春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに

この記事の所要時間: 217




 

キングダムの時代は中国古代史の戦国時代の末期の時代です。

今回はその前の時代である春秋時代をご紹介したいと思います。

この時代には春秋の五覇(しゅんじゅうのごは)と言われる名君たちがおりました。

春秋の五覇の仕事は国同士の紛争解決や中国内部に点在している異民族迎撃などを

周王に代わって行うのが主な仕事でした。

春秋五覇のひとりである斉の桓公(かんこう)は名宰相と言われ、

諸葛孔明も尊敬していた管仲(かんちゅう)が亡くなった後、

諸侯を代表している君主とは思えない振る舞いを行い国を乱れさせてしまいます。

なぜ彼は管仲が充実させた国を乱してしまったのでしょうか。

 

関連記事:諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

関連記事:【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事




管仲の遺言

管仲(衣食なして礼節を知る)

 

斉の桓公は宰相・管仲と一緒に斉の国を成長させてきました。

そのおかげで斉の国は大きく成長することに成功し、

桓公は諸侯のまとめ役である春秋の五覇と呼ばれるようになります。

しかし名宰相であった管仲が病にかかって倒れてしまい、

その後危篤状態になってしまいます。

そこで桓公は管仲を見舞いに行くついでに、

彼に斉の国を取り仕切る宰相の位に誰を指名すればいいのかを聴きに行きます。

桓公は管仲の屋敷に到着し、彼と色々な思い出話や世間話をした後に本題へ入ります。

彼は管仲へ「君がもしなくなってしまったら宰相を誰にすればいいかな」と聞きます。

すると管仲は「私の後の宰相は誰が一番適任であるかわかっているのではないのですか。」と

述べます。

管仲の言葉を聞いた桓公は頷くと三人の名前をあげますが、全員管仲に反対されてしまいます。

桓公はショックを受けて宮殿に帰ってしまいますが、管仲が亡くなった後、彼の忠告を聞かないで、

管仲の屋敷で上げた三人を重宝していってしまうのです。

ついでに管仲の屋敷で上げた三人の名前は料理人・易牙(えきが)、

元・衛(えい)国の公子・開方(かいほう)、そして宦官の豎刁(じゅちょう)です。




自分の後継を変えてしまう

 

桓公は自分が年老いていることを自覚し始める時期に差しかかります。

彼は生前の管仲と二人で後継者を決めておりましたが、桓公に重宝されていた料理人・易牙が

宦官である豎刁と結託して桓公へ後継者を変えてしまうよう進言。

この進言を聞き入れた桓公は管仲と一緒に決めていた後継者・昭を廃して、

無詭(むき)を後継者に指名してしまいます。

このことが斉の国を大きく乱すきっかけとなることを桓公は知りませんでした。

 

桓公死すそして・・・・

三国志 ろうそく 写真

 

桓公が病にかかってなくなってしまいます。

すると桓公の側室から生まれた公子達は派閥を作って桓公の後継者をめぐって戦いを開始。

そのため国内は大き荒れてしまい、桓公の葬式を挙げることができない状態でした。

こうして斉の国内で桓公の後継を巡って熾烈な戦いが行われ、

その結果無詭が桓公の跡を次ぐことになります。

しかし彼は公子昭の後見人となっていた宋の襄公(じょうこう)が

公子昭を担いで斉へ攻撃を仕掛けてきます。

この時に桓公の跡を継いだ無詭が殺害されてしまいます。

そして無詭を殺害した他の公子達が力を合わせて宋軍と戦う事になるのですが、

宋の襄公は諸侯の兵を率いており、斉一国の軍力じゃ到底叶う人数ではあありませんでしたが、

公子達は諸侯連合の軍勢を幾度か追い払っております。

しかし結果は諸侯連合軍に敗北してしまうことになります。

そして斉の君主には宋の襄公に担がれた公子昭が君主となって君臨し、

彼が斉の君主となった時にやっと桓公の葬式が行われたそうです。

 

春秋戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

桓公は管仲の補佐があって名君として輝くことができ、

管仲亡き後の彼は無用な争いの種を次世代へ残していっただけではないのでしょうか。

もし管仲がいなければ彼は歴史に名前を留めることができなかったかもしれません。

そして桓公の最後は葬式すら行われない非常に残念な最後と言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 司馬遷「史記」 市川宏・杉本達夫訳など

 

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相で…
  2. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫…
  3. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出…
  4. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  5. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった…
  6. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相…
  7. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  8. 英雄記から見た河北の覇者を決める公孫瓚VS袁紹

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選
  2. 実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!
  3. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  4. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える
  5. 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの?
  6. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯 狼中年劉備、もっともらしい事を言って孫権を欺く 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!? 魏延(ぎえん)ってどんな人?|裏切り者?それとも忠義の士? 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった! 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  2. 楚の荘王が残した「鳴かず飛ばず」【五分でわかる春秋戦国時代の名言】
  3. 陳寿が語る孫権像
  4. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)
  5. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名
  6. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  7. キミとボクの三国志とはどんなアプリゲーム?
  8. これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP