はじめての三国志

menu

三国志の雑学

初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性

この記事の所要時間: 218




陸遜

 

西暦222年、復讐に燃える蜀の皇帝・劉備(りゅうび)の大軍を

呉の総大将たる陸遜(りくそん)が火計をもって討ち破りました。

劉備はその後、白帝城に敗退し、失意のままに亡くなります。

劉備にとどめを刺したのは、呉の陸遜といっても過言ではありません。

陸遜は数々の武功をあげて、西暦229年に上大将軍(最高司令官)・右都護に任命され、

推しも押されぬ呉の代表となります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?




蜀の代表・諸葛亮

孔明

 

蜀の諸葛亮孔明は蜀が建国され、劉備が皇帝となった西暦221年に丞相に任命されています。

そして劉備が陸遜に敗退し、白帝城で亡くなった西暦223年、

諸葛亮孔明は新皇帝となる劉禅(りゅうぜん)の後見役を任されるのです。

諸葛亮孔明は陸遜よりも先に国を代表する重責を担っていました。

ちなみに陸遜が諸葛亮孔明と同等の丞相の位に就くのは、西暦244年のことになります。

諸葛亮孔明が五丈原の地で亡くなってからすでに10年の時が過ぎ去っていました。




陸遜と諸葛亮の大きな違い

孔明 矢

 

ふたりの年齢差はおよそ2歳です。

ほぼ同年代といってもよいでしょう。諸葛亮孔明のほうが2歳の年上ということになります。

魏の司馬懿(しばい)はさらに諸葛亮孔明より2歳年上になります。

まさに新世代を代表する3人でした。

陸遜と諸葛亮孔明の大きな違いはどこにあるでしょうか。

一番は主君です。仕えるべき相手の器量や経験が圧倒的に違うのです。

 

孫権

 

呉は曹操と赤壁で戦い、確固たる独立勢力を築いた経験豊富な孫権が君主でした。

対して劉禅は、さほどの苦労もせずに蜀の皇帝になっています。戦場で指揮をとったことも皆無です。

つまり呉はあくまでも孫権主導で政治が行われたことに対し、

蜀は諸葛亮孔明に国の将来がかかっていました。

その点では責任重大な諸葛亮孔明の立場でしたが、その分だけ自由に指揮をとれたといえるでしょう。

 

関連記事:孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

 

陸遜と諸葛亮の関係

孔明

 

ふたりが戦場でぶつかりあったことはありません。

三国志演義では夷陵の戦いで劉備を救うために

諸葛亮孔明が骨をおったとされていますが、脚色でしょう。

諸葛亮孔明にとっては主君を倒した憎むべき相手なのですが、

なぜ諸葛亮孔明は陸遜と争わなかったのでしょうか。

一番は諸葛亮孔明が蜀建国の志である、漢を滅ぼした魏を倒すという初心に戻ったからです。

つまり諸葛亮孔明は呉との融和策を選んだのです。賢明な判断でしょう。

蜀と呉が争って喜ぶのは魏だけです。呉と蜀は共倒れになってしまいます。

 

陸遜 孫権

 

このとき、呉の孫権は蜀との外交の窓口に陸遜を指名しました。

孫権はそのために自分の印璽を彫って陸遜に渡したのです。

蜀に書簡を送る時にはまず陸遜に確認させ、手直しが必要なときは陸遜の独断で修正が可能でした。

必ず内容を確認し、陸遜の手元にある孫権の印璽で封をしたのです。

陸遜と諸葛亮孔明は国を背負って交流したことになります。

 

 

西暦234年の協力

孔明

 

西暦234年、蜀の諸葛亮孔明は自身の最期の北伐となる戦いを五丈原で繰り広げます。

蜀は当然、同盟国である呉に同時出兵を促し、陸遜は諸葛瑾と共に魏の襄陽を攻めました。

孫権は合肥を攻めています。

魏の曹叡は自ら寿春に出兵し呉の攻撃をなんとしても押さえきろうとするのに対し、

蜀に対しては司令官の司馬懿に援軍を出して絶対に戦わないように厳命しました。

結局、諸葛亮孔明は百日の対陣の後に病没し、蜀と呉の同時攻撃はまたも失敗に終わるのです。

 

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

陸遜にとって諸葛亮孔明は憧れの存在だったかもしれません。

同じような年代でありながら、丞相として国を支え、南征し国力を高め、巨大な敵である魏に攻め込む。

まさにスーパースターです。陸遜が尊敬の念を持っていたとしてもおかしくはないでしょう。

互いにもっともっと話をして魏を倒す算段をつければ戦局はもっと変わったかもしれないと思うと、

なんだかもったいないような気もします。

まあ、戦わなかったことが互いに力を認めていた証拠なのかもしれません。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  2. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  3. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑…
  4. とっても皇帝になりたかった袁術
  5. マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  6. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)
  7. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?
  8. 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第4回:兵は勝つことを貴ぶ。久しきを貴ばず
  2. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操
  3. 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官
  4. 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。
  5. 曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?
  6. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について 曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ! 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介!

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】
  2. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは
  3. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんなに必要なの?
  4. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点
  5. 【お知らせ】はじめての●●を追加しました
  6. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  7. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  8. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP