呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

はじめての魏

荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師

荀攸と曹操




郭嘉

 

曹操軍の軍師には袁紹軍との戦いで曹操には十の勝因があり、

袁紹には十の敗因があると説いた郭嘉(かくか)曹操の創業当時から彼を支え、

「王佐の才」と言われる程の才能を持った軍師荀彧など有名な軍師を上げればキリがないほど

曹操軍には智謀の士を多く有しておりました。

 

荀攸

 

そんな中的確な奇策を曹操に献策するも、

記録に残さなかったために知られることがなかったため地味な軍師と思われている人物がおりました。

その名を荀攸(じゅんゆう)と言います。

彼はじみながら色々な献策をして曹操の覇業を助けておりましたが、

どのような人物であったのでしょうか。

地味すぎてあまり有名ではない荀攸を今回はご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




青年の時から優秀な人物であった

21-12_荀況

 

荀攸は幼い頃に父を亡くしていたため、叔父に育てられます。

青年の時から頭脳明晰で、広陵(こうりょう)の太守である祖父の荀曇(じゅんたん)が亡くなった時、

祖父の部下であった人が墓守をしたいとお願いしてきます。

荀攸はこの話を叔父から聞かされると「その人はなんか悪いことをしてきたので、

祖父の墓守をするという名目で逃げようとしているのではありませんか」と叔父に相談。

叔父は荀攸の相談を聞くとすぐにその墓守をしたいとお願いしてきた人物の調査を行います。

この調査の結果、荀攸の相談通りで墓守をしたいと願ってきた男は、

他県で犯罪を起こしていたことが判明します。

叔父はこの荀攸の直感力をほめ、彼に信頼を置くことになります。




何進から招聘をうける

宦官

 

漢王朝末期に発生した黄巾の乱を制圧した頃、宮廷内で外戚と宦官の争いが勃発します。

皇帝の奥さんである何皇后の親族である何進は、以前から宦官が気に食わないと思っており、

いつか宦官を全滅させてやろうと企んでおりました。

彼は宦官を一掃する前に名士として名高い人物である人達を集めて部下に加えます。

この中に荀攸も入っており、彼は何進の招聘を受けて朝廷へ就職することになります。

その後何進は宦官討滅作戦を実行しようか考えていた矢先に、

宦官の暗殺にあって亡くなってしまいます。

 

関連記事:【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?

関連記事:【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの?

 

董卓暗殺を計画するも・・・

荀攸と董卓

 

何進が亡くなった後、漢の朝廷を牛耳ったのは西方の有力者である董卓です。

彼は現在の皇帝が相当のポンコツであることから、

皇帝の弟である劉協(りゅうきょう)を皇帝の位に就け、

元皇帝である劉辯(りゅうべん)を部下に命じて殺害。

また洛陽の富豪から財産を取り上げて自分の物にするなどやりたい放題やっていき、

民衆の恨みを買っていきます。

そんな中荀攸は数人の仲間と共に董卓暗殺を計画。

しかしこの計画は実行直前でバレてしまい、荀攸をはじめとする仲間達は全員捕まってしまいます。

 

関連記事:新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった

関連記事:極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

 

牢屋の中で平然と飯を食って寝る生活を送る豪胆さ

荀攸と牢屋

 

荀攸は董卓暗殺計画が失敗に終わり捕まり、牢屋へブチ込まれることになります。

荀攸と共に捕まった仲間はこのまま殺害されることを恥だと感じて、自殺してしまいます。

しかし荀攸は牢屋で出される食べ物をしっかりと食べて、

夜は平然と寝て尋問を受けた際にもしっかりとした口調で受け答えをしており、

牢屋の番人も大いに驚いておりました。

荀攸は牢屋で過ごすこと数ヶ月、罰せられることもなく牢屋から出されることになります。

彼が時の権力者である董卓の殺害計画を立てていたにも関わらず何も罰せられることなく

牢屋から出ることができたのはなぜなのでしょうか。

それは董卓が彼を罰する前に亡くなってしまったからです。

そのため彼を罰することのできる人間は居なくなったことが理由です。

彼は牢屋から出ると官職を返上して自分の故郷へ帰郷することにします。

 

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

関連記事:これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

 

平和で豊かな地である蜀郡へ行こう

祁山、街亭02

 

荀攸(じゅんゆう)は帰郷した後中原の太守へ任命する話を貰いますが、

動乱の真っ只中の中原では命がいくつあっても足りないと思っているためこの話を断ります。

その後色々と情報を集めてどの場所が中華で安全な場所なのかを検討した結果、

益州が断崖絶壁に囲まれて戦乱から遠く、民衆も戦乱の被害を受けていないことから

土地が豊かであると判断し、彼は蜀郡の太守になりたいと中央へお願いします。

すると朝廷からも「わかった。では蜀郡の太守を命ずる」と彼の願いが聞き届けられます。

こうして彼は赴任地である蜀へ向かおうとしますが、漢中の五斗米道が朝廷に背いていることから、

赴任地へ向かうことができずにとりあえず荊州で益州へ行く方法を探します。

 

荀彧から呼び出しがかかる

荀彧

 

荀攸は荊州で益州へ渡る方法を探しているさなか、はとこである荀彧から手紙が届きます。

その手紙の内容は「公達(こうたつ=荀攸の字)殿お元気でしょうか。

私は今曹操殿に仕えておりますが、彼は素晴らしい才能を持った主人です。

公達殿がまだ仕官先を探しているのであれば一度曹操殿と会ってみてはいかがですか。」と

仕官の誘いの内容でした。

荀攸は優秀な才能を持っている荀彧が曹操をベタ褒めしているのを聞き、

一度会って話くらいはするかと考え、益州行きをやめて曹操の元へ向かうことにします。

 

関連記事:荀彧は曹操の下でどんな仕事をしていたの?尚書令について超分かりやすく解説

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

 

曹操に仕える

曹操

 

荀攸は曹操がいる許(きょ)に到着するとすぐに彼と会見。

曹操は荀攸に軍事・政治を語り彼がどのような能力を持った人物であるのかを観察。

この質問に荀攸はよどみなく自分の考えを述べて曹操を驚嘆させ、

すぐに自分に仕えるようにと説得します。

荀攸も曹操が自分を気に入ってくれてたことに感動し、彼に仕える決意を固めます。

こうして荀攸は曹操に仕えることになります。

 

軍師・荀攸の進言(張繍編)

荀攸と曹操

 

曹操は荀攸を軍師に任命したすぐに張繍(ちょうしゅく)征伐を行うべく出陣。

彼はこの時曹操に対して「張繍がなぜ強いのか。

それは彼と同盟している劉表が力を貸しているからです。

そのためまず劉表と張繍を仲違いさせた後、

張繍を征伐すれば苦もなく勝利することができましょう。」と進言。

しかし曹操はこの進言を取り上げることをしなかった為、戦いは敗北で終わってしまいます。

この時曹操は荀攸に「君の意見を取り上げないばかりに敗北してしまった。

申し訳ない」と頭を下げて謝罪したそうです。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 趙雲 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!…
  2. 曹丕にビビって意見を言えない家臣達 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?
  3. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  4. 合肥の戦いの満寵 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み…
  5. 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍…
  6. 三国志ライター黒田レン 誰が読んでも間違いなく面白い戦国時代小説!夏の読書感想文もこれで…
  7. 黄権 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  8. 嬴政(始皇帝) 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽
  2. 夏侯覇の妻は誰?
  3. 孔明
  4. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  5. 船冒険する諸葛直 船
  6. 袁尚と対立する袁譚
  7. 孔明と劉備、関羽、張飛

おすすめ記事

  1. 鍾毓(しょういく)とはどんな人?風格のある人柄で秀才の誉れ高い魏の臣
  2. 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  3. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について
  4. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る 曹丕
  5. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法 孔明
  6. 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

三國志雑学

  1. 曹操と羊
  2. 羅貫中と関羽
  3. 関羽は神様
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 狗奴国は邪馬台国と対立
  2. 孔明
  3. 降参する姜維
  4. キングダム
  5. 袁術と呂布

おすすめ記事

城 銅雀台 まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ 劉琦はどうして毒殺されなかったのか!?【素朴な三国志疑問】 陸遜 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました 桂小五郎(木戸孝允) 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた はじめての三国志 画像準備中 【よくわかる】SEALDsは後漢時代にも存在した?党錮の禁とSEALDsの共通点 曹操 詩 曹操の詩の世界を体験してみよう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP