広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

この記事の所要時間: 235

曹丕皇帝

 

三国志には、暴虐な悪党が沢山登場します。

しかし、事、性格が悪いという点において曹丕(そうひ)の右に出る人間は、

そうはいないと思います。

 

曹丕は、ただ殴るとか、ただ殺すではなく、相手のプライドを傷つけて

苦しませて憤死させるという手の込んだイジメをするのです。

 

それだけにとてもイジリやすく、何度もネタにしてしまいました。

 

関連記事:命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁(うきん)

 

 

はじさんは曹丕をネタにした結果

ツンデレ曹丕

でも、ツイッターの曹丕ファンの方々からは、

「何が憎くて曹丕をディスるの?蜀びいきだから?」と言われてしまい

はじさんスタッフkawausoは反省しました。

 

そこで、今回は、「ごめんね曹丕、文帝イメージアップキャンペーン」

と題して、ネガキャンを排して、曹丕を称えてみようと思います。

 

 

女性の心情を歌えば中華一、曹丕の燕歌行(えんかこう)

曹丕 恋文

 

曹丕は詩の達人であり、実に沢山の詩を読んでいますが、

その中には、夫の帰りを待ちわびる女性の気持ちになりきり

読んだ歌もあります。

ここで紹介しますが、実にすばらしい歌です。

 

秋風蕭瑟天気涼 草木搖落露為霜 羣燕辭帰雁南翔 念君客遊思断腸

慊慊思帰戀故郷 何為淹留寄佗方 賤妾煢煢守空房 憂来思君不敢忘

不覚涙下霑衣裳 援琴鳴絃發清商 短歌微吟不能長 明月皎皎照我牀

星漢西流夜未央 牽牛織女遥相望 爾獨何辜限河梁

 

では、早速、こちらを意訳してみましょう。

 

今風にポップスにするとこんな意味です。

 

♪秋風がとっても寒くなったね

草木も葉を落して、露が霜になった。

もうツバメは南に飛んで、

雁が南から飛んできたよ。

 

月日は巡るのにどうして、

旅に出たあなたは還らないの?

 

私は、とても苦しいよ・・

あなたは故郷を思ってるの?

なら、どうしていつまでも、

遠くに行ったままなの・・

 

私はいつも一人であなたの居ない

冷たい空っぽの家を守ってる。

 

ううん、、私はあなたを忘れたりしないよ。

でも、気づくと、涙で服が濡れる日もあるの

 

気分を紛らわして琴を引き歌う事もある・・

でも、長く歌い続ける事は出来ないの

寂しくて、涙が声を詰まらせるから

 

月の光が、部屋の中に満ちて私を優しく照らし

天の川が西に流れて夜は延々と続く・・

 

織姫と彦星さえ、天の川を挟んで

お互いを感じられているのに・・

 

 

あなたは、何の罪があって遠い川辺に

押しとどめられたままなの?

 

※英語が出来る人は、英訳して歌にして下さい(嘘)

 

戦争に出て、戻ってこない夫を待つ妻の詩

曹丕

 

いかがでしょうか?凄いじゃないですか?

これは、戦争に出た夫の帰りを待つ妻の気持ちで詠んだ詩らしいですが、

上手いですよね、特に、琴を出して歌ってみるけど長くは歌えない、

いつも1人で冷たいからっぽの家で待っているという所が、

kawauso個人は、とてもグッと来るフレーズです。

 

最後の織姫と彦星でさえ川を挟んで通じあっているのに、

あなたはどこに留められているの?

 

には、もしかして、夫は戦死したのかも知れない、、

でも、それを認めらない、生きていると思いたい。

何かしらの罪で、ただ、留められているだけだと信じたい

 

そういう妻の心の葛藤まで表現されています。

 

 

kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

こうして見ると、曹丕の詩の才能の豊かさが分かります。

日本でも詩人の紀貫之(きのつらゆき)が土佐日記を

女性に仮託して書いていますが、男性でありながら、

女性の心情を詠うというのは、かなりレベルの高い人物でないと無理です。

 

どうしてかって、自信満々で書いた女性目線の詩を、

 

「こんな事考える、女いねーよ、ぷっ」

 

なんて人に思われたら、はずかちーですからね。

 

というわけで、これまで散々、貶してきた罪滅ぼしに、

曹丕を全力でヨイショしてみました。

 

魏ファンの、とりわけ、建安マエストロファンの曹丕ファンの方々、

これで満足していただけたでしょうか?

 

久々の三国志の話題、ご馳走様でした。

 

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

蔡琰

よく読まれてる記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

曹丕 残忍

 

よく読まれてる記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  2. これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?
  3. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  4. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  5. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  6. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  7. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  8. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  2. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  3. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  4. 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  5. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも愛読、人生や経営に役立つ名言が詰まった兵法書
  6. 秦の『人材』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる! 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース10記事【2/29〜3/6】 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは? 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?

おすすめ記事

  1. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  2. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点
  3. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?
  4. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?
  5. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  6. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  7. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決
  8. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP