んでいると、決まって分りにくくなるのが、

刺史(しし)と州牧(しゅうぼく)の関係です。

いずれも、地方官の役職ですが、どうも似たような仕事であるようで、

同じ人物がある時には刺史、ある時には州牧とくるくると入れ替わり、

一体、どっちが偉いのか?上下関係が分りにくくなるのです。

 

そこで、今回はすっきり、分かる刺史と州牧の違いを紹介します。




最初に制定されたのは刺史だった

 

最初に制定された官職は、刺史でした。

紀元前106年、前漢の武帝(ぶてい)は漢の領土を13州に分割します。

そもそもの州設置の理由は、当時、役人と商人が癒着した不正が相次いだからです。

本来は、このような不正を取り締まるべき郡大守ですが、

事実は、不正を見逃したり、逆に悪徳役人と結託しているケースもありました。

 

そこで、武帝は、郡大守を監察する刺史を置いて、各地を巡回させて、

郡大守を指導する事で、真面目に仕事をさせて不正を防ごうとします。




紀元前8年、郡大守と同格の奉給になり牧と改名

 

しかし、刺史の奉給は六百石で、郡大守の二千石に及ばない上に、

行政権限も郡大守には及ばないものでした。

これでは、太守を指導監督しようにもナメられてしまい上手く監督できません。

そこで、紀元前8年の成帝の時代に刺史は、郡大守と同等の二千石の奉給に

引き上げられた上で、名称も牧と改められました。

 

そして、牧の行政権は、郡を越えて州管轄になり、牧は州内の各郡県の内政に

直接干渉できるようになる地方官のトップへと上ります。

 

刺史、牧、刺史と名称の変更が繰り返される

王莽

 

以後、牧は紀元前5年に再び、刺史に改められ、

紀元前1年に再び、牧になるなど名前の改変が続く間に、

前漢王朝が倒れ、王莽(おうもう)の新王朝が興ります。

そして、西暦42年、後漢を建国した光武帝(こうぶてい)が再び刺史として、

以後は後漢末の大乱まで150年近く固定されます。

 

それまで、決まった拠点を持たず、放浪していた刺史は、

この時に、固定され各州に治所を持つようになり、毎年8月に所定の州内を

巡視する決まりとなり治所の周辺の都市の行政権を完全に掌握します。

 

参考文献:『漢書』百官公卿表訳注

著者: 顔師古/固/大庭 出版社: 朋友書店

 

関連記事:後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1

関連記事:【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯

 

黄巾の乱が発生、兵権を与えて再び牧に名称変更

黄巾賊

 

西暦184年、後漢末期の腐敗政治と社会不安を背景にして、

宗教団体、太平道の教祖、張角(ちょうかく)が信徒、三十六万人を率いて、

後漢を滅ぼして黄巾の世を興すとして決起します。

 

世に言う黄巾(こうきん)の乱で、三国志はここから始まります。

反乱は数カ月で鎮圧されたものの、一度乱れた国は、

簡単には治まらず、各地で反乱軍が蜂起して役人を殺し、

下剋上が広がっていきます。

 

西暦188年、霊帝(れいてい)は、事態を収拾する為に刺史を牧とまた改称、

そして兵力をつけた上で九卿クラスの劉焉(りゅうえん)劉虞(りゅうぐ)

黄琬(こうえん)を各州に派遣して、力で反乱を抑えるように命じます。

 

シミルボン

 

【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の…
  2. 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  3. 110話:関羽の悲報に復讐に燃える劉備
  4. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】
  5. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  6. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた
  7. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ…
  8. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  2. 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場
  3. 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介
  4. 蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!
  5. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」
  6. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/4〜7/10】 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表者達 宝刀・七星剣(しちせいけん)?なにそれ?おいしいの?伝家の宝刀を分かりやすく解説! 意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣

おすすめ記事

  1. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  2. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  3. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  4. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  5. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  6. 趙雲は何で新参者の馬超や黄忠や魏延よりも位が低いの?
  7. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  8. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP