キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍

この記事の所要時間: 243




王賁

 

キングダムで絶賛活躍中の武将である王賁(おうほん)

彼は秦の始皇帝の天下統一事業で大いに活躍します。

彼が亡くなった後、息子である王離(おうり)は

楚漢戦争で名将・章邯(しょうかん)に付き従って活躍しますが、

項羽軍に敗北した時に捕虜になってしまいます。

王離はそのまま史記では記述がなくなってしまいますが、

彼の息子達は琅邪と太原に住み付くことになります。

太原王氏は三国志の時代に活躍した王允と王凌が有名ですが、

琅邪王氏は一体どのような人物を輩出したのでしょうか。

今回は琅邪王氏が輩出した三国時代の人物にスポットライトを当てて見たいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想




三国志に出現した孝行者・王祥(おうしょう)

暴れる黄巾党008

 

王賁の血が流れている琅邪王氏も三国志の時代に活躍しておりました。

その名を王祥(おうしょう)と言い、後漢末の黄巾の乱が発生した時に誕生します。

彼は後漢王朝が腐っていたことに憤慨して、

後漢王朝の官職に就くことなく家で過ごしておりました。

だが彼の名前は家に過ごしていたにも関わらず、

孝行者として天下にその名が響き渡ることになります。




継母に仕えた孝行者

ろうそく f

 

王祥は母が早くに亡くなってしまい継母と一緒に暮らしておりました。

しかしこの継母は王祥が無茶苦茶嫌いで、彼に色々と無茶なことばかりを言いつけます。

あるエピソードとして王祥が継母から「この家にあるすももの木をしっかりと見張るのですよ」と

命じられます。

このため王祥は継母の言われるとおり、雨の日も風の日もすももの木を見張っていたそうです。

また彼女は自らの息子である王覧をすごく可愛がっており、

王祥が孝行者としてその名が有名になっていくことを苦々しく思っておりました。

そこで彼女は彼が寝ている間に殺害してしまおうと考え、

彼の寝室に入って刀で彼の布団に斬りつけます。

しかし彼はたまたま布団の中にいなかったため命からがら助かりますが、

寝室に入ってボロボロの布団を見るとすぐに継母の元へ言って

「私に母上を苛立たせる落ち度があったのでしょう。

どうか私を殺してそのいらだちをおさめてください。」と言ったそうです。

この言葉を聞いた継母は彼に対しての態度を改めたそうです。

このように継母にしっかりと仕えていた王祥ですが、

彼女が亡くなると彼女が生きていた当時から何度も仕官について要請があったため、

ついに彼も致し方なく、仕官することに決めます。

この時彼は60を過ぎていたそうです。

 

 

司馬家に仕えて三公の位にまで登る

司馬炎 はじめての三国志

 

王祥が魏に仕えた時、魏は司馬家が政権を握っている時代で、

魏の皇帝は司馬家の傀儡状態でした。

その後、司馬炎(しばえん)が魏の皇帝から禅譲を受けて晋の皇帝に即位します。

王祥はこの間高齢でありながらも自らの前半生で培ってきた孝の高さと事務処理能力の高さが

認められて魏の滅亡寸前に三公の位に就任します。

その後司馬炎が成立させた晋の時代には

三公の上にある名誉職・太保(たいほ)の官職を得るほど重用されたそうです。

 

関連記事:司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

関連記事:犬も食わない夫婦喧嘩が皇帝に持ち込まれた?司馬炎、感涙の名裁きとは?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

三国時代きっての琅邪王氏の出世頭・王祥。

しかし彼の死後一気に家運は衰えてしまい、彼の一族は歴史から姿を消してしまいます。

では琅邪王氏の血族はここで歴史の中からいなくなってしまうのでしょうか。

そうではありませんでした。

琅邪王氏の一族は王祥をいじめ抜いた継母の息子・王覧の一族が担っていくことになるのです。

王賁は武将として鮮やかな活躍を史記に記録されて歴史にその名をとどめることになるのですが、

彼の血族は文官として歴史に名をとどめており、

キングダムの王賁一族がしっかりと歴史に参加している事を知ると

キングダム好きの皆様も春秋戦国時代以外の歴史にも

興味を持つことができるのではないのでしょうか。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  2. 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介
  3. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  4. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  5. 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  7. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  8. 董卓が殺害された原因と三国志に与えた影響とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック
  2. 思わず「やりすぎだろ」と声が出る!脳筋・呂布が袁術にたかる方法が現代でも使える【ビジネス三国志】
  3. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?
  4. 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る
  5. 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将
  6. 【孔門十哲】顔回(がんかい)とはどんな人?孔子が最も愛した弟子

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

今更勉強しにくい鎌倉時代ってどんな時代なの?アンゴルモア 元寇合戦記を100倍楽しむ! 【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争 うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍 袁紹と張り合った袁術が滅亡した原因って一体何なの? 【大三国志 攻略3】滅亡も覚悟の8・8青州外交 どうなる同盟・天下乱舞の運命! 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生

おすすめ記事

  1. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは?
  2. 川口雪蓬(せっぽう)とはどんな人?西郷家の最強居候
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【7/11〜7/17】
  4. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  5. うぐ、どうしても董卓と呂布に勝てない……!
  6. 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた
  7. 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操
  8. 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP