架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名

この記事の所要時間: 253




尼子晴久 wiki

 

毛利元就(もうりもとなり)は中国地方の覇者としてその名を歴史にとどめることになるのですが、

彼の中国地方攻略戦には幾多の群雄が立ちはだかっております。

今回はその中の一人である出雲の覇者として元就に立ちはだかった尼子晴久(あまこはるひさ)に

付いてご紹介したいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




兄たちが亡くなった事で後継者へ

月 f

 

晴久は初めから尼子氏の当主として君臨する武将ではありませんでした。

彼には二人の兄がおり、長兄は早くに亡くなってしまいます。

また次兄は出雲(いずも)平定戦で討ち死にしてしまった為、

三男である晴久が尼子氏を継ぐことになります。

 

領土を拡大し天下へ狙う

炎 s

 

晴久は尼子氏の当主として君臨すると天下に覇を唱えるべく領土拡張政策を実施。

彼はまず出雲(=現在の島根県東部を指す)の南にある播磨(はりま=兵庫県南西部)へ出陣し、

この地を領有していた赤松家に大勝します。

その後彼は近隣諸国へ積極的に兵を出し、領土を拡大して中国地方最大の勢力へと

膨れ上がっていくのです。




毛利家との戦い

竹 f

 

晴久は上洛して天下に覇を唱える野望を叶えるため、出雲の後方に存在している毛利氏や

大内氏が邪魔になっていきます。

彼はこの二つの群雄を消して上洛してる時に背後から攻撃を受けないようにするため、

まず弱小である安芸(あき=現在の広島県西部)に領土を持つ毛利氏へ攻撃を仕掛けます。

毛利攻撃を行う前に彼は安芸の豪族達へ尼子へ味方に付くべしと調略を施します。

この結果安芸の豪族達は尼子へ味方するものがたくさん出てくることになり、

毛利家に取って危機的状況になります。

こうして準備万端に整った尼子晴久は毛利氏へ攻撃を仕掛けます。

 

大内家の援軍と毛利軍のしぶとさに敗北

劉邦 竹 冠

 

晴久は毛利が篭城している吉田郡山城へ攻撃を仕掛けます。

しかし元就率いる毛利軍の守備は固く、挑発して城から出たところを攻撃しようとしますが、

挑発にも一切応じない状態が続きます。

膠着状態が続いている中、大内軍の援軍が到来。

尼子軍は毛利氏と大内家の挟撃を受けることになり惨敗してしまいます。

そして晴久がせっかく調略して味方につけた安芸の豪族達も

大内家と毛利家によって滅ぼされてしまうのです。

 

毛利・大内連合軍に攻められる

炎 s

 

晴久は出雲の月山富田城(がっさんとだじょう)へ逃げ帰ることに成功しますが、

数ヵ月後に大内・毛利連合軍が月山富田城へ押し寄せてきます。

しかし月山富田城は要害堅固な城でちょっとやそっとの攻撃で陥落することができない

居城です。

大内・毛利連合軍は必死に攻撃を仕掛けますが、月山富田城はビクともしませんでした。

この攻城戦の最中に晴久は連合軍へ味方している豪族達を寝返らせることに成功し、

城から打って出て連合軍へ痛撃を与えることに成功します。

この戦いで大内家の軍勢は壊滅的な損害を受けて周防(すおう=現在の山口県)へ

逃げ帰ることになり、毛利家も当主元就が命からがら逃げ帰る有様でした。

このように毛利・大内・尼子は一進一退を繰り返してくことになります。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

この毛利・大内・尼子の均衡が崩れるのが陶晴賢(すえはるかた)の謀反と敗亡です。

彼は大内家に下克上を起こし、主家を滅ぼして独立します。

この陶氏と同盟を結んだ尼子氏ですが、毛利家が厳島の戦いで陶氏を滅ぼして旧大内領を

吸収することになります。

こうして大内家を吸収した毛利氏と尼子氏の二大勢力の激突になりますが、

晴久は毛利氏の石見銀山城(いわみかなやまじょう)の攻防戦の最中に亡くなってしまいます。

晴久が亡くなると尼子氏の勢力は一気に弱体化することになり、数年後に尼子氏は

月山富田城を毛利家に奪われてしまいます。

こうして精強を誇っていた尼子氏も戦国の海に消えてしまうことになるのです。

 

参考文献 新紀元社 毛利元就 吉田龍司著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  2. 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本…
  3. 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?
  4. おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗…
  5. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  6. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  7. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  8. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指してい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】
  2. 董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの?
  3. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  4. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子たち
  5. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  6. 東方明珠って、何者?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの? 95話:馬超と張飛の一騎打ち 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに? 魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった? あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻

おすすめ記事

  1. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術
  2. とっても皇帝になりたかった袁術
  3. 【呉の猛将・太史慈】相手の隙をついて包囲網を突破:意外と知らない彼の知略エピソード
  4. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR)
  5. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.2
  6. キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機!
  7. 石川克世って、何者?
  8. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP