キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性

この記事の所要時間: 241




陸遜

 

西暦222年、復讐に燃える蜀の皇帝・劉備(りゅうび)の大軍を

呉の総大将たる陸遜(りくそん)が火計をもって討ち破りました。

劉備はその後、白帝城に敗退し、失意のままに亡くなります。

劉備にとどめを刺したのは、呉の陸遜といっても過言ではありません。

陸遜は数々の武功をあげて、西暦229年に上大将軍(最高司令官)・右都護に任命され、

推しも押されぬ呉の代表となります。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの?

 

 

蜀の代表・諸葛亮

孔明

 

蜀の諸葛亮孔明は蜀が建国され、劉備が皇帝となった西暦221年に丞相に任命されています。

そして劉備が陸遜に敗退し、白帝城で亡くなった西暦223年、

諸葛亮孔明は新皇帝となる劉禅(りゅうぜん)の後見役を任されるのです。

諸葛亮孔明は陸遜よりも先に国を代表する重責を担っていました。

ちなみに陸遜が諸葛亮孔明と同等の丞相の位に就くのは、西暦244年のことになります。

諸葛亮孔明が五丈原の地で亡くなってからすでに10年の時が過ぎ去っていました。

 

 

陸遜と諸葛亮の大きな違い

孔明 矢

 

ふたりの年齢差はおよそ2歳です。

ほぼ同年代といってもよいでしょう。諸葛亮孔明のほうが2歳の年上ということになります。

魏の司馬懿(しばい)はさらに諸葛亮孔明より2歳年上になります。

まさに新世代を代表する3人でした。

陸遜と諸葛亮孔明の大きな違いはどこにあるでしょうか。

一番は主君です。仕えるべき相手の器量や経験が圧倒的に違うのです。

 

孫権

 

呉は曹操と赤壁で戦い、確固たる独立勢力を築いた経験豊富な孫権が君主でした。

対して劉禅は、さほどの苦労もせずに蜀の皇帝になっています。戦場で指揮をとったことも皆無です。

つまり呉はあくまでも孫権主導で政治が行われたことに対し、

蜀は諸葛亮孔明に国の将来がかかっていました。

その点では責任重大な諸葛亮孔明の立場でしたが、その分だけ自由に指揮をとれたといえるでしょう。

 

関連記事:孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

関連記事:【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負

 

陸遜と諸葛亮の関係

孔明

 

ふたりが戦場でぶつかりあったことはありません。

三国志演義では夷陵の戦いで劉備を救うために

諸葛亮孔明が骨をおったとされていますが、脚色でしょう。

諸葛亮孔明にとっては主君を倒した憎むべき相手なのですが、

なぜ諸葛亮孔明は陸遜と争わなかったのでしょうか。

一番は諸葛亮孔明が蜀建国の志である、漢を滅ぼした魏を倒すという初心に戻ったからです。

つまり諸葛亮孔明は呉との融和策を選んだのです。賢明な判断でしょう。

蜀と呉が争って喜ぶのは魏だけです。呉と蜀は共倒れになってしまいます。

 

陸遜 孫権

 

このとき、呉の孫権は蜀との外交の窓口に陸遜を指名しました。

孫権はそのために自分の印璽を彫って陸遜に渡したのです。

蜀に書簡を送る時にはまず陸遜に確認させ、手直しが必要なときは陸遜の独断で修正が可能でした。

必ず内容を確認し、陸遜の手元にある孫権の印璽で封をしたのです。

陸遜と諸葛亮孔明は国を背負って交流したことになります。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

西暦234年の協力

孔明

 

西暦234年、蜀の諸葛亮孔明は自身の最期の北伐となる戦いを五丈原で繰り広げます。

蜀は当然、同盟国である呉に同時出兵を促し、陸遜は諸葛瑾と共に魏の襄陽を攻めました。

孫権は合肥を攻めています。

魏の曹叡は自ら寿春に出兵し呉の攻撃をなんとしても押さえきろうとするのに対し、

蜀に対しては司令官の司馬懿に援軍を出して絶対に戦わないように厳命しました。

結局、諸葛亮孔明は百日の対陣の後に病没し、蜀と呉の同時攻撃はまたも失敗に終わるのです。

 

関連記事:本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?

関連記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

陸遜にとって諸葛亮孔明は憧れの存在だったかもしれません。

同じような年代でありながら、丞相として国を支え、南征し国力を高め、巨大な敵である魏に攻め込む。

まさにスーパースターです。陸遜が尊敬の念を持っていたとしてもおかしくはないでしょう。

互いにもっともっと話をして魏を倒す算段をつければ戦局はもっと変わったかもしれないと思うと、

なんだかもったいないような気もします。

まあ、戦わなかったことが互いに力を認めていた証拠なのかもしれません。

 

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志武将のダイエットグッズでこんなのがあったら嬉しい
  2. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  3. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?青年期編
  4. 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい
  5. 【シミルボン】兵士達の心のオアシス、軍市とはどんなモノだったの?…
  6. 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  7. 司馬懿は雨がラッキーアイテムだった!?
  8. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】
  2. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師
  3. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説
  4. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学
  5. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定
  6. 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの? 土持政照とはどんな人?西郷どんの命の恩人に迫る 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの? 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった?

おすすめ記事

  1. 夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将
  2. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操
  3. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  4. 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの?
  5. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  6. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親
  7. 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み
  8. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP