ログイン | 無料ユーザー登録


麒麟がきた
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

はじめての変

曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン

曹丕皇帝

 

三国志には、暴虐な悪党が沢山登場します。

しかし、事、性格が悪いという点において曹丕(そうひ)の右に出る人間は、

そうはいないと思います。

 

曹丕は、ただ殴るとか、ただ殺すではなく、相手のプライドを傷つけて

苦しませて憤死させるという手の込んだイジメをするのです。

 

それだけにとてもイジリやすく、何度もネタにしてしまいました。

 

関連記事:命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁(うきん)

 

 

はじさんは曹丕をネタにした結果

ツンデレ曹丕

でも、ツイッターの曹丕ファンの方々からは、

「何が憎くて曹丕をディスるの?蜀びいきだから?」と言われてしまい

はじさんスタッフkawausoは反省しました。

 

そこで、今回は、「ごめんね曹丕、文帝イメージアップキャンペーン」

と題して、ネガキャンを排して、曹丕を称えてみようと思います。

 

 

女性の心情を歌えば中華一、曹丕の燕歌行(えんかこう)

曹丕 恋文

 

曹丕は詩の達人であり、実に沢山の詩を読んでいますが、

その中には、夫の帰りを待ちわびる女性の気持ちになりきり

読んだ歌もあります。

ここで紹介しますが、実にすばらしい歌です。

 

秋風蕭瑟天気涼 草木搖落露為霜 羣燕辭帰雁南翔 念君客遊思断腸

慊慊思帰戀故郷 何為淹留寄佗方 賤妾煢煢守空房 憂来思君不敢忘

不覚涙下霑衣裳 援琴鳴絃發清商 短歌微吟不能長 明月皎皎照我牀

星漢西流夜未央 牽牛織女遥相望 爾獨何辜限河梁

 

では、早速、こちらを意訳してみましょう。

 

今風にポップスにするとこんな意味です。

 

♪秋風がとっても寒くなったね

草木も葉を落して、露が霜になった。

もうツバメは南に飛んで、

雁が南から飛んできたよ。

 

月日は巡るのにどうして、

旅に出たあなたは還らないの?

 

私は、とても苦しいよ・・

あなたは故郷を思ってるの?

なら、どうしていつまでも、

遠くに行ったままなの・・

 

私はいつも一人であなたの居ない

冷たい空っぽの家を守ってる。

 

ううん、、私はあなたを忘れたりしないよ。

でも、気づくと、涙で服が濡れる日もあるの

 

気分を紛らわして琴を引き歌う事もある・・

でも、長く歌い続ける事は出来ないの

寂しくて、涙が声を詰まらせるから

 

月の光が、部屋の中に満ちて私を優しく照らし

天の川が西に流れて夜は延々と続く・・

 

織姫と彦星さえ、天の川を挟んで

お互いを感じられているのに・・

 

 

あなたは、何の罪があって遠い川辺に

押しとどめられたままなの?

 

※英語が出来る人は、英訳して歌にして下さい(嘘)

 

戦争に出て、戻ってこない夫を待つ妻の詩

曹丕

 

いかがでしょうか?凄いじゃないですか?

これは、戦争に出た夫の帰りを待つ妻の気持ちで詠んだ詩らしいですが、

上手いですよね、特に、琴を出して歌ってみるけど長くは歌えない、

いつも1人で冷たいからっぽの家で待っているという所が、

kawauso個人は、とてもグッと来るフレーズです。

 

最後の織姫と彦星でさえ川を挟んで通じあっているのに、

あなたはどこに留められているの?

 

には、もしかして、夫は戦死したのかも知れない、、

でも、それを認めらない、生きていると思いたい。

何かしらの罪で、ただ、留められているだけだと信じたい

 

そういう妻の心の葛藤まで表現されています。

 

 

kawausoの独り言

kawauso 三国志

 

こうして見ると、曹丕の詩の才能の豊かさが分かります。

日本でも詩人の紀貫之(きのつらゆき)が土佐日記を

女性に仮託して書いていますが、男性でありながら、

女性の心情を詠うというのは、かなりレベルの高い人物でないと無理です。

 

どうしてかって、自信満々で書いた女性目線の詩を、

 

「こんな事考える、女いねーよ、ぷっ」

 

なんて人に思われたら、はずかちーですからね。

 

というわけで、これまで散々、貶してきた罪滅ぼしに、

曹丕を全力でヨイショしてみました。

 

魏ファンの、とりわけ、建安マエストロファンの曹丕ファンの方々、

これで満足していただけたでしょうか?

 

久々の三国志の話題、ご馳走様でした。

 

関連記事:曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

 

 

こちらの記事もよく読まれています

曹操 詩

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

蔡琰

よく読まれてる記事:三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生

 

曹丕 残忍

 

よく読まれてる記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉禅を説得する張嶷 劉禅に忠誠を尽くした武人・張嶷の最後に心が震える
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか?
  3. 環夫人 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  4. 胡車児(暗殺者) 典韋から武器を奪った胡車児とは何者だ?正史と小説から解説
  5. 三国志大学 曹操 教える事は特権?後漢時代の塾の先生は威張っていた!
  6. 羌族 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  7. 蜀の皇帝に即位した劉備 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス
  8. 北伐したくてたまらない姜維 姜維は馬超ジュニア?諸葛亮の敏腕プロデュースの結末

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 小帝(少帝劉弁)
  2. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后
  3. 敗北する馬岱
  4. 沙摩柯
  5. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  6. 蒼天航路
  7. キングダム52巻
  8. 水魚の交わり

おすすめ記事

  1. 【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 梁興と馬騰
  2. 橋本左内とはどんな人?西郷どんが生涯尊敬した越前の天才
  3. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 法正と張松
  4. 楽進の死因は?守りの楽進!死から最も遠かった男 楽進の矢でが命を落とす成廉
  5. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】 はじめての三国志 画像準備中
  6. 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった? 平野国臣

三國志雑学

  1. 鮑信と曹操
  2. 曹植は軟弱ではなかった曹植
  3. 桃園三兄弟 vs 呂布の一騎打ち
  4. 袁術と孫策
  5. 曹操の墓


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鄧艾
  2. 司馬懿
  3. 陳平
  4. 育てる三国志の華
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

陸遜 陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材 劉備の黒歴史 劉備は実像とは違う?本当に仁徳の人?劉備の真の魅力とは何か? 【真・三國無双 Online Z 攻略2】超初心者が三国無双を5時間プレイするとどこまで上達するのか! 曹操は関羽をGET 39話:桃園三兄弟、バラバラに、、関羽は曹操に捕らわれる 孔明 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法 篤姫 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性? 【伊達宗城と宇和島藩】10万石の小藩が持ちえた熱意と行動力とは? 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP