呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに

桓公(かんこう)




 

キングダムの時代は中国古代史の戦国時代の末期の時代です。

今回はその前の時代である春秋時代をご紹介したいと思います。

この時代には春秋の五覇(しゅんじゅうのごは)と言われる名君たちがおりました。

春秋の五覇の仕事は国同士の紛争解決や中国内部に点在している異民族迎撃などを

周王に代わって行うのが主な仕事でした。

春秋五覇のひとりである斉の桓公(かんこう)は名宰相と言われ、

諸葛孔明も尊敬していた管仲(かんちゅう)が亡くなった後、

諸侯を代表している君主とは思えない振る舞いを行い国を乱れさせてしまいます。

なぜ彼は管仲が充実させた国を乱してしまったのでしょうか。

 

関連記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

関連記事:【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事




管仲の遺言

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

斉の桓公は宰相・管仲と一緒に斉の国を成長させてきました。

そのおかげで斉の国は大きく成長することに成功し、

桓公は諸侯のまとめ役である春秋の五覇と呼ばれるようになります。

しかし名宰相であった管仲が病にかかって倒れてしまい、

その後危篤状態になってしまいます。

そこで桓公は管仲を見舞いに行くついでに、

彼に斉の国を取り仕切る宰相の位に誰を指名すればいいのかを聴きに行きます。

桓公は管仲の屋敷に到着し、彼と色々な思い出話や世間話をした後に本題へ入ります。

彼は管仲へ「君がもしなくなってしまったら宰相を誰にすればいいかな」と聞きます。

すると管仲は「私の後の宰相は誰が一番適任であるかわかっているのではないのですか。」と

述べます。

管仲の言葉を聞いた桓公は頷くと三人の名前をあげますが、全員管仲に反対されてしまいます。

桓公はショックを受けて宮殿に帰ってしまいますが、管仲が亡くなった後、彼の忠告を聞かないで、

管仲の屋敷で上げた三人を重宝していってしまうのです。

ついでに管仲の屋敷で上げた三人の名前は料理人・易牙(えきが)、

元・衛(えい)国の公子・開方(かいほう)、そして宦官の豎刁(じゅちょう)です。




自分の後継を変えてしまう

photo credit: When moon lit up the blue sky via photopin (license)

 

桓公は自分が年老いていることを自覚し始める時期に差しかかります。

彼は生前の管仲と二人で後継者を決めておりましたが、桓公に重宝されていた料理人・易牙が

宦官である豎刁と結託して桓公へ後継者を変えてしまうよう進言。

この進言を聞き入れた桓公は管仲と一緒に決めていた後継者・昭を廃して、

無詭(むき)を後継者に指名してしまいます。

このことが斉の国を大きく乱すきっかけとなることを桓公は知りませんでした。

 

桓公死すそして・・・・

三国志 ろうそく 写真

 

桓公が病にかかってなくなってしまいます。

すると桓公の側室から生まれた公子達は派閥を作って桓公の後継者をめぐって戦いを開始。

そのため国内は大き荒れてしまい、桓公の葬式を挙げることができない状態でした。

こうして斉の国内で桓公の後継を巡って熾烈な戦いが行われ、

その結果無詭が桓公の跡を次ぐことになります。

しかし彼は公子昭の後見人となっていた宋の襄公(じょうこう)が

公子昭を担いで斉へ攻撃を仕掛けてきます。

この時に桓公の跡を継いだ無詭が殺害されてしまいます。

そして無詭を殺害した他の公子達が力を合わせて宋軍と戦う事になるのですが、

宋の襄公は諸侯の兵を率いており、斉一国の軍力じゃ到底叶う人数ではあありませんでしたが、

公子達は諸侯連合の軍勢を幾度か追い払っております。

しかし結果は諸侯連合軍に敗北してしまうことになります。

そして斉の君主には宋の襄公に担がれた公子昭が君主となって君臨し、

彼が斉の君主となった時にやっと桓公の葬式が行われたそうです。

 

春秋戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

桓公は管仲の補佐があって名君として輝くことができ、

管仲亡き後の彼は無用な争いの種を次世代へ残していっただけではないのでしょうか。

もし管仲がいなければ彼は歴史に名前を留めることができなかったかもしれません。

そして桓公の最後は葬式すら行われない非常に残念な最後と言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 司馬遷「史記」 市川宏・杉本達夫訳など

 

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族) 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  2. 織田信長 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾…
  3. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗…
  4. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将…
  5. 荀彧 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おん…
  7. 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕…
  8. 【項羽との恋愛で起こった悲しい運命】虞美人と虞美人草の悲しいお話…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 小帝の妃
  2. 孔明と司馬懿
  3. 呂布 ナイスシュート
  4. 夏侯惇
  5. 董卓を倒す呂布
  6. 周倉と裴元紹

おすすめ記事

  1. これは凄い!司馬尚・龐煖のシバケンコンビがオルド将軍を撃ち砕く? キングダム45
  2. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  3. キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問 はじめての三国志 画像準備中
  4. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  5. 【感謝】シミルボンにて総合ランキング1位を「はじめての三国志」が獲得しました!
  6. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる

三國志雑学

  1. 朝まで三国志 劉備
  2. 三国志ライター よかミカンさん
  3. ツンデレ曹丕


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 読書する劉備
  2. 荀勗(じゅんきょく)
  3. 関興と張苞
  4. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧
  5. 諸葛誕
  6. 曹操の使者を斬り捨てる武闘派の孔明

おすすめ記事

曹操 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州(よしゅう)編 過労死する諸葛孔明 【有料記事】諸葛亮は陣中ではなく村で死んでいた 司馬徽 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなかった偉人 晋の陳寿 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家 三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第8話「運命の攻防」配信日が決定しました 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP