三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての変

頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?




曹操頭痛

 

三国志演義において、曹操(そうそう)関羽(かんう)の死後現れるようになった亡霊に悩まされ健康を損ねたとされています。

死んだ関羽の亡霊が現れるとはいかにもフィクションのようにも思えますが、どうやらこの記述、医学的には意外に正確であるようです。




曹操が患ったとされる病気とは?

華陀

 

曹操が患ったとされる病気は史書などの表記から、おそらく脳腫瘍であったとされています。

三国志演義では、名医・華佗(かだ)から頭の切開手術を勧められた曹操は怒り、

華佗関羽のケガの治療をしたことから、彼が関羽の手の者であり自分を害しに来たのだと妄想、華佗を拷問の末殺してしまいます。

 

実際に華佗が曹操の病気を脳腫瘍であると断定していたかどうかは定かではありません。

また、脳腫瘍は現代の医学でも外科的な手術で治療することが難しく、脳腫瘍を治療できたかどうかは疑問です。




曹操が被害妄想を抱いたのは脳腫瘍のせいだった?

曹操頭痛

 

この三国志演義の記述を医学的に見ると、曹操が脳腫瘍を患っていたことを示しているように見えます。

脳腫瘍は出来た部位によって、さまざまな精神的症状を起こすことが知られています。

 

脳腫瘍 引用

(画像引用元:がん(癌)のき・ほ・ん

これは脳の中にできた腫瘍がその部位の脳細胞を圧迫・刺激し起こるもので、例えば前頭葉に生じた腫瘍が躁状態を引き起こすこともあるようです。

曹操の持病とされた頭痛も脳腫瘍の典型的な症状であり、つまり、史書と演義の双方の記述が、曹操の病気が脳腫瘍であったことを示していると言えるでしょう。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

脳腫瘍が引き起こすもうひとつの症状:幻覚

曹操頭痛

 

脳腫瘍が引き起こすもうひとつの症状として幻覚があります。

一言に幻覚といっても、腫瘍の生じた部位によってさまざまな症状に分かれるようですが、脳腫瘍の幻覚症状として有名な事例に“ドッペルゲンガー”があります。

ドッペルゲンガーは自分とそっくりな人間と出会うという現象で、その『もうひとりの自分』を見てしまった人は死ぬと言われています。

一般的にはオカルト的な現象と思われがちですが、実は医学的にこのドッペルゲンガーが発生する仮説が存在します。

脳腫瘍が側頭葉と頭頂葉の境界領域に生じた場合、

自分の身体を認識する感覚が失われて自分が身体から乖離しているように感じられることがあり、

このことが『もうひとりの自分を見た』=ドッペルゲンガーという現象として自覚されるというのです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話
  2. やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  4. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  5. 周瑜が長生きしていたら三国志はどうなったの?二国志になっていた可…
  6. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  7. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  8. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 小帝の妃
  2. 船冒険する諸葛直 船
  3. 眠る于禁

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略5】分城のシステムを紹介します。青州最強の●●さんも登場!!
  2. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  4. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由
  5. 西夏の末裔・チャン族はどんな服飾をしていた?西夏滅亡もざっくり解説 西夏の服飾(女性)
  6. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!

三國志雑学

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  2. 皇帝に就任した曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張魯
  2. カール・マルクス
  3. 李広利

おすすめ記事

鎌倉時代 服装 男女 鎌倉時代の平均寿命は?鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたの? 水面に弱気な自分が映る周瑜 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた 賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動! キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」 キングダム李信は最後には悲惨な死を迎えるって事実? 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】 三国志 まとめ 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで)

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP