編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物

この記事の所要時間: 412




曹丕皇帝

 

皆さん三国時代の曹丕(そうひ)が後漢の皇帝である献帝から帝位を簒奪(さんだつ)

(継承資格のないものが武力や政治的圧力で脅して譲る事)したのは知っていると思います。

 

中国史上初めて帝位を簒奪し、皇帝の位に就いた人物をご存知ですか。

今回は中国史で初めて皇帝の位を簒奪した人物・王莽(おうもう)をご紹介したいと思います。




まじめな青年期

 

王莽の叔父たちは、皇后である王政君の知り合いであることから貴族となり、裕福な暮らしをしておりました。

しかし、王莽の家は貴族なれず、貧しい暮らしを強いられてしまうのです。

王莽は貧しいながらも必死に勉学に励んだそうです。

そんな中、王莽の人生を変える知らせが届きます。

大将軍である叔父・王鳳(おうほう)が病で倒れてしまったそうです。

王莽は、勉学の傍ら王鳳の看病を続けますが、王鳳は、亡くなってしまいます。

ですが、王鳳は一つの置き土産を王莽に残していきます。




はじめての三国志クイズ!

 

さてここで恒例の初めての三国志クイズです。

王鳳が残した置き土産とは一体なんでしょう。

 

1大将軍である王鳳の財産を相続させた。

2自分の刀をあげた

3皇帝に「王莽の事をよろしくお願いします。」と遺言を残した。

 

さて1~3の中からお答えください。

 

1・2・3にゃ~。

終了で~す。

 

 

 

 

答えは3番の皇帝に遺言を残したです。

 

 

王鳳が残した遺言の内容

 

王鳳は看病してくれた王莽に報いるため、前漢皇帝である成帝に「王莽の事をどうかよろしくお願いいたします。」と王莽の為に遺言を残していくのです。

ここから王莽の人生は一気に変わります。

 

飛ぶ鳥を落とす勢いを見せる王莽

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

王莽は王鳳の死後、皇后・王政君や朝廷の実力者が後ろ盾となったおかげで、順調に出征街道を突き進みます。

今まで貧乏であったのが、一気に変わり、豪華な家を建てて、使用人を何人も召し抱える程になりました。

王莽が大司馬(今でいうと国防長官クラス)になると敵対する人間はほとんどいなくなり、正に飛ぶ鳥を落とす勢いを見せる程の権力者になります。

しかし成帝が亡くなり、哀帝が帝位に就きます。

哀帝は、外戚(皇帝の親戚)が権力を持ちすぎていることが気にくわない為、外戚を排除していきます。

王莽も外戚であったため、官職を取られ、朝廷から追い出されてしまいます。

しかし王莽は、自分が復帰できるように、復帰嘆願書を大量に書かせる事で、再び朝廷へ戻ってくるのです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人…
  2. 曹真が明帝時代の名将である確固たる理由
  3. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  4. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリー…
  5. 曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2
  6. 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  7. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  8. 曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  2. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  3. 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣
  4. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  5. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  6. はじめての三国志 好きな武将アンケート

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説 はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上

おすすめ記事

  1. 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?
  2. 決して褒められぬ悪の華!三国志に登場する暗殺者6選
  3. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  4. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  5. これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだった!
  6. 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】
  7. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  8. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP