キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

この記事の所要時間: 254




おんな城主01 直虎

 

女城主・井伊直虎(いいなおとら)の第二話目も順調にスタートしております。

若き日の直虎=おとわちゃんは今週もハチャメチャな元気ぶりを見せております。

ここでは大河ドラマ・井伊直虎を見ようとしていたけど時間がなくて見逃してしまった人や

飲みに行ってて見れなかった人、

大河ドラマに興味持ち始めたけどなんか見る気がしない人など達を対象にして、

はじめての三国志では日本の戦国時代にも興味を持ってもらいたいと思い、

大河ドラマの見所をギュッとまとめてご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!




見所その1:始まってすぐに訪れるおとわちゃんの危機

スクリーンショット 2017-01-22 11.14.20

 

大河ドラマ始まってから数分で山の中を今川家の武士達に追い回される一人の子供が・・・・。

そして今川家の武士達は子供を捕らえ編笠を取るとなんとおとわちゃんが。

今川家の武士に囚われたおとわちゃんは、

おとわちゃんのパパである井伊直盛(いいなおもり)やおとわちゃんのおじいさんである

井伊直平(いいなおひら)など井伊家の重鎮達が居る前に引きずり出されます。

そしておとわちゃんは今川家から派遣された亀之丞捕縛隊の隊長から、

険しい表情で睨みつけられ「朝早くなぜ山の中にいたのだ」と厳しく質問を受けます。

おとわちゃんは「竜宮小僧(りゅうぐうこぞう=井伊谷に伝わる神様)を探していたのです」と言って、

ヒラリと厳しい口調で質問してきた隊長に反論。

この反論に隊長は言い返すことができずにすごすごとその場をあとにします。

 

スクリーンショット 2017-01-22 11.15.47

 

それにしてもまだ幼いのにものすごい胆力を持っているおとわちゃんですが、

彼女はどうして山の中にいたのでしょうか。

その理由はおとわちゃんが囮になり、亀之丞が脱出させる時間を稼ぐためです。

おとわちゃんは亀之丞の笛を届けるために山の中に入ります。

彼女いわく亀之丞に会えるかはイチかバチかだったそうですが、亀之丞と会うことができました。

そこで色々な話をした後、今川からの追っての目を亀之丞に向けさせないため、

亀之丞の服を着たおとわちゃんが囮になったというわけです。

許嫁の約束をした健気な少女の奮闘ぶりに目頭が熱くなること必須です。




見所その2:鶴丸がおとわちゃんと・・・・

 

井伊家では亀之丞の父親である井伊直満(いいなおみつ)の葬儀が行われておりました。

そんな中、鶴丸の父である小野和泉守(おのいずみのかみ)がやってきます。

彼は今川義元からの書状を井伊家の当主である井伊直盛達が居る前で読み上げます。

今川義元いわく「井伊家の長女であるおとわちゃんと小野和泉守の嫡男である鶴丸を

夫婦とするように」と言ってきます。

え!!おとわちゃんと鶴丸が夫婦になっちゃうの??

そんな取り決めが行われていることを知らずにおとわちゃんは母から箱を渡されます。

おとわちゃんは箱の中身を開けると鼓(つづみ)が入っておりました。

この鼓は駿河(するが)へ行った直満が夫になる亀之丞が笛を吹くなら、

奥さんとなるおとわちゃんには鼓を奏でて欲しいとの願いがこもっておりました。

果たして亀之丞の笛とおとわちゃんの鼓は一体となって音を奏でることができるのでしょうか。

 

見所その3:思い悩んだ末に・・・・

 

鶴丸は父・小野和泉守からおとわちゃんの旦那になりなさいと言われます。

すると鶴丸は思いもよらぬ行動に出ます。

鶴丸は父に対して「私はおとわ様と夫婦になることはできません。」ときっぱりと断ります。

友達思いの良い奴で、私もこんな友達を持ってみたいものです。

話が脱線してしまいました・・・・。元に戻します

その後彼は竜宮小僧がいたとされる井戸でばったりおとわちゃんと鉢合わせてしまいます。

おとわちゃんと会うのが気まずい鶴丸はその場を離れようとしますが、

おとわちゃんに止められてしまいます。

鶴丸はおとわちゃんに「俺と会うのは嫌なんだろう。」と言いますが、

おとわちゃんは無邪気に「なんで??」と聞き返します。

すると鶴丸の口から思いもよらない言葉を聞くことになります。

それは「俺の父が亀之丞の父上の謀反を密告したから」と俯きながら伝えます。

おとわちゃんは鶴丸から衝撃の事実を聞くと言葉を失ってしまいます。

そして去ろうとする鶴丸を押しとどめ「鶴がやったことではないでしょう。

鶴の父を恨むことはあっても鶴を恨むことはない」と励ましの言葉をかけます。

幼い少女がこんなしっかりとした分別を持っていることに驚きを感じるとともに、

感極まるポイントなのでぜひ抑えてください

 

大河ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

大河ドラマ「女城主・井伊直虎」第二話目の見所をご紹介しました。

上記で紹介した見所以外にもまだまだ見所満載ですので、ぜひ見つけてみてください。

さて第三話はどのような展開が待ち受けているのか。

元気いっぱいのおとわちゃんの前にどのような波乱が待ち受けているのか。

そして鶴丸はどうなるのか。

ぜひ気になる方はリアルタイムで三話を見てみてください

(写真引用元:大河ドラマ おんな城主 直虎

 

次回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  2. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  3. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも…
  4. 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行…
  5. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  6. 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がな…
  7. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  8. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  2. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  3. 本寿院とはどんな人?実は篤姫と家定の最大の理解者!
  4. 77話:老将黄蓋、身体を痛めつけて曹操を欺く
  5. あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?
  6. 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、性格に難あり 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの? 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第2回 三国志マニアも喜ぶ豊富なキャラ! 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった

おすすめ記事

  1. 馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将
  2. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  3. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は戦い続けられた
  4. 全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!
  5. 三国志の時代の情報伝達はどうなっていたの?最小情報伝達所烽侯を解説
  6. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった斉のナルシスト宰相
  7. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック!
  8. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP