ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

kawauso

 

三国志の正史を読んでいると、決まって分りにくくなるのが、

刺史(しし)と州牧(しゅうぼく)の関係です。

いずれも、地方官の役職ですが、どうも似たような仕事であるようで、

同じ人物がある時には刺史、ある時には州牧とくるくると入れ替わり、

一体、どっちが偉いのか?上下関係が分りにくくなるのです。

 

そこで、今回はすっきり、分かる刺史と州牧の違いを紹介します。




最初に制定されたのは刺史だった

 

最初に制定された官職は、刺史でした。

紀元前106年、前漢の武帝(ぶてい)は漢の領土を13州に分割します。

そもそもの州設置の理由は、当時、役人と商人が癒着した不正が相次いだからです。

本来は、このような不正を取り締まるべき郡大守ですが、

事実は、不正を見逃したり、逆に悪徳役人と結託しているケースもありました。

 

そこで、武帝は、郡大守を監察する刺史を置いて、各地を巡回させて、

郡大守を指導する事で、真面目に仕事をさせて不正を防ごうとします。




紀元前8年、郡大守と同格の奉給になり牧と改名

 

しかし、刺史の奉給は六百石で、郡大守の二千石に及ばない上に、

行政権限も郡大守には及ばないものでした。

これでは、太守を指導監督しようにもナメられてしまい上手く監督できません。

そこで、紀元前8年の成帝の時代に刺史は、郡大守と同等の二千石の奉給に

引き上げられた上で、名称も牧と改められました。

 

そして、牧の行政権は、郡を越えて州管轄になり、牧は州内の各郡県の内政に

直接干渉できるようになる地方官のトップへと上ります。

 

刺史、牧、刺史と名称の変更が繰り返される

王莽

 

以後、牧は紀元前5年に再び、刺史に改められ、

紀元前1年に再び、牧になるなど名前の改変が続く間に、

漢王朝が倒れ、王莽(おうもう)の新王朝が興ります。

そして、西暦42年、後漢を建国した光武帝(こうぶてい)が再び刺史として、

以後は後漢末の大乱まで150年近く固定されます。

 

それまで、決まった拠点を持たず、放浪していた刺史は、

この時に、固定され各州に治所を持つようになり、毎年8月に所定の州内を

巡視する決まりとなり治所の周辺の都市の行政権を完全に掌握します。

 

参考文献:『漢書』百官公卿表訳注

著者: 顔師古/固/大庭 出版社: 朋友書店

 

関連記事:後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1

関連記事:【3分で分かる】光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の華麗な生涯

 

黄巾の乱が発生、兵権を与えて再び牧に名称変更

黄巾賊

 

西暦184年、後漢末期の腐敗政治と社会不安を背景にして、

宗教団体、太平道の教祖、張角(ちょうかく)が信徒、三十六万人を率いて、

後漢を滅ぼして黄巾の世を興すとして決起します。

 

世に言う黄巾(こうきん)の乱で、三国志はここから始まります。

反乱は数カ月で鎮圧されたものの、一度乱れた国は、

簡単には治まらず、各地で反乱軍が蜂起して役人を殺し、

下剋上が広がっていきます。

 

西暦188年、霊帝(れいてい)は、事態を収拾する為に刺史を牧とまた改称、

そして兵力をつけた上で九卿クラスの劉焉(りゅうえん)劉虞(りゅうぐ)

黄琬(こうえん)を各州に派遣して、力で反乱を抑えるように命じます。

 

シミルボン

 

【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの?

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 劉備と再開する趙雲 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  2. 曹操 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  3. 陸遜 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  5. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集…
  6. 馬超や曹操と因縁が深い氐族(ていぞく)
  7. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ 【すこやか三国志】やばい!乗馬をやめてデブった董卓と劉備
  8. 毛沢東(もうたくとう) 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉スマホケース
  2. 西郷隆盛像
  3. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  4. 曹操に憧れる荀彧
  5. 北伐を結構する孔明
  6. 合肥の戦いの満寵
  7. キングダム54巻amazon
  8. 蜀の劉備
  9. キングダム52巻

おすすめ記事

  1. 手作り賈詡のお面を作っていただきました。
  2. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物 魏の韓宣(かんせん)は口喧嘩が強い
  3. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ) 孫権と劉備と曹丕
  4. 司徒とはどんな役割?具体的に何をする?チベットでは今も存在する司徒 しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  5. キングダム「信の必勝法は攻撃しない事!」 編集長日記03 kawausoさん、おとぼけさん
  6. 見た目で比較してもいいですか?曹操とナポレオン ナポレオンと曹操

三國志雑学

  1. 陳宮
  2. 孔明 東南の風
  3. 李典
  4. 夏侯覇


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 劉雄鳴は三国志の仙人
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 邪馬台国VS狗奴国
  6. 五虎大将軍の馬超
  7. 陸遜
  8. 周瑜と孫策
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

孔明による出師の表 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪! 曹操と虎豹騎 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介 北伐する孔明 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半 三国志タクティクスデルタとはどんなアプリゲーム? 三国志に出てくる海賊達と甘寧 赤壁の戦いにおける甘寧の活躍を考察してみた アンティキティラ島の機械 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ! 劉璋にアドバイスをする張松 劉璋が張魯に勝てなかったのは劉璋が弱虫だからではない? 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信 上杉謙信はお酒大好きの飲兵衛おっさんだった?酒豪のおもしろ雑学

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP