曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名

この記事の所要時間: 253




尼子晴久 wiki

 

毛利元就(もうりもとなり)は中国地方の覇者としてその名を歴史にとどめることになるのですが、

彼の中国地方攻略戦には幾多の群雄が立ちはだかっております。

今回はその中の一人である出雲の覇者として元就に立ちはだかった尼子晴久(あまこはるひさ)に

付いてご紹介したいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




兄たちが亡くなった事で後継者へ

月 f

 

晴久は初めから尼子氏の当主として君臨する武将ではありませんでした。

彼には二人の兄がおり、長兄は早くに亡くなってしまいます。

また次兄は出雲(いずも)平定戦で討ち死にしてしまった為、

三男である晴久が尼子氏を継ぐことになります。

 

領土を拡大し天下へ狙う

炎 s

 

晴久は尼子氏の当主として君臨すると天下に覇を唱えるべく領土拡張政策を実施。

彼はまず出雲(=現在の島根県東部を指す)の南にある播磨(はりま=兵庫県南西部)へ出陣し、

この地を領有していた赤松家に大勝します。

その後彼は近隣諸国へ積極的に兵を出し、領土を拡大して中国地方最大の勢力へと

膨れ上がっていくのです。




毛利家との戦い

竹 f

 

晴久は上洛して天下に覇を唱える野望を叶えるため、出雲の後方に存在している毛利氏や

大内氏が邪魔になっていきます。

彼はこの二つの群雄を消して上洛してる時に背後から攻撃を受けないようにするため、

まず弱小である安芸(あき=現在の広島県西部)に領土を持つ毛利氏へ攻撃を仕掛けます。

毛利攻撃を行う前に彼は安芸の豪族達へ尼子へ味方に付くべしと調略を施します。

この結果安芸の豪族達は尼子へ味方するものがたくさん出てくることになり、

毛利家に取って危機的状況になります。

こうして準備万端に整った尼子晴久は毛利氏へ攻撃を仕掛けます。

 

大内家の援軍と毛利軍のしぶとさに敗北

劉邦 竹 冠

 

晴久は毛利が篭城している吉田郡山城へ攻撃を仕掛けます。

しかし元就率いる毛利軍の守備は固く、挑発して城から出たところを攻撃しようとしますが、

挑発にも一切応じない状態が続きます。

膠着状態が続いている中、大内軍の援軍が到来。

尼子軍は毛利氏と大内家の挟撃を受けることになり惨敗してしまいます。

そして晴久がせっかく調略して味方につけた安芸の豪族達も

大内家と毛利家によって滅ぼされてしまうのです。

 

毛利・大内連合軍に攻められる

炎 s

 

晴久は出雲の月山富田城(がっさんとだじょう)へ逃げ帰ることに成功しますが、

数ヵ月後に大内・毛利連合軍が月山富田城へ押し寄せてきます。

しかし月山富田城は要害堅固な城でちょっとやそっとの攻撃で陥落することができない

居城です。

大内・毛利連合軍は必死に攻撃を仕掛けますが、月山富田城はビクともしませんでした。

この攻城戦の最中に晴久は連合軍へ味方している豪族達を寝返らせることに成功し、

城から打って出て連合軍へ痛撃を与えることに成功します。

この戦いで大内家の軍勢は壊滅的な損害を受けて周防(すおう=現在の山口県)へ

逃げ帰ることになり、毛利家も当主元就が命からがら逃げ帰る有様でした。

このように毛利・大内・尼子は一進一退を繰り返してくことになります。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

この毛利・大内・尼子の均衡が崩れるのが陶晴賢(すえはるかた)の謀反と敗亡です。

彼は大内家に下克上を起こし、主家を滅ぼして独立します。

この陶氏と同盟を結んだ尼子氏ですが、毛利家が厳島の戦いで陶氏を滅ぼして旧大内領を

吸収することになります。

こうして大内家を吸収した毛利氏と尼子氏の二大勢力の激突になりますが、

晴久は毛利氏の石見銀山城(いわみかなやまじょう)の攻防戦の最中に亡くなってしまいます。

晴久が亡くなると尼子氏の勢力は一気に弱体化することになり、数年後に尼子氏は

月山富田城を毛利家に奪われてしまいます。

こうして精強を誇っていた尼子氏も戦国の海に消えてしまうことになるのです。

 

参考文献 新紀元社 毛利元就 吉田龍司著

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国…
  2. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている…
  3. 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】
  4. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  5. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  6. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…
  7. 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事…
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!?
  2. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?
  3. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  4. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  5. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  6. 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ! 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君? 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい? 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

おすすめ記事

  1. 張悌(ちょうてい)とはどんな人?呉の滅亡に殉じ、壮烈な死を果たす最後の宰相
  2. 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?
  3. 篤姫のお墓がある上野寛永寺ってどんな所?一般の墓と違う?
  4. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  5. 【キングダム552話】「身を切る作戦」ネタバレ&レビュー
  6. 真田丸の関ヶ原の戦いはすぐに終わったが、どうして西軍は負けたの?
  7. 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法
  8. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP