編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

この記事の所要時間: 232




曹操頭痛

 

三国志演義において、曹操(そうそう)関羽(かんう)の死後現れるようになった亡霊に悩まされ健康を損ねたとされています。

死んだ関羽の亡霊が現れるとはいかにもフィクションのようにも思えますが、どうやらこの記述、医学的には意外に正確であるようです。




曹操が患ったとされる病気とは?

華陀

 

曹操が患ったとされる病気は史書などの表記から、おそらく脳腫瘍であったとされています。

三国志演義では、名医・華佗(かだ)から頭の切開手術を勧められた曹操は怒り、

華佗が関羽のケガの治療をしたことから、彼が関羽の手の者であり自分を害しに来たのだと妄想、華佗を拷問の末殺してしまいます。

 

実際に華佗が曹操の病気を脳腫瘍であると断定していたかどうかは定かではありません。

また、脳腫瘍は現代の医学でも外科的な手術で治療することが難しく、脳腫瘍を治療できたかどうかは疑問です。




曹操が被害妄想を抱いたのは脳腫瘍のせいだった?

曹操頭痛

 

この三国志演義の記述を医学的に見ると、曹操が脳腫瘍を患っていたことを示しているように見えます。

脳腫瘍は出来た部位によって、さまざまな精神的症状を起こすことが知られています。

 

脳腫瘍 引用

(画像引用元:がん(癌)のき・ほ・ん

これは脳の中にできた腫瘍がその部位の脳細胞を圧迫・刺激し起こるもので、例えば前頭葉に生じた腫瘍が躁状態を引き起こすこともあるようです。

曹操の持病とされた頭痛も脳腫瘍の典型的な症状であり、つまり、史書と演義の双方の記述が、曹操の病気が脳腫瘍であったことを示していると言えるでしょう。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った?華佗とはどういう人物だったか

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

 

脳腫瘍が引き起こすもうひとつの症状:幻覚

曹操頭痛

 

脳腫瘍が引き起こすもうひとつの症状として幻覚があります。

一言に幻覚といっても、腫瘍の生じた部位によってさまざまな症状に分かれるようですが、脳腫瘍の幻覚症状として有名な事例に“ドッペルゲンガー”があります。

ドッペルゲンガーは自分とそっくりな人間と出会うという現象で、その『もうひとりの自分』を見てしまった人は死ぬと言われています。

一般的にはオカルト的な現象と思われがちですが、実は医学的にこのドッペルゲンガーが発生する仮説が存在します。

脳腫瘍が側頭葉と頭頂葉の境界領域に生じた場合、

自分の身体を認識する感覚が失われて自分が身体から乖離しているように感じられることがあり、

このことが『もうひとりの自分を見た』=ドッペルゲンガーという現象として自覚されるというのです。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  2. 東方明珠って、何者?
  3. 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将…
  4. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  5. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  6. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  7. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  8. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  2. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家
  3. 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?
  4. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  5. 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発
  6. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ! 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの? 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!? こんな立派な悪党は藏覇(ぞうは)ぐらい!鬼神呂布に勝ち曹操を感激させた漢の生涯 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件 山海経(せんがいきょう)って何?|中国古代の神話世界 孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

おすすめ記事

  1. 【第1回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】蔡文姫さんと一緒に攻略プレイ!
  2. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  3. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?
  4. 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  5. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった
  6. 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  7. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  8. 【キングダム527話】キングダム六国の強さを勝手にランキング!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP